APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ウクレレキット製作中 -13 "完成”

8月も終わりで、暦の上では夏から秋に移っているらしい。
長かったウクレレ製作記事も、この辺りで纏めとするのだ。

前回、塗装も終えたので作業としてはペグを取り付けて弦を張るだけ。
キットの付属のペグは、はっきり言ってチューニングの安定度や精度は心許ない感じ。
所謂摩擦を使ってチューニング位置を固定するタイプなんで、
本当に楽器として使うつもりなら、Gotohとかのちゃんとしたペグにした方が良い。
ま、私は作るのが目的みたいなもんなんで、キットのペグをそのまま使います。

ukulele6-1.jpg

これで弦を張れば完成なんだけど、忘れちゃいけないのがサウンドーホール内のラベル。
紙に"Bakarasche"のロゴとシリアルに製作年月日を書いて貼付けておきます。
ukulele6-2.jpg
一応ね、シリアルは0001ですよ。0002があるのか問いつめられても答えようがないけど。
日付をみれば分かる様に、実際には2010の正月休みに完成していたんだよね。
記事を書くタイミングを逃してしまって今日まで延びてしまいました。

それじゃ、ギャラリー的に写真を載せます。
ukulele6-4.jpg
ukulele6-3.jpg
ukulele6-5.jpg

当然、音はどうなんだという話になるんだけど、
正直よくわかりません。だってまともなウクレレ弾いたことないし。
音痴ではないんだけど、弦が延びるんで、ピッチがなかなか安定しないんだよ。

結局作ってからたまにポロポロ弾くくらいで、あまり弾いていない。
というか、同居人が隙あらば台所の奥に仕舞い込んじゃうんだよね。
どうもね、なんというか素人の手作り感が気に入らないようです。
初めてにしちゃ結構いけてると思うんだけどなぁ。

でもウクレレを作ったおかげで、ギターの構造というか原理というか、
実感としてわかるような気分になった。

これでウクレレの記事も終わりです。
なんというか奨学金を完納した気分です。
この後は、フルスケールのアコギでもつくろうかな。
(そんなことを考えたこともありました、、、)


関連記事

夏休みの工作 スピーカとACケーブルとNutube

毎日リオ五輪のメダルラッシュに興奮ですが、皆様如何がお過ごしでしょうか。
お盆休みが取れて嬉しいのですが、エアコンが壊れたので暑いです。
さて、まとまった休みが取れると、何か作りたくなるのですが、
今回は色々貯まっていたネタがあるんで、日替わりで製作三昧でした。

まずは毎年恒例のスピーカ付録付きのStereo誌8月号です。
もうスピーカは要らないと思っていたのですが、メタルコーンが聴いてみたくて購入です。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

stereo (ステレオ) 2016年 08月号 [雑誌]
価格:3899円(税込、送料無料) (2016/8/20時点)



Fostexのお手軽エンクロージャP800-Eに搭載してみました。
FOSTEX/フォステクス P800-E スピーカーボックス 【1台】

P800-Eの口径は73φなので、付録スピーカ向けに79φまで広げます。
ご参考はこちら。付録で作るスピーカーなのだ。その2( Scanspeak 10cmフルレンジ )
M800-1.jpgM800-2.jpg
今回は接続の手間を考えて、バナナプラグ対応のターミナル(コイズミ無線TS-177)に変更。
早速試聴です。ふむふむ、、

思った以上にバスレフの効果が出ていて、低域は良く鳴ります。
高域もよく出ているのですが、なぜか印象は中域に寄った特性に聞こえるのが不思議。
所謂メタルっぽい中域のピークが少し目立つせいでしょうか?
ただ、耳の位置にあわせて配置してニアフィールドで聴くと悪くありません。
暫く鳴らし込んでみましょう。

次はギターアンプ用のACケーブルを作ってみました。
手持ちには1.5mくらいの短いケーブルしかなかったので、3m位のケーブルが欲しかったのです。
オヤイデのTwitterで、非常に柔らかいACケーブル(SHIODA PC-23)があることを知り、
インレット(SCHURTERの4781)と、プラグ(Panasonic WF5018)込みで3m切り売りで購入。
PC-23は2SQの3芯構造で、4781で3芯ケーブル配線するならこれが限界。
ただ、コネクタブーツは少し切らないとケーブルが通らない。
ACCable1.jpgACCable2.jpg
実のところ、電源ケーブルの音質を云々するほどの拘りは無く、
きちんとアースが取れていて、取り回しが楽ならそれでOK。
そういう意味では柔らかいし、この手のケーブルにしては作業性も高いので自作にはおススメです。
(因に、1.5mで良いならお得な自作キットがオヤイデで売っています。)
ACCable3.jpg
これで、ライブのとき(って、いつだ?)のギターアンプ持ち込みも安心です。

で、最後は先日行われたアマチュアクラフトの祭典"Maker Faire"で入手したNutubeです。
一部で注目されている、ノリタケ伊勢電子とKORGの共同開発した蛍光管応用の新世代真空管です。
Maker Faireでは、Nutube単体と、評価基板扱いのヘッドフォンアンプキットを販売してました。
標準回路が知りたかったのもあって、アンプキットを購入しました。
Nutube2.jpgNutube3.jpg
所謂双3極管構造そのもので、低電圧、低消費電力(006PでもOK)で動作可能です。
電圧をかけるとフィラメントが発光してますね。
(これ別にギミックで発光しているのではありません。)
どうしても歪みやすいんですが、それが味になるという真空管と同じ印象です。
当然ですがマイクロフォニックノイズも結構あります。
Nutube1.jpg
takachiのケースに格納してみました。
Nutubeに関しては、バイアス電圧が正だったり色々面白いんで、
回路含めて改めて記事にしてみます。

さて、今日で夏休みも終わりです。
同じモノ作りでも仕事に戻りましょう。それも楽しいんですけどね。
関連記事

Spider Valveのメンテ Line6はvintegeにならない

今所有しているアンプは、Line6のSpider Valveと、ZT ampのClub。
物欲は止まらじ Spider Valve
物欲は止まらじ 小型ギターアンプ "The Club購入"
SpiderValve1.jpg Club1.jpg

Spider Valveは、メインアンプがBogner設計の真空管アンプで、
惚れ込んだ末に、それまで持っていたアンプを全部売っぱらって購入した。
ただ、小さい店のライブだとちょっと持ち運びが大変なんで、
Clubを購入した。(いや、たまたまライブが続いた時期があったんだよね、、)

どちらも凄く気に入っていたんだけど、Spider Valveはマスターボリュームのガリが酷くなって
正直、もうお蔵入りの状態だった。
勿論、代理店になったヤマハに修理をお願いしようと思ったんだけど、
Line6 Japanにはあっさり修理不可の記載。

まぁ、モデリング系はLSIやDSPがディスコンになったら修理できないんで
修理対応期間が短いのは判るんだけどね。
ただ、製品としては何十年も前のアンプを再現したvintage指向なのに、
自分たちのアンプはvintageにはしないで、サッサと破棄しろ、買換えろですか。

それなら自分で交換しましょう。
ということで、アンプ部を取り外して中を探ってみました。
(結構大変だったんで、写真を撮り忘れちゃった。スマン)

マスターボリューム自体はちょっとシャフトが長い特殊な物で、
一般的なボリュームに交換はちょっと無理っぽい。
しようがないんで、アルコールを流し込んで洗浄した後、
接点復活材を少量投入。
組み上げてチェックすると、あっさりとガリは消失。
これで暫くは持つでしょう。

実は、米国のLine6だとこの手の補修パーツをウェブストアで販売している。
(このPotは品切れなんだけど。)

どうして日本は修理して使うと言う文化が無いんですかね。
まぁ、ヤマハだしなぁ。
以前の代理店のTEACだったら、もしかしたら期待できたかもしれないけど、、

因に、愛用の接点復活材はElectrolubeだったんだけど、
こちらもディスコンらしい。
数年前にイケベ楽器に奇蹟の再入荷があって、数本確保したんだけど、
もう入手は無理そうだなぁ。

楽器って、電気製品みたいに買換えればそれで良いってもんでも無いはず。
道具の意味を考えて欲しいと思った夏の3連休でした。

関連記事

地球に落ちてきた男 Kurt Rosenwinkel Trio At Cotton Club

木星人シリーズから、久し振りのスタンダード回帰となった今回のライブでした。
Kurt2016_1.jpg

個人的には、オリジナルを演ってくれる方が嬉しいのですが、
たまには地球人の生活に戻りたいのでしょう。
ただ、観客数はこれまでで最大かもしれません。
皆はスタンダード演るのを待ってたんですかね。
もしかしたら、Eric Revisから急遽変更されたDario Deidda目当てのファンも多かったのかな。
私は良く知らないのですが、エレベでのジャズベース界の第一人者らしいです。

受付を済ませると、ロビーにはWalkin'のシグネチャーモデルが鎮座しておりました。
Tour記念のピックも配布されて、Walkin'やる気満々です。
Kurt2016_2.jpgKurt2016_5.jpg


Kurt Rosenwinkel Trio Japan Tour 2016
Jly. 2nd 2nd set at Cotton Club

MEMBER
Kurt Rosenwinkel (g), Dario Deidda (b), Joost Patocka (ds)

1. Celia
2. Soul Eyes
3. Self Portrait In Three Colors
4. Milestones
5. Tokyo Sound (by Dario Deidda)
6. Punjab
7. Deep Song
Encore: Sandu
 *不明曲の情報お待ちしてます。
--> 2016.8/6 takumi38さんから3曲目の情報を頂きました。有り難うございます。

Bud PowellのCeliaからスタート。
スライドをうまく使ったテーマから、ソロに入る。
うーん、、なんか調子悪そうです。右手と左手のシンクロがうまく行かない感じ。
長尺のソロが、ミスで途切れ途切れになってしまう。
勿論上手いんだけど、前回の演奏が神ががっていた分、ミスが目立つ。

木星人の凱旋 Kurt Rosenwinkel Quartet at Cotton Club

シングルノートのソロより、全体的にコードソロが多用されていて、
こちらは圧巻。

ソロの出来だけなら、Dario Deiddaが凄かった。
不思議な形のホローボディのエレベから出てくる音は、アコベそっくり。
この人ちょっと追いかけてみようと思いました。
これが初演となるDarioのオリジナルが良かったです。
マイナーのアルペジオを主軸にして、Kurtの曲には無いニュアンスです。
Kurtからタイトルを訊かれて、”...Tokyo Sound"と日和見なご返事が可愛いです。

機材は、Walkin'のダブルカッタウエイモデルと、Line6のHelixを中心に割とシンプル。
前回は、アンプレスでしたが、今回はFender Twinのステレオ出力です。
柔らかい音は変わらずですが、ノるとエレハモのHogのシンセぽいトーンを多用してます。

Kurt2016_3.jpgKurt2016_4.jpg

スタンダードも良いのですが、そろそろオリジナルの新譜も聴きたくなりました。
そういえば、セミナーがあったらしいのですが、こちらはどんな内容だったのでしょう。
ジャズライフ待ちか?

関連記事

ウクレレキット製作中 -12 "木工仕上げ”編

自宅外装の改装中です。
これがまた大変で、毎日職人さんが来るんで落ち着かない。
図らずも、人前でギターの練習をやることなる。
基礎練習で支えるのも恥ずかしいんだよね。

そういえば、昔部活の合宿の朝、チューバの音階練習で目を覚ましたことがある。
キツい。ドレミファ、、ソ、ソ、ファ、ソ、ソ、ソ、、
”ラ、行けよ!"である。

そういう訳で、職人さんにご迷惑をお掛けしないように、基礎練習は止めて
ブログの更新をするのだ。私もウクレレ職人だし。

前回はネックとボディの接着まできました。
後は、指板とブリッジ、ナットを接着すればOKです。
ukulele5_1.jpgukulele5_2.jpg
ブリッジはキットの位置決め図に合わせてマスキングテープで印付けてから、
タイトボンド+ネジ止め。ウクレレのようにスケールが短い楽器は、
ちょっとした位置ズレが、音痴楽器になるんでここは慎重に行くのだ。
キットのナットとブリッジサドルは整形済みなんで、これで木工は終了です。

普通はこの後、塗装という一大行程が待っているんだけど
ちょっと疲れた私は今回は、蜜蝋入りワックスを塗りこんだ疑似オイルフィニッシュで行く。
ukulele5_5.jpg


使ったのはHowardのFeed-N-Waxという、オレンジオイルに蜜蝋が解けているタイプ。
これは、楽器の指板なんかにも使えるし、オイルフィニッシュのメンテにも使えるんでお勧めです。
ウチは、木工家具の防水もこれでやっています。
数回に分けて、塗って完成したのがこちらです。
ukulele5_4.jpgukulele5_3.jpg

後は、ペグを取付けて弦を張るだけ。
良くここまで来たものです。褒めて下さい。

長かった製作記事も後少し。お付き合い下さいね。
関連記事

 | HOME |  »