APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

役に立った教則本

ジャズをやってみようと思ったとき、所謂ジャズギター教則本を買ってみた。
書いてあることを練習したり、フレーズを覚えたりしたんだけど、
なんというか、ジャズが弾けるようにはならなかった。

覚えたフレーズ、ソロが頭から弾けるだけ。
例えば、マイナスワン上でアドリブはとれない。ましてやセッションなんか絶対無理。

結局、ロックギターを始めたときと同じことをするのが一番効果的だった。

良いなぁと思ったソロを片っ端からコピーする。それだけ。
ただ、ニュアンスも含めて出来る限り完全にコピーする。
ジャズの節回しが体に無いから、一日1小節くらいしか音が取れない。
毎日毎日ウォークマンが壊れる位、カセットテープの巻き戻しと再生を繰り返しているうちに
少しずつアドリブらしきものが取れるようになっていった。

正直、教則本が役に立つようになったのは、その後だった。
判れば判る。判んない頃は判らない。
教則本なんかそんなもんでした。

その中で、唯一役に立ったのが、ジャズライフが出した別冊で、
当時の”月刊スタンダード”という記事の執筆陣による、各楽器向けスタンダード攻略本。


ベースの納浩一さんの記事が面白くて、
All The Things you areの色んな人のベースラインが載っていた。
メトロノームをシンバルレガート”チンチキ”の"キ”(二拍目の裏)に鳴らしながら
この譜例を延々弾いた。

このベースラインの練習で4ビートの感覚を覚えたような気がする。
あと、導音と経過音、テンションリゾルブの雰囲気とか。

この他、佐藤達也さんのコルトレーンチェンジの話や、
大坂さんのスイングの話なんかも面白い。

中古市場で、少しプレミア化しているみたいですが、
もし安い値段で見つけたら、おススメですので是非。

関連記事

acoustic science 楽器フェアの戦利品を試す

今月の頭にあった楽器フェア。今年も行ってきました。
まぁ面白かったんですが、なんか目玉っぽいモノがなくて、
所謂アウトレットもちょっと期待はずれでした。

個人的には一番興味があったのは、Positive Gridのモデリングアンプ Bias Head。
楽器フェア2016_1
真空管アンプを自分で設計する感覚で面白いんだけど、目新しさはないかなぁ。
それだったら、MarshallのAstoriaシリーズのほうが、やっぱり王道的ないい音でした。
(クリーントーンはジャズでもイケマす。というか欲しいです。)
楽器フェア2016_4

そんな中でYamahaのブースで初めて見る弦が展示されてました。
楽器フェア2016_2
acoustic scienceというブランドで、所謂コーティング弦です。
サンプルを配っていたので、010のエレクトリックギター弦を貰ってきました。
acousticScience_1.jpgacousticScience_2.jpg

コーティング弦と言えば、Elixir一択という中で、
よりナチュラルな弾き心地をアピールしているようで、強度の錆び手としては興味津々です。
確かにElixirは独特のヌメッとした手触りがあって、違和感を感じるいとも多いようです。
そのせいなのか、他社のコーティング弦は手触りの違和感を払拭した点をアピールする。

実はこれまでも色んなコーティング弦を試したんですよね。
でも、はっきり言って、耐久性という点ではElixirの圧勝。もうぶっちぎりの優勝です。
このAcoustic Scienceはどうかなぁと、半信半疑で使ってみました。

010なんでギターはソリッドが良いだろうということで、
ちょうど弦が切れたスタインバーガーに張ってみました。
acousticScience_3.jpg

手触りはElixirに似て若干ヌメッとしてますが、
弦の鳴りはその名の通りアコースティック感が有って悪くないです。
後は耐久性ですが、錆び手の私がグリスを繰り返しても大丈夫な感じです。

まだ販売は開始していないようですが、セットで1400円程度と、
真っ向からElixirにぶつける戦略のようです。
ゲージが限られているので、まだElixirからの乗換は出来ませんが、
今後の展開に期待しちゃいますね。

因に、今回の楽器フェアで一番感動したのは、隣のヘッドフォンフェアで聴いた
shureの世界初コンデンサタイプのイヤフォンです。
楽器フェア2016_3

いやぁ、これは凄い。


値段もね。
関連記事

クロスオーバー・ギタリスト裏列伝

お目当てのFurther Notice@Buzzy Feitonは、Full MoonのLive盤バージョンだった。
ま、オリジナルバージョンはコピー済みだから良いんだけど、Live盤音悪いんだよね。



収録ギタリストは以下の通り。
 ◎パット・メセニー
 ◎リー・リトナー
 ◎ラリー・カールトン
 ◎アル・ディ・メオラ
 ◎マイク・スターン
 ◎ジョン・スコフィールド
 ◎ロベン・フォード
 ◎マイケル・ランドウ
 ◎バジー・フェイトン
 ◎ハイラム・ブロック
 ◎スコット・ヘンダーソン
まぁ、なんというか、リットーらしい定番ギタリスト選択ですなぁ。
なんか物足りんなぁという気もする。
ということで、勝手に裏列伝選定してみる。

David Spinozza, Jeff Mironov, John Tropea
個人的には、あのクロスオーバーブームのときに脚光を浴びたのが
この辺りのスタジオ系ギタリストっていうイメージが有るんだよね。
この3人はぜひ入れておきたい。

Barry Finnerty
Crusadersで、Larry Carltonの後釜ということで今一知名度はないんだけど、
大学のとき良くコピーした。意外にアカデミックだったりする。
CrusadersのRodeo Driveとか良いソロだと思うんだけどなぁ。

Carlos Rios, Mike Miller
Gino Vannelli御用達で、Chick Corea E. Band繋がり。
どちらも、とんでもなく巧い。Mike MillerとかL.Aの裏番ぽいよね。
(元巨人のクロマティバンドで来日する辺りも、生粋の仕事人って感じ)

Daryl Stuermer
Genesis御用達なんだけど、実はJean-Luc Pontyの名盤Enigmatic Oceanで
Holdsworthとバトル。アメリカ人なのになぜかプログレの匂いがする。
実は、GRPレーベルからソロアルバムを出したりしてる。

Bill Conners
Return to Forever出身で、一時期Allan Holdsworth化してた頃の演奏はすごくカッコいい。
この頃はフルアコ弾いてるけど、やっぱりソリッド弾いてほしいなぁ。

Jay Graydonや、Chuck Loebは、裏というより表だしなぁ。
後は、Stuff系を入れるか、ダニークーチマーとか、エディマルチネスとかか?

とにかく、こっちの裏版のほうが欲しいぞ。
絶対売れないと思うけど。



最後に、裏中の裏、Jamie Glaser様のキャリアハイライト、Chick Corea E. Bandの演奏を貼ってみる。
もう一つのキャリアハイライトである、松本伊代バックバンドは見つからなかった。


関連記事

秋のライブ 横浜ジャズプロムナード

毎年秋のライブイベントである横浜ジャズプロムナード
主催側とお店の関係とか、実際のジャズファン拡大の効果とか、
まぁ、色々有りそうなんですが、今年も観に行きました。

やっぱりギターを中心に観るので、今回の目的は井上陽介Quartetの荻原亮さんです。
ヨコハマNEWSハーバー 10/8
井上陽介 b, 堀秀彰 pf, 江藤良人 dr, 荻原亮 g

1. Good Time
2. Feel Like Making Love
3. Black Orpheus
4. Here, There And Everywhere
5. Tell Me A Bedtime Story

井上陽介さんのCD Good Timeのメンバーで、曲もCDからの演奏でした。
秋田慎治さんは、”もっと条件の良い仕事に行った”(井上さんのMC)ので
堀秀彰さんに変わっていました。
コミカルなMCを挟んで、スタンダードを中心の演奏ですが、
ちょっと捻ったアレンジになっていて面白かったです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GOOD TIME [ 井上陽介 ]
価格:2549円(税込、送料無料) (2016/10/23時点)



この後CDも聴いてみましたが、ちょっとおとなしい感じで
Liveのほうが断然良かった。
最後に演奏したTell Me A Bedtime Storyでの荻原さんは、もう弾きまくりで圧巻でした。
こういう熱気みたいなものがCDでも再現できると良いのですが、
まぁ、これがライブの醍醐味なんでしょうけど。

この後、井上智さんがゲスト参加した道下和彦Quartetを観たんですが、
こっちはあまり楽しめなかった。
フュージョンぽい完全に出来上がった道下さんの曲に、井上さんの場所がない感じで、
正直、ゲストとして呼ぶ意味が有ったんだろうかと思ってしまう。

ゲストで入るって難しいよなぁ。

関連記事

プログレギターの魔術師

高橋さんのジャズギター関連長期連載が終了してから、Guitar Magazineの購入を止めてしまった。
1980年の12月創刊号から、2016年1月号まで多分全号購入したと思う。

まぁ、後半は惰性というか、それこそ奨学金返却的な購入動機だったような気もするが、
それでも、たまに面白い連載記事があったんだよね。
今回、楽しみしていた連載記事を纏めて単行本化したものが出る。



プログレの一癖どころか癖だらけのギタリストの奏法解説と、参加音源紹介からなる記事で、
紹介ギタリストは、連載時と同じメンバー。
◎デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)
◎ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)
◎スティーヴ・ハウ(イエス、エイジア)
◎スティーヴ・ハケット(ジェネシス、他)
◎エイドリアン・ブリュー(キング・クリムゾン、他)
◎アンドリュー・ラティマー(キャメル)
◎アラン・ホールズワース
◎アレックス・ライフソン(ラッシュ)
◎ジョン・ペトルーシ(ドリーム・シアター)

まぁ、正直、ジョンペトルーシは要らんだろ、
だったら、フィルミラーとか、ジョングッドサルとかさぁ、
いや、コラードラステッシ先生を何故入れんとかある訳だが、
もう、アンドリュー・ラティマーを入れただけで許す。

実はさらに昔の1987年のGMで、"WANTED"というマイナーギタリスト紹介連載が有ったんだ。
初回のギタリストがJan Akkermanという辺りで想像つくと思うんだけど、
各ギタリストで紹介する音源は、ほとんどが廃盤という最高の連載でした。

今だとCDというかネットの音源も有るから、
この手のマイナーギタリストの紹介記事って面白いと思うんだけどね。
WANTEDの単行本化してくれなかなぁ。
そのときは、小川銀次さんに大幅加筆をお願いします。

これも出るそうです。(えーと、多分こっちのほうが売れると思うんだけど)



バジーフェイトンの(Father)Further Noticeが載ってるから多分買う。

オッサンホイホイだよなぁ。
関連記事

 | HOME |  »