APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2007/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ガットギター リフィニッシュ (3)

サイドとバックはかなり巧く行った。
オイルフィニッシュにしては鏡面仕上げに近い艶があるし,
ネックはバリトラだ。
ということで、満を持して表面板のオスモ塗り塗りに移るべく
マスキングテープを剥がし始めた。

悲劇はここで起こった。

マスキンギテープはあまりにしっかり付きすぎていたのだ。
まるで、鉋をかけるがごとく表面板の薄皮がバリバリと
剥がれてきたのだった。

オーマイガッ!!



せっかく苦労して平面出ししたのが水の泡である。
それどころか、ロゼッタ迄剥がれてきたのだ。
もう、泣きたい気持ちだ。

これは教訓。

生木にマスキングは禁物なのだ。

とにかく、ロゼッタは苦労して剥がれたところを修復した。
幸いなことに、剥がれたパーツは全てマスキングテープに付いていたので,
それを、細心の注意でジグゾーパズルのように貼り合わせた。




こちらはほぼ完璧に修復できたと思う。
ただ、表面板の剥がれはダメだった。
サンディングをやり直したのだが、剥がれたところ迄削って平面出しをやったら
多分、薄くなりすぎて平面板が持たない。

しょうがないのだ。人生なんてこんなものさ。

泣く泣く、あきらめオスモ塗り塗りに移行したのです。
泣く泣く続くのだ。
関連記事

ガットギター リフィニッシュ (2)

ということで、早速オスモを塗るのだっ!!
と、後先考えずにやって失敗するのがこれ迄の私なのだが、

今回は違うのだ。成長したのだ。

バックとサイドは、茶色のステイン入りの砥の粉で、
目止めしたのを忘れちゃいけない。このまま、全体を一気に塗ると、
そのステインが表面板を汚してしまう可能性がある。
そこで、取り敢えず表面板と指板を完全にマスキングしてから、オスモ塗り塗りなのだ。
オスモはすごく良く伸びるので、少量を刷り込むような感じで広げていきます。
乾く前に、ペーパータオルで軽く拭き取る感じ。
で、その結果が下の写真です。


一度塗りの段階で、結構艶が出ている。
24時間放置した後、400番のサンドペーパーでサンディングして、
出てきた粉ごと,二度目のオスモ塗り塗り。
これで、導管が埋まり少しずつ鏡面仕上げに近づいていく。
5回くらい繰り返すと良いらしいが、今回は3回で終了。


結構良い感じにできたと思うのだが、どうだろう。
びっくりしたのが、メイプルのネック。ガットギターにしては珍しいメイプルなのだが、

これがもう、バリトラです。




かなり自己満足度高い状態で、表面板のオイルフィニッシュに移行したのだが、
ここで、予想外の悲劇が、、(続くのだ。)
関連記事

セッション

昨日は,久しぶりに地元のお店のセッションに行ってきた。
今年に入ってから初めての参加で、ちょっと緊張気味でお店に入った。

ありゃりゃ?どうも人が少ない感じ。
顔見知りのギターの人に訊いてみると、この頃参加人数が激減しているらしい。

ここのお店は、結構名前の知れた人を呼んでホストバンドをお願いすることが
有るのだが,それが逆に敷居が高くなってしまったみたい。
ホストバンドの人はとてもいい人で、いじめたりする訳ではないのだが、
やっぱり初心者は参加し辛い雰囲気になってしまうとのこと。

うーん、難しいね。

ただ、貴重なジャムセッションのできる地元のお店なので
なんとか盛り上がってほしいなぁ。
まぁ、普通、ギターは参加人数が多くて、最後迄居ても
数曲しかできないなんてことがザラだから、
出ずっぱり、弾きまくりなんて幸せなのだが,
やっぱり,管をフロントにした構成とかもやりたいですからね。

取り敢えず,マメに参加するようにしようっと。
昨日やった曲は,
It could happen to you, Autumn Leaves, Gift, In a sentimental mood,
Straight No Chaser, Mas Que Nada, There is no greater love,
Take the A train, Bye bye blackbird
でした。

そういえば、ホストバンドの人たちが演奏した
”My Romance"がえらくかっこ良く、後から訊いたら
クラウディア アクーニャというVocalの人のアレンジだそう。

とてもかっこ良く、斬新なアレンジなのでお勧めです。

Rhythm of Life Rhythm of Life
Claudia Acu?a (2002/03/26)
Verve
この商品の詳細を見る






関連記事

ガットギター リフィニッシュ (1)

同居人の亡くなった父親のガットギターを頂いたのだが、
ギター全体に、墨のようなものを撒いた跡が有り、
随分汚れてしまっていた。
まぁ、いい機会だからリフィニッシュの練習台にしようということで、
剥離剤で古い塗装を除去した後、徹底的にヤスリ掛けして、
シミのようになっている墨の汚れを取ろうとした。
ところが,この汚れが塗装を浸食し、木肌迄及んでいて
なかなか取れないのだ。
随分,ヤスリをかけたのだが、これ以上は無理ということであきらめて
バックとサイド材を茶色のステン入りの砥の粉で導管を埋めたのが3年前。

そのうち,インレイに興味が出て、拾ってきたアワビを
懸命に磨いて平面出ししたものを作った。
さて,実際にいれるインレイの図案をどうしようかと思案していたら,

実家の家紋がいい

と同居人が言い出し、調べると結構複雑な家紋なので、そうっと却下。
それで作ったのが、Blogのプロフィール欄の犬のインレイ。
これを埋め込んだのが1年前。

元々は,きちんとラッカー塗装による鏡面仕上げをもくろんでいたのだが、
なかなかやる気にならないまま、放置プレイが続いていたのだ。

ところが、半年ほど前にストラトのネックをオイルフィニッシュで
再塗装したのだが,これがすこぶる調子がいい。
使った塗料は、オスモと呼ばれるオイルフィニッシュ用の塗料。
自然材料の塗料ということで、この頃良く使われているようです。
これが、塗りやすく、仕上がりも良好。すごく気に入ったのだ。


通常オイルフィニッシュは、鏡面仕上げは無理なのだが,
オスモの場合、巧くやると3分程度の鏡面になるらしい。
ということで,長らく放置プレイだったこのガットギター
オスモでオイルフィニッシュしようと考えた。
今回の目標は

オイルフィニッシュでどこまで鏡面仕上げに迫れるか

なのだ。




まぁ,何はともあれ全体をまんべんなくヤスリがけ。

そして,おもむろにオスモを、、(続くのだ。)
関連記事

伊東でのんびり温泉なのだ (4)

今迄書いてきた伊東温泉記を読んでみると、ほとんど食い物ばかり。
まぁ、お風呂とか、建物とかは旅館のHPとかで直ぐ判るし、
実際の料理の方が情報価値があるかなと思っているのだが、
それにしても,偏り過ぎか?

ということで、部屋の窓から取った景色です。
もう少し後だったら、一面が満開になるらしい。


さてさて、一応旅行記の体裁を整えたところで

注目の朝食です。

同居人も言うのだが、やっぱり旅館の朝ご飯は格別です。
しかも、夕食のときにご飯が馬鹿ウマなのは確認済み。
期待しながら食堂に行くと、干物を選べとのこと。
私はエボ鯛、同居人は鯵を選びました。



干物も美味しかったけど,軽く焙ったベーコン、蒲鉾が思いのほか美味。

いやぁ、二人でおひつのご飯を平らげてしまいました。

実は,この旅館はチェックアウトが12時で、しかも
朝寝坊プランというのだと、朝食を11時に取ることができるので
すごくのんびりできるのだ。

今回は、一泊しかできなかったけど,ほんとにのんびりできた。
ありがとう伊東大和館!!
関連記事

伊東でのんびり温泉なのだ (3)

さて、お風呂にも入って,モミモミも十分堪能したところで、
本日のメインイベントであります夕食の時間です。

いろいろな夕食のメニューがあったのだが、今回は

炭火懐石コースなのだ。

これは,メインの食材が選べるので、私は伊勢エビ、同居人はアワビを。


これを炭火で焼いて食べるのだが、各テーブルごとに担当がいて、
色々面倒を見てくれるのだ。
アワビは、食べ頃になると貝から取り外して、切り分けてくれるのだが
なにぶん,トコブシの兄貴くらいの大きさのため、切っているうちに
冷めてしまうのがちょっと残念。金目鯛も選べるので,こちらの方が良かったな。
でも、伊勢エビの方は、丁度良い感じに焼けて美味いのだ。



この他にも、前菜やお造り、つくね鍋、かなり盛り沢山で
お腹がいっぱいになりました。
とくに、つくね鍋はふわふわのつくねでとても美味しいです。

で、最後はお茶漬けで締めるのだが、

このご飯がめちゃめちゃ美味い。

これは,明日の朝食も期待できるなと感じていると、
最後のデザートの案内。なんとバイキング形式だ。



いやはや,満腹なのです。

その後も、お風呂に、なぜか持ってきたマッコルリ
更にのんびりは続くのだった。
関連記事

 | HOME |