APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2006/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Dom7(b9,b13) Bebop ScaleとCom. Dim Scaleの関係

Jerry Bergonziの"Jazz Line"という教則本で、所謂Bebop Scaleを練習しているのだが、
Minor系のDominant7thに使用するDom7(b9,b13) Bebop Scaleで気付いたことが有る。
Dom7(b9,b13) Bebop Scale(長いな、、)は、HP5thDにM7thを加えたもので
例えば E7だと、以下のような構成音になる。

E7(b9,b13) Bebop = E, F, G#, A, B, C, D, D#

これって、F Com. Dimに非常に近いことに気付いた。

F Com. Dim = F, Gb, G#, A, B, C, D, D#

EとGbの違いだけ。でも、解決先はAm,Bbmで違う。
Bebop Scaleの場合、根音と#9thの意識が必要か。
逆にCom. Dimを使っているときは、さすがにM7thの音は無意識に避けているような気がする。
ま、それよりもそれぞれの解決する節回しを覚えることが大事か。
Bebop Scaleは、コードトーンをオンビートに持ってくるという大前提があるから
m7,M7,Rの流れで、ビートがひっくり返らないようにすることを意識してみよう。
関連記事

 | HOME |