APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2007/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Polytone Preamp (JCは強し、敗者復活戦 )

前回の記事で書いたPolytone Preampを実際にJCに繋いで試奏してみた。
結果は、、

惨敗です。JCキャラ濃過ぎです。

やっぱり、 Guitar->PolyPre->JC-guitar-inputと繋ぐと、JCのプリアンプ
キャラにPolyPreが負けてしまいます。
元々、オーディオ的なEQ回路で、それほど色付けが強くないPolyPreなんで
どうも、狙ったほどポリトーン的な音色になってくれませんでした。
そこで、JCの入力を背面のMain-in(現行JCだと、Return端子か?)に
変更して弾いてみました。これが、なかなか好調です。

結構ポリトーン臭さが出てきました。

効きがイマイチだと思ったトレブルも含めて、ツマミをどのように設定しても
破綻無く使える音だし、柔らかいプリセットトーンの"Dark"もいい感じ。

ということで、JCテストをふまえて、改めて設計し直して完成したのだ。



上段の4個のつまみは、Clean Chで、Vol,T,M,B
下の2個のつまみが、今回追加したDrive Chで Vol. Gainです。
スイッチはプリセットトーンで"Dark-Normal-Bright"の切り替え。

ポリトーンの回路を見ていて、使えないと言われるDrive Chは
半波整流による歪みを、かなり極端なローカットフィルタを通して
逆相で原音にミックスする設定で、これは、所謂”ハーモニックエキサイタ”だと
気付いたのだ。
だから、歪み用の Chだと捉えずに、倍音生成器だと思ってブレンドするのが
本来の使い方なのだろう。

このアイディアをそのまま踏襲しようかなとも思ったのだが、
やっぱり、しっかりした歪みも出るようにしたいのと、

えーと、逆相生成用のオペアンプを追加するのがめんどくさい

という理由で、(勿論、ほぼ後者の理由が支配的なのです。)
某、有名OverDriveペダルの1モードをほぼそのままコピーして、
(ランXXXフのLEDクリップモードです。)
原音に自由にミックスできるようにした。
これにより、普通のドライブトーンから、ポリトーンクリーン、
軽いクランチ、それらを自由な割合でミックス可能となった。
ポリトーンクリーンに、ほんの少しだけ歪ませた音をミックスするのは
ちょっと面白い音だと思うのだが、、、




入力ジャック脇のスイッチは入力感度の設定。
(これもポリトーンの仕様そのままで、High &Low、
そしてHigh,Lowに同時に入力した時の感度も再現できるようにしてある。)

出力は、2系統パラアウトにしてみた。
JCのMain inがステレオインなので、両方に入力できるようにしておきました。

これが、JC敗者復活戦なのだ。これだけなんですけどね、、

でも、チューナー専用アウトにも使えるし、色々便利だと思うのです。

と、まぁ、ほぼ、100%自画自賛ですが、誰か弾いてみたい人居ますかね、、
関連記事

Polytone Preamp (ジャズギタリストのJC対策)

どうも、ロック系、特にHR/HM系のギタリストはJC(ジャズコ)が苦手らしく、
歪みものエフェクタは、JCに繋いだ時にマーシャル/レクチの音がするかが
価値基準の一つになっていたりする。

俗に、”JC対策”なんてよばれているわけだ。

ジャズギタリストの場合、それほどJCに拒否反応を持っている人は
居ないような気がするが、逆にポリトーン信仰みたいなものが
ちょっと有るように感じる。

そこで、JCに繋いでポリトーンの音がするようなエフェクタを作ってみた。
何のことはない、80年代のポリトーンプリアンプをそのままコピーしたものです。
回路的には、フェンダーやマーシャルに代表されるギターアンプの
EQ回路ではなく、どちらかというとオーディオアンプに近い
NFB系のEQだったりするのだ。

できたものを試奏してみた印象は、

プリセットトーンの"Dark"の音が、いかにもという感じでGood.
トレブルの効きが弱い。
もう少しゲインが有った方が使いやすい。

ということで、更に回路を追加するつもりなのだが、
いったいどんなものをくわえたらいいのかなぁ?

あの、使えない歪み回路もコピー?
コンプ、エキサイタ等のクリーン用エフェクトの追加?

何が良いかなぁ。良ければコメント等で教えてくれると嬉しいのですが、
誰か見てる人が居るのか、こんなマイナーなブログ、、、




関連記事

レスポールカスタム復活するのか?(3)

思いっきり良く指板を剥がして、もう後戻りできなくなったので
どんどん進めることにする。
まずはフレットを抜いていきます。
これは専用の小さなクイキリの様な工具があるととても簡単。
というか,とても楽しい。

もっと抜きたい、誰かギターを下さい

という状態になるのだ。ただ,今回はエボニー系の指板で、
結構脆いので、剥がれに気をつけないとダメなのです。
うーん、ちょっとストレスたまるね。
(いや、別にストレス発散のための作業ではないのだけども,,)



何のかんので全部抜いて、指板を軽くサンディングした後
両脇にバインディングを接着します。
これが,結構大変。
接着剤は所謂プラモデル用のものを使うのだが、
溶剤なので変なところに付くと跡が残ってしまうし、
木に対しては余り接着力が無いので、少ないと直ぐ剥がれるし、、
ちょっと泣きそうになりました。



この後、余分な部分をカンナやスクレーパで削り落として
取り敢えず終了。次は、ネックとの再接着なのだ。

しつこく続く。
関連記事

 | HOME |