APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2009/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

カモメでOMAさんのギターワークショップを観たのだ。

先週末、横浜のカモメで”鈴木勳ギターワークショップ”を観たのだ。

”鈴木 勲ギターワークショップ
鈴木 勲(B)
天野 清継(G)
市野 元彦(G)
吉田 サトシ(G)
馬場 孝喜(G)
力武 誠(Ds)

OMAさんこと鈴木勳さんのバンド出身のギターは、皆さん素晴らしい訳で、
そのOMAさんが選んだ4人のギタリストとのライブ、しかもドラム力武さんとなれば、
そりゃ観に行かねばということになった。

実はその前の週に力武さんが参加しているバンドを観に行ったので、
(このmatelijyaというバンドもカッコいいのだ。)
その時に、ギタリスト4人のライブってどうなるんですか?と訊いてみた。
力武さん曰く、”分かんない。”
うーむ。ということで、ご近所のtitoさんといそいそと出かけたのでした。

カモメに入って開演を待っていたら、僕らを見つけた力武さんが
声を掛けてくれました。ん、でも、出番は?と思っていたら
OMAさん登場。ギタートリオみたいだけど、知らないメンバー!?

”最初は高校生のメンバーと一曲やります。”

うひょー!!すげぇと思ったらギターはゲスト表記の有った井上銘さん。
そんでもってドラムは、この頃噂になっていた高校生ドラマーの石若駿さんでした。
とにかくすごく勢いの有る演奏。特に石若さんは何というか、はじけるような演奏で
参りました。ぜひチェックした方が良いです。

その後は吉田さんと天野さんのDuoから始まって、一曲ずつギタリストが変わって
2ギターカルテットでスタンダードを中心に演奏する形式。
これが面白いのだ。どの組合せも楽しい。
僕が良かったのは、
市野/馬場のスーパーコンテンポラリな"All The Things You Are"
吉田/市野の王道バラッド演奏だった"Skylark"
天野/馬場で、何となく噛み合ない前半から強引にドライブしていった"Just In Time"
かなぁ。

最後のブルースセッションのソロ回しで、馬場さんのソロの冒頭のフレーズが
ものすごいインターバルのカッ飛びフレーズで、これが個人的視聴率ピークの瞬間でした。

全体を通して、吉田さんがすごくカッコ良かった。
アメリカからの帰国後初めて観たのだけど、なんかすごく自信に満ちあふれていて
現代的では有るけど王道のジャズギターで、リーダーアルバムが楽しみ。

でも面白かったなぁ。OMAさんはピッコロベースでブイブイ言わしてて
まったく枯れてない現役感覚バリバリでした。
力武さんも、どんな組合せでも旨くサポートして、それで煽って、引いて、
変幻自在のカッコよ良さ。

ま最終的な印象は、やっぱりギターは楽しい。
次のワークショップも期待して待つことにします。

あ、カモメの Famous Grouseのロックはダブル並みでお得でした。
こちらの記事参照
関連記事

VOX AC1 KIT 改造記(4)

このブログはFC2のサービスを使っているのだが、
そこにはアクセス解析という機能が有って、どんなキーワード検索から
このブログに来たのかが判るようになっている。
たまに、その結果を覗いてみるのだが、一番多いキーワードは
VOX AC1だったりする。しかも、改造 とかも付くのだ。
VOX AC1は僕も作って、改造して遊んでいる訳だが、
世間一般それほど盛り上がっている印象が無いし、この前の
楽器フェアでも結構投げ売り状態だった。

しかし、ここまで検索対象になっているということは、
これに関する記事を書けば、来訪者がもっと増えるということなのか?

ということで、来訪者アップを狙って久しぶりの改造ネタを書いてみる。

因に、これまでのAC1改造記事です。
VOX AC1 KIT 改造記
VOX AC1 KIT 改造記(2)
VOX AC1 KIT 改造記(3)
主に、"もっと歪みを"ネタなので興味が有ればどうぞ。

今回は、AC1をディストーションエフェクタにするための
ラインアウトと、3段済みや、大人買いによるAC1スタックなんかに使える
外部スピーカアウトの増設の改造だ。

まずは改造後の写真を
AC1kit6.jpgAC1-SPOUT1.jpg

ジャック用のスペースは結構有るので、好きなところにどうぞ。

AC1-SPOUT2.jpg

改造の回路図はこちらです。
個人的に、商品の回路図を勝手に公開するのは
抵抗が有るので、AC1自体の回路図は載せないが、
基板から回路図に落とし込むのは簡単です。
(まぁ、キットだからね。私も自分で落としました。)

この改造自体は簡単。ヘッドホンアウトに更に1kを追加して
レベルを落としたものをラインアウトにしているのと、
内部スピーカに並列のアウトを外部スピーカ端子にしている。

一応ラインアウトのジャックはスイッチ付きのものにして
ラインアウトにプラグを突っ込むと、スピーカの音が切れるようにしている。
普通のジャックでもかまわない。音を消したいときは
ヘッドホンジャックにダミーのヘッドホンを繋げておけば良い。
あと、本当に外部スピーカを使うときは、インピーダンスを考えること。
内蔵のスピーカの配線は切った方が良いかも。
(コネクタになっているはずなのでそれを外せば良い)

AC1Distortion.mp3

ということで、ラインアウトからコルグのPX5Dに繋いで
録音してみた。PX5Dでスピーカシミュレーションを入れている。
最初は軽い歪み、その後かなり歪ませた設定。
歪み増大改造済みなので、結構歪んでいる。
一応、パワーアンプの歪みなので、結構良い感じだと思う。

やっぱり、良いですよAC1。
投げ売りしてるみたいだし、、もっと盛り上がらないかなぁ。

(下の写真はショップへのリンク有り)

関連記事

楽器フェアに行ってきたのだ。2009年だ。

楽器フェアに行ってきた。
今年はパシフィコ横浜で行う、所謂当たり年の開催だ。

楽器フェス2008に行ってきたのだ。(これはハズレ年の方のレポートです。)

mixi等で知り合いの人たちのレポートなんかを読んでいるうちに、
なんだか、妙に盛り上がって行ったのだ。
でもねぇ、、やっぱり不景気で何となくショボいと言うか、
展示側(特にメーカー)のやる気の無さがかなり目についた。
なんか、取り敢えず製品並べときゃ良いか、みたいな感じです。
展示ブースも妙にまばらで、
昔の、なんかゴチャゴチャしてるけど熱気ムンムンという雰囲気が懐かしいのだ。
でも、Moter Showでも参加者半減ということなので、やっぱりしょうがないか、、
後、展示ブースでの音量に主催側から色々指導が有るみたいで、
ほとんどの試奏がヘッドホンというのも気になった。
ヤマハの新しいエレガットを試したかったんだけど、
ヘッドホンじゃよく判らないというより、ひでぇ音だなという逆宣伝状態。
どうせ、活気無いんだから、ガンガン声出して行こうぜ!で良いんじゃねえの。

今回、面白かったのは手頃でジャズも行けそうなギターアンプ
楽器フェア20094
D'Angelicoの箱ギター用アンプ
ポリトーンの対抗馬的な位置かとも思うのだが、
音も良く似ている。すこしコモり気味なんだけど、
強いアタックは結構パリッと出て気持ち良い。
10万位を目指すとのことだけど、結構良いかも。
ただ、リバーブが今イチなのと、指向性が強いので、
横に位置するとかなりコモる。
楽器フェア20095
Marshallの5w Full tubeアンプ
1ボリュームなので、音量を上げると歪んでしまう。
小さいハコでの演奏なら何とかギリギリくらいか?
音は、少しレンジが狭いがtubeコンプレッションが
気持ち良い。ルックスも良いし、実売5万強なら買いです。
個人的にも欲しくなったアンプ

楽器フェア20097
Voxのアコースティック用アンプ
箱ギターもイケルかなと、セミアコで弾いてみた。
よく判らんが、コモリ過ぎ。担当者が色々調整してくれたんだけど
何をやってもダメ。どうも何か根本的に間違っているのかも、、
(担当がなんかダメダメな人だった。)
でも、色付け用のプリチューブが入っていたり、期待大。
ちゃんとした設定でもう一度試奏してみたい。

次は、この頃妙に活気づいているチューナ関連。
楽器フェア20091
SEIKOのクリップ式チューナ。
デザインが気に入った。
ただ、まあ、チューナは使ってみないことにはね、、
楽器フェア20093
これも、ちょっとデザインが気に入ったTEACのチューナ。
20分位だけど、録音できるのが売り。
で、録音した音に対してもチューナが効くので、
管楽器の音程練習向けか?

ギター自体は、それほど目立って面白いのは無かった。
その中で、Walkin'さんのブースに有ったTakuSakasitaさんとのコラボの
JazzGuitarDesignの復活が目についた。
以前は確か、T's Guitarが製作していたはずだが、工房は変わったらしい。
楽器フェア20096 楽器フェア20099
隣は、ちょっとピンぼけですが、弾いている田辺充邦さん。
私は、店員に色々訊いても”弾きますか?”のお誘いは無し。当たり前です。
かなり高い値段になるんだって、あーそうですか。
横で聴いている限りでは、あまりそそられませんでした。はい、ひがみです


最後に、今回の戦利品。
DSCF4779.jpg
ノベルティはほとんど無し。
ヤマハが、ステッカーと何故かZeppelinのジャケットの
ファイルシートをくれました。
後は、主催側イベントのスタンプラリーでもらった
ゼンハイザーの眼鏡拭きと、よく判らん輪ゴム。
ゼンハイザーの眼鏡拭きはすごく良い感じ。
あと、ATN出版がほとんどの教本を半額で売っていました。
面白そうなのを2冊購入。Vic Jurisは欲しかったのでラッキーです。


この頃、どの展示会に行ってもショボさを感じるのだけど、
しょうがないのかな。でも、また行こうっと。
(なんだかんだ、文句言っても一日見てました。)
関連記事

財布とカエルのお守りとピック

僕のブログでも何度か紹介しているなかぐろやさんから
お財布が届きました。
これは、同居人がオーダーしてくれたものです。
僕はお財布にお金だけでなく、カード、名刺、ピックなんでも入れてしまうので
きちんと仕分けが出来るものをということで、なかぐろやさんに相談したものです。Billfold1.jpg


なかぐろや NBさいふ 其の五


詳しくは、トラックバックした上のリンクを見てもらうとして、
折り畳めるポケット付きの面白い形の財布なのだ。
出来上がるまで、何度もやり取りして決めた形なので、
色々な工夫が入っている。ポケットの開封向きも僕の使い方に合わせて
パッと開いた時に中身がこぼれない方向になっていたりするのだ。

ハンドメイドってそういうところが大事なんだよね。
オーダーに対してきちんと反応できるところが利点な訳です。

エフェクタなんかでも、妙に手作りを宣伝文句にしているのがあるけど、
手作りで同じものを意味無く再生産していたら、そこに意味は無いような気がする。

何はともあれ、早速いろんなものを入れてみましょう。
Billfold2.jpg
義母からもらったカエルのお守りと、なかぐろやさんの木製ピック。

色がネービーなのがお気に入りなのだ。
なかぐろやさんどもありがと。大事に使います。


関連記事

 | HOME |