APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2013/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

東京ハンドクラフトギターフェス2013

昨日は錦糸町で開催されている東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
全国のアコースティックギタービルダー、メーカの展示会で、毎年楽しみにしてます。

開催当初は、アマチュアビルダーの発表会的なニュアンスもありましたが、
今では殆どがプロ製作家で、大手メーカや学校、材料販売等も参加の一大イベントですね。
色々面白そうなギターは沢山出ていたんだけど、全部を試奏するのはもう無理なんで、
”小振りのカッタウェイ有り”というのを中心に弾いてみました。

幾つか、印象に残ったものを紹介してみます。
まずは、私の実家(山形)から参加していた彩雲弦楽器工房のかなり小振りなギター
THGF2013_1.jpg
当然、フルサイズのタップリとした低音は望めませんが、軽く爪弾くには良い感じです。
ライブ用というよりは、上手にマイキングして録ってあげると面白いかもしれません。

次はSUGITA KENJI Acoustic GuitarsのOOOタイプに少しカッタウェイを付けたモデル。
THGF2013_8.jpg
弾き易く、まとまった感じの音は使い易い印象です。
毎年出展されていますが、奇を衒うこと無い手堅いモデルが多くて実用向けです。

此処で、ちょっと変わった感じで気になったモデルを幾つか
THGF2013_2.jpg
輝カンパニーのファンフレットギター。ファンフレットは毎年何処かしらで出展されていますが、
どうしてもキワモノ的ニュアンスがある中で、実際に使えそうなモデルでした。
ただ、やはり演奏には違和感が有るかなぁ。

THGF2013_6.jpgTHGF2013_5.jpg

これはKEN弦楽器工房の古典ギター。この展示会の魅力に古典ギター系作家の展示が有ります。
やはり立体ロゼッタ細工は見とれてしまいますね。牛皮なんだそうです。

今回はジャズ系のアーチトップタイプは殆ど出ていませんでした。
THGF2013_3.jpg THGF2013_9.jpg
左はKUMANO GUITARSのf holeがないソリッドっぽいフルアコ。
生音だけの試奏ですが、弾き易くて良かったです。ウエイトバランスがヘッド寄りなのが難点。
ただ、これ去年も展示されてたんだよなぁ。新しいモデルも観たかったです。
右はAT Guitarの7弦アーチトップのミニギター(!)。
実は展示価格でとても安く、ちょっと食指が動いてしまいました。
弦間隔が狭くて、私には弾き熟せません。残念です。

最後に、今回の個人的ベストはこちら。
THGF2013_10.jpg
nishihara guitarsの展示で、材料違いの2modelが出ていました、どちらも良かったです。
展示会に参加する人たちの作品はどれも弾き易く、大きな問題が有るギターは無いのですが、
何となく弾き手にストレスを感じさせるパターンが多いんですよね。
なんか固いと言うか、ギターに弾かされてるというか、、
そういう点では所謂メーカ品のほうが優れています。
当然、作り手が必ずしも良い弾き手ではないし、受ける印象を言葉で伝えられる優れた演奏者に
出会えるとも限らないので、難しい問題ですね。

そんな中、このギターは2modelともストレスを余り感じない、弾かされずに弾いているという
実感が持てました。今回オーダーしてみたいと思った人です。
(スイマせん、見栄はりました。無理です。先立つものが無いのです。)
こんな人が近くにいればとても嬉しいのですが、残念ながら関西の方でした。

全体的に混雑が激しく、マトモに音を判断できるような試奏は無理なのですが、
やっぱり楽しいイベントです。来年はオーダーを狙ってみます。

また見栄を張りました。



関連記事

'13 Golden Weekの日々

GW最後の日はやはりちょっと悲しい。
チビの頃も日曜日のサザエさんが終わる頃は明日の学校を思い出し憂鬱になった。
今も変わらず日曜の夜は淋しい。(今日は月曜だけど)

あ、サリンジャーの短編に"最後の休暇の最後の日"という、無条件降伏級の作品があるのだ。
とても良い短編なので興味の有る方は是非。いや関係ないけど。

今年も山形の実家に帰省して、両親と蔵王の温泉に行った。
やっぱり硫黄の温泉は良いね。某施設のバスクリン温泉とは比べ物にならない。

帰省の理由は、いつも通り雑誌の引き取り。
"ジャズ云々という雑誌がまた出て来て邪魔"
という連絡で、行ってみたら段ボール4箱でした。
引き取って自炊中だが、連休最後だというのに、まだまだ終わらない。
P5060010.jpg
なんというか、終わっていない宿題の量に唖然とする小学生の心境だね。

こんなものも引取ってきました。
八重洲無線のFRG-7という受信機です。
FRG-7.jpg
トリプルスーパーヘテロダインの一種であるワードレーループ方式を採用した
当時のベストセラー受信機です。(いや、ベストセラーっていってもアマ無の話ですけどね。)
選択度が甘々なんで、当時の中学生のお小遣いではキッツい値段だった
狭帯域セラミックフィルタに換装してます。
まだ電源を入れていませんが、少しずつ直して使ってみようと思います。

えー、何のことか判らない人は読飛ばして下さい。
得意の自己満足です。

オヤイデに行って、特売品でケーブルを作りました。
P5050001.jpgP5050004.jpg
紫のケーブルは生産終了品のPA01というケーブルなんですが、ワイドレンジで中々良かったです。
ただ、固くて、ケーブル叩きノイズも目立つんでライブは無理ですね。

GW中に読んだ本です。

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)
(2013/03/29)
小川 一水

商品詳細を見る

小川一水さんのタイムトラベル物です。
うーん、軽い読み物という感じでしたが、未来への通信は割と簡単にできるんですね。
ただ、このアイディアなら、ジャックフィニィの”愛の手紙”という名作があるんで、、

ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)ゲイルズバーグの春を愛す (ハヤカワ文庫 FT 26)
(1980/11)
ジャック・フィニイ

商品詳細を見る


GW中に聴いていた音楽はこれです。

Jim Hall Live vol.2-4

Jim Hallの大名盤であるLive!のまさかの続編。
3枚組ですが、これが素晴らしい。選曲が絶妙で演奏も圧巻。
こんなのが未発表なんだから凄い。

しかし、あの頭は何歳からなんだ? 
ブックレットにPat Methenyが寄稿してるが、その頭の不自然さに疑惑。

既にArtist Share経由でないと買えないようですが、売り切れる前に是非!
ガーシャさん情報ありがとうございます。

ま、こんないつものGWでした。

関連記事

 | HOME |