APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2014/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

東京ハンドクラフトギターフェス2014

今年も、私にとって五月の恒例イベント東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
毎年、沢山のハンドクラフトギターを試奏出来るイベントでとても楽しみしています。

このところ出展者の数が凄く多いのですが、やはり今回も凄い数(93展示)でした。
弾いた全てを紹介するのはちょっと無理なんで、特に気になったギターをピックアップしてみます。

先ずは、オーストラリアのルシアー、Jack Spira Guitarsです。
THGF2014_1.jpg
とにかく丁寧な仕上がりが印象的で、インレイの美しさが際立っていました。
ボディの大きさでバリエーションを作っています。
一番大きいモデルのゆったりとした低音が魅力でしたが、小振りのギター
取り回しが楽そうで、録音用には良いかもしれません。
オーストラリアと言うと、AyersのデザイナーであるGerard Giletが有名ですが、
話を聞くと、かなりのギター製作者がいるようで、今後が楽しみです。

次は、逆の意味で低音が面白かったLeaf Instrumentです。
THGF2014_2.jpg
独創的なデザインが印象的です。何というか、"ボソボソ"といった感じの低域なんですが、
意外に扱い易く、ベースランニングや4つ切りなんかでも邪魔にならないのが面白いギターでした。

今年は特に弾き易いギターが多かったのですが、ストレスが無さ過ぎて寂しい気もしました。
そんな中、弾き手に少し緊張感を与える感じで、
”よし、弾きこなしてやろうじゃないか”(試奏だけですけどね。)
と感じることが出来たギターがIKKO MASADA GUITARSでした。
THGF2014_6.jpg
少し強めのテンションと、張りのある音が気持ちよかったです。

途中で、Haruさんのソロギターライブが有りました。
THGF2014_5.jpg
KUMANO GUITARSのフルアコと、本郷ギターのガットギターを使っていました。
フルアコはウォームで良い音でした。
演奏は、ジャズファンばかりではないということを意識してか、
ステラや枯葉といった"どスタンダード"中心。
圧巻のコードソロ等、これを聴けただけでも満足です。

最後に、今回の個人的ベストFurchです。
THGF2014_4.jpg

個人製作ではなく、所謂メーカーになります。
ただ、展示ギターの大半が40万以上の値段付けなのに、こちらは実売20万です。
木材をオプション選択でき、スプルースの鉄弦の鳴りが凄く気持ち良かった。

正直、個人製作者も商売としてやって行くなら、自分の値段の半額で
メーカーがこのクオリティで出しているのを考えるべきではないかと。

今回、一部の展示ブースのやる気の無さ、
”どうせ数合わせ出してるんだよ”とか、同業者同士で話している声を聞くと
少し悲しくなりました。
色々、大人の都合で参加してる方もいるのだと思います。
でも、せめて、それを外に見せないのがプロの矜持ではないかと。

ま、そういう製作者にはオーダーしないけどね。
すみません、見栄を張りました。
先立つ物がございません。こちらが門前払いされる側でした。
関連記事

 | HOME |