APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2009/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

IMSTA FESTAに行ってきた

昨日、新宿初台のオペラシティのアップルジャパンで開催されていた
IMSTA FESTAというイベントに行ってきた。
これは、音楽ソフトウエアの違法コピーの防止を目的にした団体IMSTA
主催するソフトウエアを中心にした展示会で、エンドユーザ向けのセミナなんかも
あるし、NAMMやミュージックメッセで発表した製品を体験できると言う
なかなか、興味深いイベントなのだ。

たまたま、ネットでこのイベントを見つけたのだが、

GT-R1の録音テクニックと活用法

と題したTEACのPCMレコーダであるGT-R1のセミナがあったので
結構期待して行ったのだ。

期待したんだよね、、、なんか、もう少しノウハウ的なものが
聞けるかなぁと思ったんだけど、結局宣伝セミナでした。

だいたい、段取りがボロボロ。ステレオの片チャンネルが
接触不良で、音がぶち切れながらのデモだし、時間配分も適当なので
最後は尻切れとんぼで終了でした。
ま、トラブルは付き物だけど、スペアとかデモのリハとか当然やるべき
準備が全然できていないんだよね。

自分も同じような業界で、デモする側の経験も有るけど、
あんな適当な準備で当日トラブったら、大顰蹙モノだけどなぁ。

ただ、マトモなスピーカで聞いたアコギの録音結果はかなり
良好で、改めてGT-R1の素性の良さを感じました。

基本的に、微妙にやる気の無い展示が多い中、
すごく面白かったのがVoxというかKorgのこれです。

VOX PCベース・バーチャル・ギターアンプ JAMVOX JV-1VOX PCベース・バーチャル・ギターアンプ JAMVOX JV-1
(2008/09/28)
不明

商品詳細を見る


基本的にはUSB接続のAudio I/Fにパワードスピーカを組み合せたものなのだが、
これの制御ソフトが、良く出来ている。
PC内のmp3ファイルを鳴らせるのだが、この時、任意の定位、帯域の音を
消すことが出来るのだ。つまり、普通の音楽ソースをマイナスワンに出来るのだ。

実際、マイルスのso whatでマイルスのTpを消して再生してくれたのだが、
ほぼJamey Aebersold状態です。これは結構イケます。

更に、バーチャルギターアンプのソフトも付いてきて、
このパワードスピーカがギターアンプになるのだが、
このときのレイテンシがすごく短い。
担当者は、多分世界最速と言っていたが、確かに短い。

MacのCoreAudioやASIOといった既存のドライバを使わないで
このハード専用のドライバを開発したのが要因とのこと。

個人的には、ヘッドホン専用にして小さく、安くしてくれと思うのだが
これは、結構良いかもしれない。

一度お試しを。


追記 2010. Mar. 22
これ、KORGさんから楽天動画用のモニターで頂きました。
レポートや使用動画など載せているのでよければどうぞ。
JamVOXを弾いてみた。カエル王子の挑戦


関連記事

菅野義孝さんをコピーしてみた。

先日、Hiro Yamanakaさんのギタートリオを観に行った。
ゲストが菅野義孝さんで、二人のカラーの違いがすごく面白い。
コンテンポラリー系をスパイスにして、時折ハッとするような歌い方をするHiroさん。
それに比較して、もうJazz Guitar王道で、グルーブ感あふれる菅野さん。

聴くだけでも至福のLiveだったけど、2nd Setはセッションタイムになり、
数曲、菅野さんと演奏することが出来た。
やっぱり弾いていてすごく楽しい。いろんな意味で元気になるライブでした。

そのとき、菅野さんの2nd Albumを購入したのだが、
これが、カッコいい。特に一曲目のAll The Things You Areが良くて、
ずっと聴いている。

フレーズが歌っていて、つい口ずさんでしまうような親しみ易さと
グイグイ来るノリが同居している。

いつもなら、形から入るコピーで行くのだが、
今回は正面からフレーズのコピーに挑戦することにした。

All The Thingsの1stコーラスのサビからが、特にグッと来たので、
ここからコピーする。

Am7(b5)-D7-GM7のところは、僕が演るといかにもメジャーにいきました!
みたいな感じでどうも取って付けた感がアリアリなのだが、
菅野さんはブルースっぽい節回しで、すごく歌っている。

サビ後は、ジャズギター王道系の2-5フレーズ満載なのだけど、
Eb7での、B音の処理がメチャクチャカッコいい。
Eb->Ab->B->Cという音形はBをCbと考えると、
Abのブルースフレーズのニュアンスだからか。

いや、何というか、こういうコネクリ回した解析をしようとする時点で
ダメダメなんだよなぁ。

ジャズギターはやっぱりブルースなんだと再認識したコピーでした。

ライブまた行こうっと

ムーブメントムーブメント
(2005/04/20)
菅野義孝

商品詳細を見る
関連記事

 | HOME |