APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2011/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

愛憎相見える Steve Lukather

某割引クーポンサイトでTower Recordの2000円チケットを入手したんですよ。
ただ、この頃、CDは殆どネットで購入してるんで、財布の中に入れっぱなしでした。
昨日、久しぶりに池袋に行ったら(イシバシ楽器のオヤイデ電線セミナーを観たんだよね)
Tower Recordを見つけたんで、これ幸いとチケットでCDを買おうかなと思い、
色々物色してたら、これを見つけました。

The Baked Potato Super Live!The Baked Potato Super Live!
(2011/05/11)
グレッグ・マティソン・プロジェクト

商品詳細を見る


多分40代以降でAOR/Fusionブームを体験してる人なら感涙もののCDだと思う。
当時人気絶頂だったTOTOのSteve Lukatherがインストを演ってるっていうんで
かなり話題になったアルバム。
僕も高校生の頃聴いて、いやぁ、カッコよくてですね、コピーして挫折しましたよ。
その頃、好きなギタリストはと訊かれれば、Steve Lukatherと答えたと思う。
ホントに好きだったんだよね。
ところが、Jeff Beck, Santanaと一緒に演った軽井沢ライブの放映を観て、
いきなり嫌いになった。
もうね、音が酷いのよ。凄く歪ませた後、リバーブやDelayの残響成分に
モジュレーションをかけた、何というかジュルジュルした音。

ちょっとアレは酷過ぎた。
もうそれからは、嫌いなギタリストNo.1になった。
実際、それ以降、何となくパッとしなくなったし。

でもなぁ、最初は凄く良かったんだよね。
Boz ScaggsのA Clueのソロなんて10代だぞ。
この人、コピーが凄く上手で、カールトンとか、ロベンフォード、ジェイグレイドンなんかを
聴いているうちに良いトコ取りのスタイルになっていたんだと思う。

でも、物まねじゃダメだなんて思ったんだろうなぁ。
なんか自分のスタイルを出そうとしたら、つまんなかったという、、

当時、日本のスタジオ系は総ルカサー化してたけど、
本家はやっぱりカッコよかった。(イイトコ取りコピーでも良いじゃん)
みんな、こんなの弾いてたなぁ。
(Bomp meのソロのフレーズだよ。)




ちなみにこれはnoteflightとい ネット上の楽譜作成サイトを使いました。
この頃、ちょっとしたコピーなんかの記録はここで楽譜化してます。
便利なんでお勧めです。

EV-5で何でもエキスプレッションするのだ。(Line6 M5対応)

機会があって、Line6の新製品M5を使わせてもらっている。

こいつは、M13,M9といった、Line6のマルチエフェクタの末弟みたいなものらしい。
ただ、マルチエフェクタではなく、100種類ほどのエフェクトから一つだけ選んで使うタイプ。
その100種類のエフェクトの殆どは、あの名機ぞろいのStompBox Modelerシリーズ
(DL4,DM4,FM4,MM4)からの完全移植なのだ。
個人的にはDL4のディレイ系エフェクトが移植されているのがとても嬉しい。
色々弾いてみたのだが、基本的にどのエフェクトも使える音色で、
これは、お買い得だなぁと思った。因に一番のお気に入りは、
あのスタジオ定番のオプトコンプであるLA-2Aのモデリング
久しぶりに、使ってみたいと思うコンプだ。

M5については、改めてレビュー記事を書いてみたい。
で、今回のメインは、このLine6 M5用のExpression Pedalのことなのだ。
M5のエフェクトは飛び道具も豊富で、そうなるとExp. Pedalは必須。
正規対応のペダルは自社のEX-1なのだが、わざわざ買うのもなぁと思い、
手持ちのRolandのEV-5を流用してみた。


ところが、どうも動作が変。Minimum Vol.の位置で凄く変な変化カーブになったり、
つま先側と、踵側の最大最小設定が逆になったり、やっぱり使えないのかなと思っていた。
色々調べていたら、Line6EX-1は10kBのボリュームで、モノラルの接続コード。
それに比較して、EV-5は10kB+50kBで、ステレオ接続コード。

M5はExp. Pedal端子にステレオプラグを突っ込むと、リング端子をGNDに落とすらしい。
従って、EV-5の10kBと50kBのVRが並列に合成されるので、
変化カーブが変になったり、最大最小が逆になる。
つまりこんな感じ。
EV5_2.jpg EV5_3.jpg
グラフは、
青がMinimum VRの目盛0,
赤がMinimum VRの目盛2,
黄がMinimum VRの目盛10です。
なので、最大最小の設定を逆にすれば、M5EV-5が使えることが判る。
(但し、Mimimum VRは10に固定すること)

ただ、面倒なんで、スイッチでEV-5モードとEX-1モードを切り替えるように改造しました。
EV5_1.jpg EV5__2.jpg EV5__3.jpg

この改造をすると、モノ/ ステレオ接続のどちらのExp. Pedalにも対応できるので、
色々な機器を制御できるようになります。簡単なんでお勧めですよ。

EV5__4.jpg

EV-5自体はそれほど操作感が良くないので、これに拘らなくても良いんですけどね。
まぁ、自己満足ですよ。(この記事含めてね。)

あ、もしやってみようという人がいるなら、一つだけ注意点。
EV5__1.jpg

裏蓋を外すとき、このネジだけは外しちゃダメよ。

世の中には、触れちゃイカンことがあるということです。
と、無意味に教訓めいて終わるのだ。
関連記事

 | HOME |