APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2008/07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ウクレレキット製作中 -4 テイルブロック編

無事、ネックブロックの接着も終わり、側板が繋がったのだ。
クッキングベーパーのおかげで、当て木ごと接着の悲劇も避けられた。

木工をやっていると、料理器具関係が意外に役に立つ。
クッキングベーパーは勿論だが、クッキングタオルも
水に濡らしても毛羽立たないので色々使えるし、
楊枝や、割り箸なんかも埋木の材料から仮押さえの治具にもなる。
しかも、なぜか自動的に補充されるのもありがたい。
(余り自動補充に期待すると、かなり怒られるので注意なのだ。)

さてさて、何はともあれモールドを装着してみた。

モールドの方が大きいはずなのに、これがなかなかハマらない。
無理すると側板が割れそうなので、
慎重さと大胆さをもって何とかはめ込む。

まるで、古田のリードのようなかんじだな。

で、大きさの差はどうなったのかというと、こんな感じです。

結局丁度ウエストのところに隙間が出来たのだ。
これをどう見るかだが、

ウエストはくびれているに越したことは無い

ということで、これはこれで良いことにするのだ。
(因に、HOSCOのテンプレートでモールドを作ったら、多分入らなかったと思う。
 側板の曲げカーブは、明らかにStewart & Macのテンプレートに近いのだ。)

じゃあ、モールドは無駄かというとそうでもないのだ。
このキットは側板が一枚板で、ネック側中心は側板のつなぎ目と考えられるのだが、
テイルエンド側の中心が判らない。
モールドに入れると、テンプレートに描いてあるテイルエンド側の中心線を
使って、中心出しが出来るのでテイルブロックの接着位置出しができるのだ。

テイルブロックにも忘れずにライニング用の溝を掘ってから、
これでテイルブロックも接着完了。


どんどんいきます。といいつつ、つづくのだ。


関連記事

ウクレレキット製作中 -3 ネックブロック編

さてさて、準備ばかり進んで、キット自体は全く進んでいないのだ。
まずはネックブロックの接着から始めることにする。
ネックブロックは、ネックとボディの接合部で、側板の切れ目を
これを使って貼り合わせるものだ。
接着する前に、ライニング用の溝を四隅に掘っておく。
これは説明書に指示は無いのだが、35Guitarさんのアイディア。
ライニングの切れ目とブロックの切れ目が一致すると、
そのにストレスが集中して側板が割れる恐れが有るので、
ライニングがブロックに食い込むような溝を作っておくというもの。
シコシコと、彫刻刀で掘るのは大変でしたが、後で出てくる
ライニングの接着の際もすごく楽になるので、これはお勧めです。

また、このブロックの接着面は軽く丸みを帯びているので、
平面の当て木(カウルというらしい)ではぴったり合わない。
そこで、ネックブロックの接着面にサンドペーパを貼付け、
当て木を削り丸みに合わせてみた。
(これも35Guitarさんのアイディアなのだ。)


ということで準備万端。
何度か位置決めのため仮組をやった後、タイトボンドで接着。
クランプで当て木ごと押さえた。


このとき、接着されては困るところにはクッキングペーパーのような
ワックス紙を挟んでおく。これを忘れると、クランプを外したときに
当て木も接着されているという悲劇が待っている。

こういうこと(転ばぬ先の杖みたいなこと)をやると、

あぁ成長したな、オレ。

と思うのだ。

でも、ネタ的には、当て木ごと接着というのはオイシイとは思うけど。

しかし、普通ならキット開封後30分ぐらいでここ迄到達するはずだけど、
もう既に二日目なのだ。いったい完成はいつになるのやら、、

つづくのだ。
関連記事

ウクレレキット製作中 -2 モールド編

しかし、急に更新頻度が上がった訳だが、
何事もモティベーションというものは大事だなと
感じるウクレレ製作者なのだ。
(既にルシアー気取りの勘違い野郎です。)

ウクレレに限らず、この手の曲げ側板系の製作の場合、
曲げの形を押さえるモールドというものが必要になる。
まぁ、コルセットみたいなものだ。
無理矢理、枠の中に押し込んで、木をその形に整形する訳だ。

今回、ウクレレ製作の手本としている35Guitarさんも、
やっぱりモールドを作っている。
(因に、もし、検索エンジン経由かなんかで、ウクレレキット製作の
参考にするためにここを見ている人が居たら、35Guitarさんへ行って下さい。
素晴らしい作品の数々と役に立つ情報が一杯です。
このBlogはどちらかというと、失敗を期待しながらウヒヒと読むのがよろしいかと。)

で、このキットモールドが要るのかというと、日米の説明書のどちらも
簡易治具で済ましているのだ。
HOSCOの方なんかは、コの字の板1枚でウエスト部を押さえるだけ。
多分、無くても作れるのだろう。ま、モールド必須じゃ敷居が高過ぎだよね。

でもね、作りたかったのですよ、モールド
だってさ、曲がり形にもルシアーな訳ですよ、わたし。
(いや、違うって、、)
そこはやっぱりモールドデビューしないといけないでしょう。

で、作りました。モールド。しかもベニヤで2枚。



いやぁ、Blogにモールドの写真が載ると、

ルシアーって感じだよねぇ、、しみじみ、、

でもね、大変でした。糸鋸で切出すときに、かなり適当に切ったので、
その後、きちんとした形までヤスリがけがキツいの何のって、、
夏に製作は向いてませんね。

この2枚を使って、側板を整形する訳です。
試しに、枠の内周と側板の長さを測ってみました。

側板 = 67.5cm
枠の内周= 68.4cm ... え、68.4cm..!!

え、これじゃ側板は完全にモールドに内接しません。
隙間が空きます、、どうする、オレ。

こういうときに、日本には特に政治関係で使われてきた秘伝があるのだ。

先送り

この問題については後で考えるとして、次の工程行ってみよう。

つづくのだ。
関連記事

ウクレレキット製作中 -1 準備編

説明書を一通り読んで、何となく簡単そうな感じ。

これはイケルのでは!

これまで、このパターンはうまく行かないことが多かった。
さすがにいろんな意味で成長したのだ。ここはぜひとも慎重に行くべし。

まずは色々情報収集してみた。
どうも、このキットは米国ではStewart & Macが販売しているらしい。
因に、Stewart & Macとは、米国の楽器製作者向けのweb shopで
楽器の木材から、パーツ、道具までありとあらゆるものが揃う優れものです。
そこには、このキット用の無料でダウンロードできる製作説明書があり、
早速ダウンロードして、日本のキットの説明書と較べてみた。

結構違う説明が多くどちらで作ろうか迷ったのだが、
付属している形状テンプレートの形が圧倒的にStewart & Macの方が好みだったし、
和訳しながら作るのも一興かなと思い、
今回はStewart & Mac版で行くことにした。

左がHOSCOのテンプレート、右がStewart & Macのテンプレートです。
どうでしょう?HOSCOのは、なんか細すぎるような気がするのだが、、

和訳してくと、面白い記述が有った。

.. S & M 説明書より ...
もし、初めて製作をするのであれば、全ての楽器製作者が知っている
(苦労して発見した)コツを教えましょう。

接着する前に、接着剤無しの状態で部品同士を押さえて、
ぴったり合うか確認すること。
それから接着剤を使いましょう
.....

確かに、よく焦って失敗したよなぁ、プラモデル

小学生には、この慎重さが有りませんでした。
歳をとって、こういう慎重さを身につけるわけです。
ウクレレ製作記録が、人生の回顧録になりそうなので
まずはここまで。

つづくのだ。
関連記事

ウクレレキットを買ったのだ。

ギターを直したり、リフィニッシュしたり、それはそれで楽しい。
だけれど、やはり最終的にはギターを作ってみたい。
そんな思いを漫然と持ち続けていた訳だが、
さすがに高額な材料を揃えた挙句、失敗、全て無駄なんてことが
怖くて、ま、躊躇していたのだ。

ところが、先日、某楽天のポイント10倍セールを眺めていたら
ウクレレキットが有ったのだ。
ハッキリ言って、ウクレレ自体にはそれほど興味は無い。
ただ、構造としてはミニギターみたいなものだともいえるし、
これで練習すれば、次はギター製作へステップアップだって見えてきそう。

取り敢えず6500円程度だ。

やってみようと決心した。たとえ失敗しても
ブログのネタだと思えばあきらめもつく(とは思わないけどさ)

という訳で、本日キットが届きました。
これから、少しずつ製作記録を書いて行くことにする。

もし、何の音沙汰もなくブログの更新が滞ったら、
それは、触れられたくない状態になったと思ってくれ。

つづくのだ。

オリジナルウクレレ製作キットNO5オリジナルウクレレ製作キットNO5
()
不明

商品詳細を見る
関連記事

 | HOME |