APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2015/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

英国筋肉紳士Bare Knuckleを載せてみた。その2 Slow Hand PU

一番弾いたギターというと、20年位前に松下工房で作ったギターである。
PRSを少し小振りにしたようなシェイプで、ボーナスやらなんやらつぎ込んで作ったんだ。
本番でも使ったけど、とにかくコレでとんでもなく練習した。
かなり自由な勤務形態だったのもあって、多分毎日6、7時間位練習してた。
フレットがどんどん減るんで、5回は打ち直したと思う。
ピックが当たる部分はえぐれてしまったし、ネック裏の塗装も禿げてる。
DSCF1219.jpg

この頃はホロー系のギターしか弾かないようになって、ちょっと放置状態だった。
久し振りに弾いたら、ミドルピックアップがポールピースのサビで大きく変形してました。
弦に接触してるんで、交換するしか有りません。

でね、最初にDuncanのAPS-2を載せたんですよ。
どうも枯れすぎてて元気が無い。もっと弦に近づけようと思ったら、
ドライバーがコイルの保護テープに当たって、あっという間に断線。おシャカ。

そりゃね、泣きました。

良いんだ、どうせ気に入らなかったし。もっと元気があるヤツ探すんだ。
ということで、困った時のBare Knuckleです。
webのsoundclipから、元気目のヴィンテージ系で選んだのがSlow Handです。
BareKnuckleSH1.jpg
以前購入したP-90 TypeのHalf Noteの時と同じで、
紳士のコースター、ピック、ロトサウンドの弦付きです。

英国筋肉紳士Bare Knuckleを載せてみた。Archtop Tribute AT-130

今度は断線しないようにピックアップカバー付きで装着。
BareKnuckleSH2.jpgBareKnuckleSH3.jpg

狙い通りに元気のあるシングルコイルの音で、
Half Noteの時も感じたんだけど、強弱が付けやすいんで、弾いていて楽しい。
これでまたこのギターを復活させることが出来ます。

EMG-58のリアピックアップで歪んだ音のリードサウンド、
フロントはDimarzioのPAF Classicで、クリーントーンのソロ。
そして、ミドルとフロントのタップによるハーフトーンに加え、
ミドル単体のシングルコイルサウンドという、ホントに何でも対応できるギターです。

朝の6時まで練習して、近所の公園に散歩。
犬の散歩の爺さん達と世間話。
”ニイちゃんは朝早くてエラいなぁ”って、いや、コレから寝ます。

そんなのを2年くらい続けたでしょうか。
でも結局憶えているのは、その頃練習しながら観た、
スキーのワールドカップ中継での木村公宣さんの滑りなんだよなぁ。

関連記事

クローニングクロス トレシー工業用

ギターをメンテナンスすること自体が趣味みたいなところがあって、
パーツを交換したり、セッティングを詰めたり、それはそれで面白い。
そんなことやってると、ギターは指紋なんかの油膜だらけになって
最後はきちんとクリーニングしましょとなる訳です。

この手のクリーニンググッズって、結局自動車関係が先進業界なんだよね。
特にギターのような塗膜がある物のクリーニンググッスの元ネタは自動車ケア品だったりする。
車の最高級クロスの代表格であるキョンセームは、楽器用も売っています。

私もエリクサー弦のオマケについてきた小さなセームクロスを使っています。
宣伝文句ほど油膜除去能力が有るとは思いませんが、
逆に微量な油分補給をしてくれるのがポイント。
ローズ指板とかの塗膜が無い木肌部分のほうが向いているかもしれません。

私が20年以上ずっと愛用しているのが、東レトレシーというマイクロファイバー系クロスです。
こちらも、眼鏡拭きから楽器用まで色々なバリエーションが出ています。
ただ、私が愛用しているのは工業用のトレシーです。
仕事でDAT(というデジタルオーディオテープ規格が有ったのだよ。)の記録再生系の
開発をやっているときに、記録再生ヘッドのクリーニング用として、
工業用トレシーを使ったのが切っ掛け。

とにかく驚きのクリーニング性能、しかも研磨無し。
コレはと思い、その工業用トレシーを楽器用に流用して20年以上使っています。
中性洗剤で洗えばほぼ復活するのが嬉しい。
但し一般には売ってないんだよねと思ったら、今や楽天とかで売ってるんですね。


色々バリエーションが有りますが、このMKタイプがベスト。
10枚入りなんで、指板用とかポリッシュ塗布用とか分けて使えるのも嬉しい。
汚れたら中性洗剤で洗えば良いし。

ただ、初期のトレシーはもう少しツルッとしていて、
油膜除去能力がもっと有ったような気がします。
でもお勧めですよ。

ま、磨いてないで練習しろって。ハイ、その通りです。
関連記事

 | HOME |