APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Hristo Vitchev Master Class その2

Hristo Vitchevセミナーの2回目(@American Guitar Academy)は、
Blue In Greenのソロギターから開始。

今回は、ペンタトニックスケールの使い方に集中した内容とのこと。
先ずKey=CにおけるIIm7としてのDm7を例にしてみる。
Dm7に使えるペンタトニックスケールを、Cメジャースケールから抽出すると、
Dマイナーペンタ(D,F,G,A,C = 1,b3,11,5,7)
Aマイナーペンタ(A,C,D,E,G = 5,7,1,9,11)
Eマイナーペンタ(E,G,A,B,D = 9,11,5,13,1)
以上の3つとなり、それぞれDm7のテンションの含有が違う。
Dマイナーペンタは最もインサイドな響きだし、
9,11,13のテンションが含まれるEマイナーペンタは、浮遊感のあるサウンドになる。

ここでも、ペンタトニックスケールをポジション移動無しで弾けることが重要で、
それにより、3音、4音毎といった細かい単位で、3つのペンタを混ぜることができる。
元々、半音のインターバルが無いペンタトニックスケールに対し、
複数のペンタを細かく混ぜることで、半音の動きが出てくるのがポイントらしい。

ここで"Cメジャースケール以外、例えば、Cメロディックマイナーに対しての
ペンタトニックスケールはどうなるの?”という質問が有った。

Hristo曰く、基本スケールから5音を抽出すれば良くて、色んなのがあるよと。
Cメロディックマイナーに対して紹介したのは、以下の2つ。
Dマイナーペンタ(D,F,G,A,C)
A Half Diminishペンタ(A,C,D,Eb,G)
A Half Diminishペンタは、マイナーペンタの5度を半音下げたもので、
CmM7コード上でデモ演奏してましたが、えらくかっこ良かったです。

で、この後、G7,CM7で使えるペンタを挙げてくれました。
G7
Dマイナーペンタ 最もインサイド
Aマイナーペンタ ”スティーヴヴァイっぽよね。”
Eマイナーペンタ ”ジョンスコがやるカントリーっぽいやつ”
オルタード系だと、Abメロディックマイナーから抽出する。
Bbマイナーペンタ
Abマイナーペンタ (Gbはスケール外なんで、所謂ビバップスケールのGb-G-A的に処理する)
ブルーススケールから抽出した、
Gマイナーペンタ

CM7(Fの代わりにF#を使いたいので、Cリディアンから抽出する)
Aマイナーペンタ
Bマイナーペンタ
Eマイナーペンタ

参加者から、”結局何でも使って良いって結論になるんじゃないの?”という質問があって、
それに対してPat Methenyの発言を引用して、”12個の半音が有るだけだ”と言った後、
ただ、12音の全てが同等ではなく、コードトーンとそれ以外という認識が必要だよと。

テンション->コードトーンのテンションリリースが大事だそうです。

------

まぁスケールからのペンタトニック抽出って、良く有る考え方だと思う。
セミナーの内容は、この本に凄く近い。



ただ、ものすごく細かい単位でペンタを使い分けができると、
別の世界になるんだということを目の前で実演してくれたんだよね。

最後はまた、How Insensitiveで終了。
プレーは凄いけど、とても人懐っこい人でした。



Hristo Vitchev Master Class その1

今年の4月にMotion Blue Yokohamaでブルガリア出身のギタリストである、
Hristo VitchevのPiano(Weber lago)Duoライブを観た。

Hristo Vitchev & Weber lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017

これがとても良くて、彼のレッスン動画の内容を自分の練習に取り入れたりしている。
彼が再来日して、全国でセミナーやプライベートレッスンをやるということで、
都内でやった2回のセミナーに参加したんで、備忘録も兼ねて纏めてみる。

8/1のセミナー(@ミューズ音楽院)は、How Insensitiveのソロギターから開始。
ピアノ的に捉えたギターの運指、ポジショニングをテーマにするとのこと。
ピアノの場合、音程と鍵盤が1対1で対応しているが、
ギターは一つの音程を複数のポジションで弾くことが出来る。
これが運指を複雑にしてしまっているので、ある一つのポジションに限定して運指を考えてみる。

指が4本なので、1ポジションは4フレットの範囲を基本とする。
例えば、2フレットから5フレットまでの4フレットx6弦=24音が1ポジション。
一つのポジションから左右に移動すること無く、全てのスケール、コードアルペジオを
弾けるようにしようというのがHristo流運指の考え方。

2f-5fポジションで、Cmaj7アルペジオを弾く場合、
6弦3フレットGの中指を開始点として、多分こんな運指かな。
3f/6 - 2f/5 - 3f/5 - 2f/4 -5f/4 - 4f/3 - 5f/3 - 5f/2 - 3f/1 (フレット/弦)

じゃあDmaj7アルペジオを弾くならどうするか。
ギター的にはそのまま2フレット高くずらせば、同じ運指で弾けちゃうんだけど、
それだと、弾きたいコードアルペジオ単位で、ポジション移動になってしまう。

なので、ポジションを固定し、
6弦2フレットF#を人差指で押さえる運指で弾く。
2f/6 - 5f/6 - 4f/5 - 5f/5 - 4f/4 - 2f/3 - 2f/2 - 3f/2 -2f/1 - 5f/1

この運指が頭、指に入っていれば、ポジション移動無しで弾けるから、
速いテンポのコードチェンジにも対応できる。

今、当たり前と思ったよね、
そう、当たり前なんだけど、これが出来るということは、
全てのスケール、アルペジオが任意のポジションで弾けるということだ。

例えばCmaj7のアルペジオなら、6弦上に
3f -G 7f-B 8f-C 12f-Eの4音が有るんだけど、
それぞれを、人差し指で押さえる、中指(or薬指)で押さえる、小指で押さえるという
運指があるので、4音x3開始指の12パターンの運指が存在するのだよ。

Cmajスケールなら、6弦上に7音有る訳で、
それぞれを3開始指とする運指を考えると、7x3=21パターンの運指だよ。

Hristo Vitchevさんは、この運指の可能性を全てやれと言ってる訳で、、
(全スケール、全コードで、、 まぁ、かなりダブる運指になるんだけど。)

因に彼は、セミナー中に、参加者から任意のルートを3、4個選んでもらって、
その場で1ポジションであっさりと弾き切っておりました。



このレッスン動画の2:20位から、key=Fのダイアトニックコードアルペジオを、
1ポジションで弾く例があるんで参考にどうぞ。

勿論、コレが出来るということが最終目的ではない。
あるポジションで演奏してたときに、任意のスケール、コードをインポーズできる訳で、
セミナー後半では、例えば、G7を弾いていたときに、裏のDbをぶっ込む、
オルタードとしてBbアルペジオと交互にインポーズするとか、どんどん恐ろしいことになっていくのでした。

続きたい。

東京ハンドクラフトギターフェス2017

先週になってしまいましたが、今年も東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
相変わらずの盛況でしたが、ブースに依って混み具合が結構違うような印象です。
なんというか、見て欲しい意識を全く感じないブースというか、エリアが有るんですよ。
色々、大人の事情で参加せざるを得なかったのかもしれませんが、、

前回くらいから、ウクレレ関連が少し縮小して、その分ソリッド系が増えたかな。
ただ所謂ジャズ系のアーチトップはほとんど有りません。
そんな中で、今回は辻四郎ギター工房が初出展していました。

THGF2017_1.jpg THGF2017_2.jpg
左のD’Angelicoは、あのツムラコレクションのギターです。
D’Angelicoと辻さんの関係は私はよく判らないのですが、辻さんの作品だそうです。
弾いてみましたが、ある種ピックギターのようなアコースティックな印象でした。
まぁ、アンプが無いんで実際のところは判りませんが。

フラットトップのアコーステックギターで良かったのは、NISHIHARA GUITARSです。
THGF2017_3.jpg
2013年に初出展したときのギターの印象も良かったのですが、
よりセットアップが熟れた感じで、とても弾きやすく素直なギターでした。

最後に個人的なベストはOGINO GUITARSです。
3本のギターを展示していましたが、とても人気のあるブースで、
皆ひっきりなしに試奏しているんで一本だけ試奏しました。
THGF2017_4.jpg
とにかく低音弦の鳴り方が独特で、まるでバリトンギターのような広がりのある音場です。
たしか2015年が初出展だったと思いますが、今や大人気の製作者ですね。
どれも同じような鳴り方のギターの中で、際立つ個性を持った魅力的なギターでした。
初出展のときに、アーチトップも好きなんだと言っていたので、
今度はジャズ向きのフルアコを作ってくれないかぁ。楽しみにしています。

ま、買えないんですけどね。

acoustic science 楽器フェアの戦利品を試す

今月の頭にあった楽器フェア。今年も行ってきました。
まぁ面白かったんですが、なんか目玉っぽいモノがなくて、
所謂アウトレットもちょっと期待はずれでした。

個人的には一番興味があったのは、Positive Gridのモデリングアンプ Bias Head。
楽器フェア2016_1
真空管アンプを自分で設計する感覚で面白いんだけど、目新しさはないかなぁ。
それだったら、MarshallのAstoriaシリーズのほうが、やっぱり王道的ないい音でした。
(クリーントーンはジャズでもイケマす。というか欲しいです。)
楽器フェア2016_4

そんな中でYamahaのブースで初めて見る弦が展示されてました。
楽器フェア2016_2
acoustic scienceというブランドで、所謂コーティング弦です。
サンプルを配っていたので、010のエレクトリックギター弦を貰ってきました。
acousticScience_1.jpgacousticScience_2.jpg

コーティング弦と言えば、Elixir一択という中で、
よりナチュラルな弾き心地をアピールしているようで、強度の錆び手としては興味津々です。
確かにElixirは独特のヌメッとした手触りがあって、違和感を感じるいとも多いようです。
そのせいなのか、他社のコーティング弦は手触りの違和感を払拭した点をアピールする。

実はこれまでも色んなコーティング弦を試したんですよね。
でも、はっきり言って、耐久性という点ではElixirの圧勝。もうぶっちぎりの優勝です。
このAcoustic Scienceはどうかなぁと、半信半疑で使ってみました。

010なんでギターはソリッドが良いだろうということで、
ちょうど弦が切れたスタインバーガーに張ってみました。
acousticScience_3.jpg

手触りはElixirに似て若干ヌメッとしてますが、
弦の鳴りはその名の通りアコースティック感が有って悪くないです。
後は耐久性ですが、錆び手の私がグリスを繰り返しても大丈夫な感じです。

まだ販売は開始していないようですが、セットで1400円程度と、
真っ向からElixirにぶつける戦略のようです。
ゲージが限られているので、まだElixirからの乗換は出来ませんが、
今後の展開に期待しちゃいますね。

因に、今回の楽器フェアで一番感動したのは、隣のヘッドフォンフェアで聴いた
shureの世界初コンデンサタイプのイヤフォンです。
楽器フェア2016_3

いやぁ、これは凄い。


値段もね。

東京ハンドクラフトギターフェス2016

今年も東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
ウクレレの製作記事の続きがありますが、ルシアーとしてはレポートすべきでしょう。
(ウクレレキット作っただけで気分だけルシアーになっているのです。許して下さい。)

初日の開始1時間もしないうちにに入場したのですが、凄い人集りでした。
これまでは殆ど全ての展示者ブースで試奏できたのですが、
今回は1/3位しか弾けませんでした。
ウクレレの展示の影響でしょうか、割と女性や高齢の方も多いのがこのフェスの特徴ですね。
ただ、一時期ギターに迫るような数だったウクレレ展示が少し減って、
その分、ソリッド系ギターの展示が増えてました。
まぁ、アンプでの試奏が出来ない状況では、ソリッド系展示は厳しい感じですけどね。

それでは今年も面白かった物を紹介してみます。
まずは、ひらみつギターのバリトンギターです。
THGF2016_1.jpg
5,6弦がベースギター弦で、サスティンも響きもギターの低音とは異次元の感覚。
残りの弦もナッシュビルチューニングのような、音程が入れ子になるようなゲージ選択。
通常の感覚では弾きこなせないんで、このギター用の曲を作ること前提のギターです。
でもこれは面白い。ベース弦の響きは本当に魅力的です。
単純に5度位下にシフトしたチューニングのバリトンギターが欲しくなりました。

次はギターとして欲しくなったもの。
Jack Spira Guitarsはこれまでもインレイの美しさで、作りの丁寧さが印象的でした。
THGF2016_3.jpg
ただ、ちょっと弾き難いというか、固い感じの演奏感だったですが
今年のギターは凄く弾きやすいギターになっていました。

去年から注目しているogino guitarsは、今年は3本展示がありました。
THGF2016_4.jpg
低音の鳴り方が独特で、大きいというより音像が広いというか、包み込む感じ。
今回色々ギターを弾きましたが、もっとも個性を感じたギターです。
弾きやすさもあり、いや、これはオーダーしてみたいアコギNo.1です。
また嘘をついてしまいました。オーダーなんか出来ません。お給料はダダ下がりです。

最後に今年のNo.1です。
THGF2016_2.jpg
Kumano Guitarsのフルアコです。
このところKumano Guitarsは同じギターを一本だけ展示して終わりという感じで、
お世辞にもこのイベントにやる気を感じなかったのですが、今回は新作が出てました。

でね、弾いたんですけど、ま、音はアンプが無いから判らんのですが、
これがとんでもなく弾きやすい。
プレイヤビリティという観点では、もう、ぶっちぎり、レベルが違う。
どんなに音が良くても、演奏者にとっては道具なんだよね。
これがちゃんと出来ているハンドメイドギターって意外に無い。
ピックガードに貼ってあるトーレックスがナントも良い手触りでした。

オーダーし、、いや、嘘です。無理なのだ。

さて、ルシアーとしてはウクレレの記事に戻るのだ。

 | HOME |  »