APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2012/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

練習はパソコンでと思うのだが、、

元々、アパート暮らしが長かったから、ギターの練習はいつもヘッドフォンだった。
iTunesというソフトが出てから、ほぼ全ての音源(CD)をPCに取り込んで以来、
KORGのPANDORAというヘッドフォンアンプに、PCのヘッドフォン出力を繋いで,
音源を鳴らしながら練習という時代が10年位有ったかな。

それにしてもPANDORAシリーズは画期的だったのだ。
無理な多機能化をせず、ノイズを減らしたり、チューナの応答性を上げたり、
真当なバージョンアップを繰り返すので、新製品がが出るたびに買っていた。

特に、メトロノームの音が素晴らしいんだ。
よくある電子音のピコピコ音だと、ヘッドフォンで聴くと耳が痛くなるんだ。
その点PANDORAは、本物の機械式メトロノームをサンプリングした音を使っていて
弾いていて気持ち良い音だった。
その他にも耳コピ用のフレーズサンプラーとか、本当に判ってるなぁという製品だった。

 KORG/PANDORA PX5D【コルグ】【smtb-ms】

 KORG/PANDORA PX5D【コルグ】【smtb-ms】
価格:9,350円(税込、送料別)


練習だけでなく、本番でもPX3Bというベース用のPANDORAだけ持って行く。
PX5Dになって、USB Audio I/Fが付いたんでPCとの連携がやり易くなって
使い易くなったんだけど、音自体はどうも気に入らなくなってしまった。

その後、ひょんなことからJamVOXを貰ってそれが練習のメインになった。
これはUSB Audio I/F + スピーカとアンプシミュレータソフトの組合せで、
練習環境としてはほぼ完璧。

音も良いし、レイテンシも驚くほど小さい。iTunesのライブラリを読み込んだり、
簡易MTRもあるし、特殊なカラオケ化ソフトで何でもマイナスワンになる。
これ以上の練習環境は無いと思っていたんだよね。
コレは前に作った"カエル王子”のデモです。


ところが、JamVOXはどうもドライバが特殊すぎて、OSがアップデートする度に使えなくなる。
はっきりいって、もう疲れました。

ということで、今PCでの練習環境を再構築しているのです。


えーと、実はPOD HDを買ってしまいました。
今回のHDモデリングはちょっと気になっていたんです。しかもMクラスのエフェクトも素晴らしい。
更にいうと、KIDからTEACに輸入代理店が移ったのも素晴らしい。

暫くはこれを中心にしたPC環境の構築をレポートしてみたい。
ということで、お付き合い下さい。
関連記事

Nova Systemはお買い得だったのか? その12

去年、赤いのが出たとき、
”プリセットが増えただけの色違いなんてイラネーよ、ギグバッグもイラネーよ。”
と、未練タラタラのコメント付の記事を書いた訳ですが、
まさかプリセットを公開するとは思いませんでした。

ダウンロードエリア

MIDIのsystem exclusive形式のデータなんで、MIDI I/Fと、
system exclusiveを送信可能なソフトが必要。
(殆どのDAW系のソフトなら可能だし、上記URLにFreeの送信ソフトが紹介されている)

早速ダウンロードして、Nova System("無印")にロードしてみました。
データ自体は、ユーザープリセットエリアの0-0から14-2に入るので、
自分のデータは事前にバックアップしておくように。

中身は、以前からNova System向けの音色デモを公開していた
Peter ThornとRussell Grayのプリセットに、Ron 'Bumblefoot' Thalのプリセットを加えたもの。
Russell Grayの音色は、往年のギタリストのコピー。
Dark Side Of The Moonの頃のギルモアや、初期のEddie Van Halenあたり。
(Eddieのフェイズ風ドライヴサウンドは良いよね。)

Ron Thalは、件の爆笑クリップは、このプリセット作成風景だったのね。
アホみたいなプリセット(GODZILLA とか)も多いけど、
CLEAN DRY PUNCHみたいな、CompとEQだけの凄く張りのあるクリーントーンなんかもある。

Peter Thornはスタジオ系らしくどれも使い易い音色。
特に、BASIC PEDALBOARDというプリセットは、Pedalモードでの基本プリセットに最適。
Nova Systemに慣れていない人は、これからエディットしていくと良いと思う。
個人的に、この音色を手に入れるために今回のダウンロードの価値はあると思う。

今回のプリセットは全体的に歪み系の設定が上手だね。
あまり歪みすぎない良い音色だし、僕は歪みの設定が下手だからこの辺りは重宝だな。

Nova System Limitedもこれで本当に色違いに成っちゃったんだけど、TCも豪気だねぇ。
色々、面白いことやってるTCだけど、今一番、馬鹿馬鹿しくて面白いのがコレ。



iPhoneのスピーカー経由でプリセット送信って、まぁ、素晴らしい。
この辺りのアイディアが何となくアマチュアっぽいんだよね。
実現する辺りの手順はプロなんだけどね。

えーと、このシリーズも長いですが、もう少しおつきあい下さいな。
関連記事

 | HOME |