APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2010/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

iRigを作ってみた。

iPhoneを持っている人の数が大分増えてきて、僕の周りでもちょくちょく見るようになってきた。
僕はあまり携帯を使わない(=掛かってこない)のでそれほど欲しくないのだが、
後輩が電話以外ほぼ同機能のiPod Touchを譲ってくれた。

iPod TouchにiReal Bookで老眼はどうする。

多機能で色々便利なのだが、単純な携帯音楽プレーヤとしてはどうかなぁと思う。
音楽を聴くだけなら初代の(発火バッテリーで有名な)iPod nanoのほうが使いやすい。
多機能って別に便利じゃないんだよね。
でも、せっかく譲ってもらったんだから、なんか面白い使い方は無いかなと
探していて見つけたのがこれ。



AmplitubeというPC向けのギターアンプシミュレータソフトを出している
IK MultimediaのiPhone/iPad用のギターアンプシミュレータで、
専用のiRigという接続用のケーブルを使ってギターとiPhoneを繋ぐらしい。
でね、iRigは4,830円らしいのだが、iPhone用のソフトは機能限定だけどFree版も有るらしいのだ。

そりゃ、iRig作っちゃおうとなりますよ。

iPhoneのイヤフォンジャックは4極になっていて、通常のLR出力以外に
マイク入力もあるので、ここにキターを突っ込めば良いのだ。
ということで先日秋葉原に行く用事があったので、部品買ってきました。
どうしても必要だった4極のミニプラクはマルツに有った。
(というか、その日マルツのT部長とセッションして呑んだんだけどね。)

早速、Free版をダウンロードしてiPod Touchにインストール、
変換ケーブルを組み立てて、ギター繋いでみました。
結果は、一応鳴るんだけどインピーダンスが合わないんで、
ギターのボリュームを少しでも絞ると音が消えてしまいます。
取りあえずバッファを繋いでみたら、これで問題無く使えます。

ま、バッファを繋げられるんならこれでも良いんだけど、
やっぱりね、iRigみたいに直接iPod Touchに繋げた方が便利なんで
簡単なバッファを内蔵させちゃいましょう。
(実は、イヤフォンジャックのマイク入力には電源用の2.7Vが重畳されているので
 これを電源にバッファを動作させられるのだ。)

作りました。ちょっと大変でした。老眼だし、
iRIG1.jpgiRIG3.jpg
iRIG2.jpgiRIG5.jpg
ネットを検索するともう既に自作をしてる人もいて、その人は2石でゲインを取ってるのだけど、
そうすると内蔵できないんだよね。なんで、自己バイアスのFETバッファで
ケチケチにした。(FET一個、抵抗2個、タンタルコンデンサ1個のみ)
写真を見ても、これくらいが内蔵の限界だ。チップ部品は僕の目の限界を超えてるし、、

鳴らしてみたんだけど、やっぱり自己バイアスだとゲインが落ちるし
電源電圧が足りないせいかかなりのハイ落ち。
やっぱ、ゲイン取らないとダメかなぁ。あと一本抵抗入るかな、、

iRIG4.jpg

ま、でも面白かったんでこれで良いとする。
会社での練習アンプに使うのだ。

見せびらかすのだ。

でも本当は、製品を買った方がずっと良いと思う。
(自作の結論ってこんなもんだよね。)


さりげなくアフィリエイト。すまん。

--- 追記 --- 2011, Jan. 15---------
自作iRig完成版の記事はこちらです。よければどうぞ。
iRigを作ってみた。その2 完成したのだ
iRigを作ってみた。その3 いろいろ雑感
関連記事

物欲は止まらじ 小型ギターアンプ その2

持ち運びが可能な小型ギターアンプが欲しいというのは以前書いた。

物欲は止まらじ 小型ギターアンプ

あの後結構色々探して弾いてみたのだよ。
セッションなんかで友人達が持ち込んだ小型アンプも随分弾いた。
そこでの印象は、やっぱり小出力アンプは歪むということだ。

良く真空管アンプは小出力でも音が大きいというが、
確かにそうなのだが、やっぱり少し歪むんだよね。
もちろんそれはそれで良い音なのだが、
やっぱりジャズならクリーントーンが確保できないのは辛い。

ということで、20Wくらいの真空管アンプを試してみた。
(基本的に写真はショップに飛ぶアフィリエイトです。嫌な人ごめんね。)
まず、この頃色々な雑誌の記事でも見かけるようになった
BlackStarのHT-20だ。



このメーカーはMarshallの元エンジニア達らしく、
やはり歪みをメインのターゲットにしてるようだが、
これはクリーンも評判がいい。クリーンチャンネルは1Vol. 1Toneのシンプルなもの。
で、弾いてみたんだけど、うーん、、悪くないんだけどなんかグッとこない。
1Toneなんで、メーカー側の主張と合わないと調整が利かないんだよね。
それに、ちょっとサイズも大きすぎるんで僕は止めておくことにする。

次はKen JordinのClassicTube 35RのジェンセンスピーカバージョンのAnejo

これは結構良かった。チューブの張りのある感じも良く出てるし、
少し古めな音色はジャズギターにも合うと思う。
ただ、弾いていて、何となく疲れる感じ。ハイがちょっときつめなのかな、
でもトレブルを抑えても同じ印象なんだよね。重さも結構有るしなぁ、、
良い音なのは確か。これの廉価バージョンのClassicTube 35Rを試してみたいな。

この手のちょい大きめのチューブアンプで一番気に入ったのが
Jet City AmpのJCA2112RCというアンプ。

デザインが ソルダーノで、それを中国工場で安価な人件費で作るというコンセプト。
個人的に今まで弾いた中で一番良かったアンプはソルダーノのスタックなんだよね。
(リバーブ無しでも余韻を感じるアンプというのは初めてだった。)
ソルダーノデザインならということで期待して弾いた見た。
それほどチューブ臭くなくて、凄い素直。Anejoとは逆にストレスフリー。
音量を上げると急にローが出てくるのがちょっと使い難いかな。
でも、結構軽いしこれは良いかもしれんと思った。
ただ、ヤワそうなんだよね。メーカーも微妙だしなぁ、大丈夫か代理店。
これで一回り小さかったら即決で買っていたかもしれん。

と、色々弾いてみたんだけど、実は今一番注目しているのがこれ。

超小型で200W(!)のLunchBoxで一躍有名になったZT Ampの
12インチスピーカバージョンのClubというアンプ。
今流行のD級アンプじゃなく普通にAB級らしい。
200Wだし、ソリッドステートなんで軽い。
海外のJazz Guitar系のフォーラムでは結構話題になってるみたい。
超小型のLunchBoxでもAADのCUBより大きな音だったから、
12インチスピーカなら、音量はもう問題無いでしょう。野外でもイケるね、きっと。
所謂普通のコンボギターアンプ的に味つけてるらしいし、
これは良いかもしれん。そういう当りの匂いがする。

誰か買ってレポートしてくれ。

え、僕?、石橋を叩いて叩き割るタイプですから、、人柱はちょっと、、

関連記事
物欲は止まらじ 小型ギターアンプ "The Club購入"
関連記事

 | HOME |