APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2009/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

実験くん Bufferってどうなの? その4

ここまで、色々なタイプのBufferを実験、紹介してきたのだが、
どうも、実際に使うプレーヤー側に、Bufferの理解に誤解があるように思う。
(恐ろしいことに、売る方も同じように誤解している場合が見受けられるのだが、、)

解説記事やHP等では、

Bufferはハイからローへのインピーダンス変換を行う。”
”ローインピーダンスノイズに強い”
インピーダンスはロー出しハイ受けが基本”

というような記述が多い。それぞれは間違っている訳ではないのだが、
実際にバッファを通して、ギターアンプやエフェクタのハイ側の入力に繋いで、
"ローインピでノイズが消えるのだ、ヤホー!”
とやると、全然ノイズが消えてなくて、
それどころかバッファで使っている素子の出すノイズが目立って、
“アレっ?(涙目)”
となることが結構あるような気がする。
これは何が悪いのかというと、
インピーダンスはロー出しハイ受けが基本” <ー これが間違いなのだ。

”ハイ出しならハイ受け、ロー出しならロー受け”
が正解。

だから、バッファを通したら、ギターアンプはローインピ入力に繋ぐ。
バッファにより強くなったギターの信号は、音色、音量変化無く再生されるが、
飛び込んだノイズは弱くてローインピ入力を駆動できず音量が激減する。
だから、ノイズが減るのだ。

(因に、ロー出しハイ受けは電圧伝送的には正解。でもこの意味が分かる人は
 ノイズを減少させる時にはハイインピ入力は使わないはず。)

インピーダンスの理解は判り難いのだが、旨い説明の例で
"ゴジラ松井とメジャー仕様バットとスイングスピード”
matsui.jpg

というのを思いついたので、別の機会に説明したい。

ただギターアンプやエフェクタのLow入力は、“ローゲイン”であって
”ローインピ”ではないことが結構あるので、ちょっと厄介なのだ。
そんな時のために、どんな入力もローインピ受けにしてしまうケーブルを作った。
Low-Z Cable
10kの抵抗がミソだ。
さっきの例で言うとこれが”メジャー仕様のバット”です。
松井(バッファ)じゃないと振り切れないのだ。

ちょっと脇道にそれたけど、次こそIC Bufferを紹介する。

もう意地なのだ。止めろッと言われても今では遅過ぎたなのだ。(byヒデキ)
関連記事

 | HOME |