APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2009/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Tokyo Guitar Show 2009に行ってきた。

昨日、お台場で開催されているTokyo Guitar Show 2009というイベントに行ってきた。
楽器系の展示会イベントは結構好きで、良く観に行っているのだ。
ただ楽器系に限らず、この手の展示会イベントは不景気のあおりを受け易く、
縮小方向なのは否めない。
このイベントも宣伝WebSiteで受ける印象より、実際はとても規模が小さくて、
開催場所を探すのが大変だった。

基本的には山野楽器が主催で、小売店が販売目的で在庫を展示するのだが、
その中で、メーカーが自社製品を展示したり、小売店主催のセミナーやライブが
行われている。

僕が見たイベントは以下の三つ。

Buzz Feiton Tuning セミナー
(ライセンス取得時でないと見れない本人による説明ビデオが見れた。
 ほんのさわり程度だけど、大ファンなので嬉しい。)

Freedom工房のギター調整セミナー
(ストラトの取付けネジをどれだけ締めるかで、倍音やアタックを調整する手法。
 ま、知ってる人は割といると思うけど、、)

小沼ようすけさんのTaylor Guitar demo
(初めて観たけど、ものすごく旨い。ベース、バッキング、テーマを
 同時に弾くoleoは圧巻。ただなんというか、イベント向けだなぁと言う感じ)

イベントの合間に、ギターを観る。
ハッキリ言ってものすごく高ものしか展示されていない。手が出ない。
もうね、ギターと言うのは金持ちオヤジの趣味なんですよ。
少し金の余裕ができて、昔やったギターでも再開しようみたいな、、
だいたい、昔はこの手のイベントだと学生がノベルティやライブ目当てに
沢山いたんだけど、今は5.60代のオジさんが多い。
で、お店から常連さん扱いされて嬉しそうに7、80万のギターを買っていく訳だ。
なんだか、ちょっと寂しくなってきたぞ。
しかも、唯一の若者向け展示のRoland/BOSSでは、逆にオヤジだから
無視されて抽選券くれないし、、
ま、貰えるのがウチワだけどさ、、

と言うことで、今回面白かったのは、小さめのアンプでした。
(というか、他は高額過ぎて腰が引けて試奏できなかった。)


フェンダーのチャンプの復刻板。
これは5w、1Vol.のすごいシンプルなチューブアンプ。
クリーンも良い音していたし、フルテンの歪みはクラプトンのレイラでした。



HenriksenのJazz Guitar用のアンプ。
小さいけど、低音もきちんと出ているし、デジタルリバーブ付き。
10インチなので取り回しも楽。じつはツィータも入っていてエレアコにもよさそう。
一年保証が無くても良いなら11万くらいだそう。



こちらは、手が出ない系のPRS製アンプ。
コンボは程度の良いフェンダーデラリバ系。セパレートはマーシャル。
コンボを弾きましたが、素晴らしいです。ブライトスイッチが使えます。
えー、コンボは実売50万弱とのこと。

で、結局今回の戦利品。


なぜか、この手のイベントで気合いのアウトレットものを出すKORGさんから
Voxのシールド半額以下。よく判らんPRSギタークリーナーなる液体。

あとはシールとか、、
結局貰ったBOSSのウチワは、捨てられました。 以上!
関連記事

Ari Hoenigを見たいのです。

好きなミュージシャンというと、やはりギタリストが多いのだが、
なぜかライブに行くとドラマーしか見ていない時がある。
古くは、山木秀夫さんやOmer Hakimがそうだった。
この頃で言うと、Brian Bladeだと思うのだが、まだ生演奏は見たこと無い。残念。
(フェローシップ来い、いや来て下さい。)

で、その中に加わりそうなのがこの人。
Bert\'s PlaygroundBert\'s Playground
(2008/09/16)
Ari Hoenig

商品詳細を見る


アリホーニグと読むのだろうか?(アラホじゃ無くてアリホですな。)

すごく繊細なドラミングで、フィルがすごくメロディックなのだ。
と思ったら、五曲目の'Round Midnightでメロディも含めてソロ演奏。
ドラムで音階を持たせた演奏って、ある意味企画ものの印象が強いのだが
この人は本当に自然で、違和感無い。

元々、イスラエルの新人ギタリストのGilad HekselmanのCDが
すごく良くて、その中で良いドラムだなぁと思って調べたらこの人だった。

SplitlifeSplitlife
(2006/09/12)
Gilad Hekselman

商品詳細を見る


因にGilad HekselmanもBert's Playgroundに参加していて、
彼はスタンダードを2曲ギタートリオで演っている。
これも素晴らしい。
他の曲も基本的にはギタートリオ+Sax(クリスポッター!!)で
ピアノレスなのがミソ。Ari Hoenigの繊細さが良く出ていい編成だと思う。

本作のベストは一曲目のMoment's Noticeかな。
最初はテーマっぽいソロから始まって、何の曲?とか思ってると
あのリフになだれ込む。後は各人の怒濤のソロ。
(この曲のギターのJonathan Kreisbergも良いギタリストです。)

ところで、先のGiladのアルバムのレーベルはsmallsで、
これって米国のライブハウスのsmallsのことみたいです。
そこでsmallsのWeb Siteに行ってみたら、ここに膨大な量の
演奏記録がMP3で配信されていました。

smalls artist+audio archives

Ari Hoenigの演奏もバッチリ収録されてます。
こりゃまたエアチェックですかね。

関連記事

 | HOME |