APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2012/01 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

iRigを作ってみた。その4 自作するということ

昨年末にLine6から出たMobile inは、iPhone/iPadの楽器入力デバイスの決定版だと思う。

iRigのようなiPhoneのマイク入力を利用するものではなく、USB系でインターフェイスする。
なんといっても24bit/48kHzでデジタルI/Fなのが凄い。
これまでもデジタル系の音声I/Fはあったんだけど、24bit/48kHzというスペックは達成されていない。
Line6ってドライバ作るの上手いんだなぁ。正直、メーカーの本気を感じる。こりゃかないません。

実はiRigモドキも色々地味に実験を続けていたんだけど、いろいろ自作の意味を考えちゃうんだよね。
結局、マイク入力に重畳されてる電圧を使って回路を駆動するのは、ダイナミックレンジ的には無理がある。
駆動電圧が足りなくて直ぐ歪んでしまうんだ。

基本的に、この回路で十分なはずなんで、これを元に定数をいじってみた。
iRig-Simple-schema.jpg

なるべくゲインを低くして、歪みを押さえたいので、R2を大きくしたい。
ところが、iPhone側がマイク入力に接続された機器を認識するには、ある程度電流を流さないとダメらしい。
どうも、R2は10kあたりで認識しなくなる。安定して認識するには1kくらいが良い。
ただ、1kではゲインが高過ぎて歪みっぱなし。参っちゃうね。

じゃ、本家はどうしているかというと、最初にガツンと1/10位に減衰させちゃう。
それから、それなりのゲイン(R2=1k相当)で増幅するんで、歪まないし認識は安定する。

ただ、これS/Nは酷いし、ゲインが大きいんでハウリングも起き易い。
iRigはソフト的にノイズゲートやアンチフィードバック処理して逃げてるけど、
あんまり音良くないんだよね、この処理。

ということで、僕のiRigモドキはR2=4.7kにしてます。
これだと、ギリギリ認識するし、ゲインは1以下になると思う。
ただ、ギター側のボリュームが10だと歪んでしまうので、5くらいで使用する。
これで、S/N,耐ハウリング特性も本家より良くなる。
少なくとも無茶な歪ませ方をしない限り、ノイズゲートもアンチフィードバックもいらない。

商品として売るなら、どんなギター、設定でもある程度まともに使えないといけないんで、
IK Multimediaの設計ポリシーは正しい。
逆に自作するなら、自分の使用状況に応じて設計すれば良い。
なんか、今の自作の人ってこういうことしないよね。
何でもコピー、ネットで回路探して、そのままコピー。
まぁ、よろしいんですけど。

今度は電池で普通に駆動するタイプのものをつくることにします。
関連記事

Mick Goodrick 超絶悶絶 Voicing

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
誰に挨拶してるんだと、自問するほどのマイナーなブログです。
今年も、自己満足と備忘録でしかない内容ですが更新を続けます。
よければ覗きにきて、コメントでも頂ければ図に乗ります。

さて、Scansnap1500を買って以来、溜まりに溜まったJazzLifeという雑誌の電子化に邁進してます。
皆さんも経験が有ると思いますが、本の整理をするとついつい中身を読んじゃうんですよね。
読むと作業が止まっちゃうんでダメなんですけど、忘れていた記事を見つけて、
思わずギターで確認してみることもあり、練習という意味では有効なんですね。

そんな中、先日、ずっと探していたMick Goodrickのインタビュー記事を見つけました。

”最近開発したブッ飛んだヴォイシングを教えて下さい”というリクエストに対して、
"フフフ、良いけどコレでバンド馘になっても知らんぞ”
という遣り取りが有るVoicing譜例が載っていたのは覚えていたんだけど、
実際のVoicing自体は忘れてしまったんで、探してたんだよね。

実際に弾いてみて思いました。 ”これ、ほんと馘になるわ”

まぁ、JazzLifeは色々有ってバックナンバーも入手不可能だから、
今回全部紹介してみる。

元記事は、手書きの楽譜が有るだけでTab譜は無いので、Tabは私が考えたものです。
ま、他にも押さえ方はあるかと思うので、(あ、有るのか?)研究して下さい。(教えてね。)

まず、最低音が不協和音程になるもの。


いや、まぁ、良いんだけどさ。凄いな。
基本的にはDiminish系の響きということで良いんでしょうか。私には判りません。
最初のヤツは、F,F#,Gが同時に鳴ってます。

次はMick Goodrick自身Chord Nameが判らないというもの。



三度系の堆積ではなく、四、五度系の堆積なんでコードネームは付け難いんだろうけど、
ま、なんかモード系の曲のバッキングとかだよね。

次は、Diminishで短三度での移動が可能なことから、色々なコードの解釈ができるもの。



最低音にFを持ってくれば、Fadd#11, AbならAb7b9#913, BならB7b9#11, DならD7#9 13となる。
ベースと込みでバンドとしてのハーモニーを表現するという感じでしょうか。

そんもって、最後が超強力、悶絶ボイシング。
Ebm/Emという、マイナーの半音でのハイブリッドコードです。
特に最後にヤツは、押さえ方を思いつくまで10分位格闘してました。



一体、何時使えば良いんだ。これ。

いや、色々バンドも馘首になりましたが、ボイシングで馘首になるなら本望でしょうか。
何はともあれ、練習します。

それでは、今年も宜しくお願いシマリス。
関連記事

 | HOME |