APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2009/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

自作Delayは、ちょっと変なのだ。

以前の記事で紹介した自作Delayがある。
オリジナルであること


元ネタは、某有名自作サイトのディレイ(Rebote Delay 2)で、
PT2399というICを使ったもの。

どうも自作の世界では、単なるコピー品を”ハンドメイド”とか称して
商売していることが結構あるので、
ま、オリジナルと言うほど大それたものではないが、
せめて何か自分のアイディアを入れようと思い、
2系統のDelayを色々なルーティングで組み合せられるようにした。

ただ、どうも判りにくいようで、試奏してくれた人の評判が良くないのだ。
どうせ自分用だし、一人で遊んでいれば良いやと思ったのだが、
YouTubeなんかで、2系統Delay自作紹介ビデオなんかが出ていて、
1modeしか無い簡単なルーティングなのに、結構好意的なコメントが多く、
もしかすると、少しは需要が有るのかなと思い、
音付きで紹介してみることにした。

私が実装したルーティングモードは4種類。

1) Para :
完全に独立した2系統のDelayになります。
各Delayはお互いに影響しないので
ショートディレイ+ロングディレイ等、
一番普通に使えるモードです。

2) Cross
Delayの戻しをたすきがけにしたもので、
クロスフィードバックと呼ばれるモードです。
delayの帰りが不規則になりますが、
他のモードに比較すると、比較的シンプルなパターンになります。


3) Long
テープエコーのデュアルヘッドモードを再現したものです。
AchのLevelと、BchのRepeatを0にすると、
Delay timeがAchのTime + Bchの Timeになり、通常の2倍迄delay Timeが伸びます。

Ach -> 1つ目のヘッドの出力
Bch -> 2つ目のヘッドの出力

なので、非常に不規則なディレイ出力になります。
巧くTime設定すると、シャッフルビートになったり、
様々なリズムパターンになります。

4) Cas
2系統のdelayを直列に繋いだモードで、
一番複雑で、不規則なdelayになります。

これがサンプル音源です。
DelayTest3.mp3

Achのみ -> Bchのみ -> Para -> Cross -> Long -> Casの順です。
モード切替以外の設定は全て同じです。

もう一つは、和音で、少しリズムを合わせて弾いたものです。
DelayTest4.mp3

Para -> Cross -> Long -> Casの順です。設定は、先のサンプルと全く同じ。

これは、サンプルなので、Delay level, Feedbackを大きめにしているけど、
控えめにすると、意外にオケに馴染むので、変態用途以外も結構使えるのだ。

できれば、感想をお願いします。
関連記事

Kurt Rosenwinkelになりたい (Rebecca Martinは友達の嫁)

先月末、ご近所のtitoさんとRebecca Martinという女性vocalistの
ライブを都内のCotton Clubに見に行った。

ハッキリ言って、Cotton Clubのチャージは高い。
それでもって、Rebecca Martinは聞いたことが無い。
じゃあ、何故観に行ったのかと言うと、ギターKurt Rosenwinkelだったのだ。
それでもって、ベースはLarry Grenadierだ。

以前、ここまでKurtがメジャーになる前、Mark Tunerとの来日を見逃してしまい、
ものすごく後悔したので、今回はCotton Clubだろうが、知らない女性ボーカルの
バックだろうが、とにかく観に行くことにした。

事前に調べたのだが、どうもRebecca MartinはLarry Grenadierの嫁さんらしい。
新譜では、Kurtの他、Brian Bladeもまで参加している。

The Growing SeasonThe Growing Season
(2008/08/12)
Rebecca Martin

商品詳細を見る


じゃあ、今回もBrian Blade来てくれよー。いや、来て下さい
と、思うのは私だけでは有るまい。

結局、友達の嫁さんのツアー
Kurt Rosenwinkel 出席 御欠席
Brian Blade 御出席 欠席
ということだ。

義理堅いぞ!Kurt君。

で、Liveはどうだったかと言うと、基本的にはジョニミッチェル系の
フォークルーツなかんじ。レベッカ嬢は声質は綺麗なのだが、ちょっと
ピッチがヤバ目。というか、私は、ほぼ100% Kurt君に釘付けでした。
(Kurt側最前列Tableだったのだ。)

ギターは多分ES-335で、それをTone Boneのオーバードライブで歪ませて、
EventideのTime Factor (Delay)でステレオにして、Twin Reverb2台で鳴らす感じ。
エコー音を独立でペダルで制御しているようです。
基本的に、かなり甘めの歪みと、多めのエコー成分なので、ギター音がバンドサウンドに
すごく馴染む感じ。
もっと、ハッキリした音が欲しい時は、設定を変えずに、極端にブリッジ側を
ピッキングすることで、変化を出していました。

もうね、演奏は素晴らしいの一言。
ペンタトニック系の駆け上がり、下がりのラインがそのままバッキングになって、
コードチェンジ感もそれで十分出る。
小指が長く、ストレッチも楽勝なので、ペンタトニックラインが、
少し捩れる感じになる。これがカッコいいのだ。

えー、改めてファンになってしまいました。
で、恒例の形から入るコピーなので、まずは彼の帽子を買うことにする

いつもニット帽ではなく、キャスケットというか、ニュースボーイキャップというか、
ワークキャプというか、、(titoさん曰く人民帽)

えーこのリンクの帽子の詳細が判る方。
ぜひ連絡して下さい。

カート君の帽子(11枚目が判り易いです)

よろしく。

全文を表示 »

関連記事

 | HOME |