APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2014/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

僕がギターを始めた訳 ”東京音楽アカデミーと山本クン”

僕がギターを初めて買ったというか、買ってもらったのは、高校入学祝いなんだ。
本当はエレキギターが欲しかったんだけど、それは認めてもらえず、
クラッシクギター、確かヤマハの下から二番目のモデル、1万8千円也だ。
それで、最初の教材はNHKのギターをひこうという番組。

今日、"ギターをひこう"の当時テキストをスキャンしたんだ。
いやぁ、懐かしい。
当然、タブ譜とか無いから、五線紙と指板を必死になって繋ぎ合わせて練習。
おかげで、今では譜面はバリバリとなれば良いんだけど、未だにダメダメなんだよね。

懐かしさにパラパラ読んでると、巻末に強力に懐かしい広告が!。

東京音楽アカデミーの通信ギター講座です。

一般的にはオーソンウェルズがナレーションした”ゲームの達人”の通信英語教材の方が有名かな。
この英語教材の宣伝は、当時の雑誌の至る所で見受けられたよね。
ギターマガジンの電子化やってると、この広告の綴じ込みハガキが、邪魔で邪魔で、、

このクラシックギター通信講座は、2頁にわたって、受講者の成功ストーリーが書いてあるんだ。
大抵は、目立たない男の子が、ギターを手にすることでモテモテになる話で、
思春期の私には、もう、なんというか、そりゃ羨ましくて。

私の一番好きなストーリーは、高校2年生の山本クンの話。

山本クンは、中学の友達と久し振りに会うのだが、
驚いたことに、皆ギターを弾けるようになってる。
でも、なんか、コードをジャカジャカ弾くだけということに気付く訳だ。
アカデミーでクラシックギターを密かに練習していた山本クンは、
恐る恐る、"ちょっと僕も弾いても良いかな?”とギターを借りる。
(これが、ストーリーの定番展開なんだよね。)

で、山本クンはクラシックを弾かないんだな。弾くのはビートルズの”ヘイジュード”。
これが大ウケ、”山本クン上手いじゃない。ステキっ”。
で、更には、イーグルスのホテルカリフォルニアのイントロ!

g001.jpgホテルカリフォルニアでステキ状態になる山本クン


私は、これにやられました。
コードジャカジャカのフォークじゃダメだ。クラシックギターだよ。うん。
それが、ガットギターを選んだ本当の理由です。

関連記事

木星人の凱旋 Kurt Rosenwinkel Quartet at Cotton Club

都内への出張が思いの外早く終わったんで、早速予約。
kurt2014_1.jpg

前回のStar Of Juptier Tourでの演奏は圧倒的でした。
速弾きのカッコよさ Kurt Rosenwinkel Quartet at Motion Blue Yokohama

いやいや、今回も凄かった。というか、アレは既に人間では無いな。
多分、木星人なんだ。

Kurt Rosenwinkel Quartet Star of Jupiter Tour 2014
Mar. 4. 2nd Set at Cotton Club

Kurt Rosenwinkel (g), Aaron Parks (p,key), Orlando Le Fleming (b), Colin Stranahan (ds)

1. 26-2
2. Welcome Home
3. Isle Of Everything
4. Mr. Hope
5. Deja Vu
6. A Shifting Design
Encore: unknown (という曲名だそうです。by Aaron Parks)

なんと26-2からスタート。
ウォーミングアップも兼ねてるのか、各人のソロの後は8barsの回しという、
セッションぽい入りでしたって、ウォーミングアップで26-2かよ、、
今回はじわじわテンションが上がって行く感じで、
最後のDeja Vuと A Shifting Designでは、もう、何というか、
上手いとか、速いとか、そんなレベルじゃなかった。
縦横無尽に指板上を駆け回る指は、木星人でした。

今回のドラムが Justin Faulknerから Colin Stranahanに変わっていて
少し押さえたリズムだった所為も有り、その分Kurtの演奏が際立っていた気がします。
多分、ここ数年のKurtの中でも、演奏スキルは一番だったのでは無いでしょうか。

AXE-FXというギターアンプシミュレータによりPA直でギターを鳴らしていました。
なんか、妙にカラフルなフットスイッチでした。
kurt2014_3.jpg
天井のPAスピーカーからギターの音が降ってくる感じで、前列だと違和感がありましたが、
音色がフルートっぽいギターシンセ的な音色を多用するからかな。

ギターが例のWalkin' オリジナルモデル。
kurt2014_2.jpg

そうですか、これが弾き易いんですね? 
これを買えば私も木星人になれるんですね?
音色は正直よく判らないのですが、これは売れるような気がします。

去年のKurtを観てから、色々なギタリストを観ましたが、
ちょっと参ったなと言う位凄かったです。
なんか、凄い、うまいとかばかりで、オバカな女性タレントのグルメレポート並みに
語彙が欠乏してますが、いや、もうホント良かったんだ。

スター・オブ・ジュピター(STAR OF JUPITER)スター・オブ・ジュピター(STAR OF JUPITER)
(2012/11/28)
カート・ローゼンウィンケル、KURT ROSENWINKEL 他

商品詳細を見る


関連記事

 | HOME |