APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2015/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

John Patitucci Electric Guitar Quartet at Cotton Club, May 29 2015

Jazz Guitarファンなら期待で胸踊る新譜がこちらです。

Brian BladeとJohn PatitucciというWayne Shorter御用達鉄壁リズム隊に、
Adam Rogers & Steve Cardenasの2ギター

2月にCotton Clubにライブの告知以来、一日千秋の思いで御待ちしておりました。
ただ、某国営放送技研公開と重なりスケジュールが読めず、
予約ページがどんどん完売になるのをジリジリ眺めていましたが、
金曜の出張後に時間が取れることが判明し、2nd Setを観てきました。
JohnPatitucci1.jpg
John Patitucci Electric Guitar Quartet
May 29 2nd Set, at Cotton Club
John Patitucci (b), Adam Rogers (g), Steve Cardenas (g), Brian Blade (ds)

1. Evidence
2. The Watchman
3. Band Of Brothers
4. House Of Jade
5. Monk's Dream
6. Dugu Kamelemba
Encore Tesori (John Patitucci Solo)

Adam Rogersのソロがスゲェ、なんかSteve Cardenasが変なボイシングしてる、
や、相変わらずBrian Bladeのピアニシモはスピード感有るよね、
いかん、主役のJohn Patitucciもノリノリだ。
という、一体私は何処を観れば良いんでしょう状態。

MonkのEvidenceとMonk's Dream、Wayne ShorterのHouse Of Jadeといった
新譜外からの演奏が良かったです。
EvidenceはLine by Lineのアレンジかな。
ファンク系のベースラインの後に2Guitarのハーモニーが入った辺りで鳥肌です。

ギターはSteve Cardenasが良かったなぁ。
Jon Cowherdのときも思ったんだけど、ソロの入りが良いんだよね。
JohnPatitucci2.jpg
もう一人のAdam Rogersは、ソリスト的扱い。
流れるようなラインで、勿論ウヒョーっシビレますぅ、のカッコ良さなんだけど、
音が小さくて、埋もれがちなのが残念。
JohnPatitucci4.jpg

昨年、John Patitucciのアコベが飛行機持ち込みトラブルで破損した情報が流れてました。
今回のエレクトリックギター(ベースも”ベースギター”だと彼は言ってます。)企画は
その所為も有るんでしょうか。
事故は災難でしたが、このプロジェクトがパーマネント化して、
また同じメンツで、来日、そして次回作もと期待してます。
関連記事

'15 Golden Weekの日々

今年のGWは休日の繋がりが悪くて、細切れの連休でした。
遠出は無し、御茶の水の楽器街をちょっと回るくらいの地味なGW。
掘り出し物を期待したんだけど、何も無し。
円安の所為で楽器は全体的に値上がりしてるし、面白い物は無かったなぁ。

ただ、ついでに寄ったDiskUnionの中古CDが当りでした。
探していたWolfgang Muthspiel関連廃盤を安く入手できて満足。

先ずは、Muthspiel兄弟にGary Peacock & Paul Motianのリズム隊のコレ。

Freeというか、抽象的な雰囲気がメインなんだけど、彼の牧歌的ニュアンスも聴ける。

もう一つが、Marc JohnsonとPaul Motianとのトリオ

Marc JohnsonとなるとあのRealbook Storyを期待してしまうんだけど、
これは、もう少しFree成分多め。
BeatlesのBecauseのアレンジや、Nefertitiモチーフのブルースなんかもやっている。
歪みの音色が少し古めだけど、今聴いても新鮮な内容だなぁ。

因に、両CDもそうなんだけど、Igorを曲名に入れることが多いんだよね。
これ誰なのかと思ったんだけど、どうも、Igor Stravinskyらしい。

ギター練習では、先日この本を中古で買ってから、収録曲を弾いています。


5曲ほどスタンダードが収録されているのですが、
なんと、市野元彦さんがアレンジ、演奏していて凄くカッコ良いのです。
6度の効果的なハモリや、面白いコードボイシングが沢山入っていて、参考になります。

まぁ、地味なGWでしたが、それなりに楽しく過ごしました。
あ、近くのイベントパークに、カピバラさんが来たのもうれしいです。

カピバラ2カピバラ1

まだ、チビの3兄弟です。
関連記事

 | HOME |