APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2015/11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Apple Music 困ること

Apple Musicの気に入らない点 その1

”カタカナ表記はやめてくれ”

好きな曲を聴ける訳だが、自分のモノではない。
色んなことがApple側の仕様で供給されるんだよね。
その最たる点が、アーティスト名のカタカナ表記なんだよ。

ヤッパリね、Pat MethenyはPat Methenyであって、パットメセニーでは無いと思うんだ。
いや、まぁ、百歩譲ってそこは諦めよう。
だったら、全員カタカナ表記にすれば良いんだよ。
なぜ、カタカナと原語表記を混ぜるんだ!?

例えば、奇蹟のメンツの名盤Like Mind。

これ、Apple Musicだと、
ゲイリーバートン,チックコリア,ロイヘインズ,Dave Holland & パットメセニーだ。
デイブホランドで良いじゃないか、え、なんで彼だけ、英語表記なの?
人気無いから?いや、ロイヘインズだってジャズファン以外ならそんなには、、

しかも、同一人物がカタカナ表記に統一されている訳でもない。
Apple MusicにはGary Burtonとゲイリーバートンの二人が居るんだよ。
リストを並べ替えると、ゲイリーバートンは、かきくけこの"け"に居るんだぞ。
コレだけでもホント止めたくなる。

Apple Musicの気に入らない点 その2

”いい加減なマッチングは勘弁してくれ”

自分のリッピングした曲をApple Musicのデータで代用してくれる。
IPhoneの様な携帯デバイスはPCと同期無しで、クラウド経由で自分のライブラリが聴けるんだ。
すごく便利なんだけど、このマッチングがいい加減すぎる。

ライブラリに入れていた自分の演奏録音もマッチングしてくれました。
昔所属したビッグバンドの演奏は、なんかよく判らんレゲエの曲にマッチングしてました。
無理しないでマッチングできませんでしたにしてくれれば良いんだけど、
間違えられると、クラウド経由で聴く場合は間違えた状態から修正できないんだよね。

Appleの押しつけ的な仕様ばかりじゃなく、ユーザーの好みや修正を受け入れて欲しいんだ。
でもなぁ、無理だよね。未だにBlu-ray対応しないくらいだからなぁ。
関連記事

Apple Music その後

色々不具合と言うか不満な点は多々有るのだが、
無料期間を過ぎても、結局Apple Musicを続けている。

ちょっと聴いてみたいな程度の購入意欲レベルが全部聴けちゃうんだよね。
ただなぁ、なんというか聴き方が薄まるというか、切実さが減ると言うか。

高校生の頃のなけなしの小遣いで迷いに迷って買ったLP。
聴いたらハズレで、あー、オレの2ヶ月分の昼飯代が、、
と言ったって、聴く物はそれしか無い訳で、お金が貯まるまで
とにかく聴く。無理にでも聴く。ハズレではないと言いきかせて聴く。
いつの間にかお気に入り。なんてことも有るんだよね。


YesのClose to the Edgeが気に入ったんで、プログレ名盤シリーズで買ったんだけど、
Tarkusはよく判らなかったんだよね。でもコレ以外聴くもの無いんで聴きまくりました。
いまはあのリフを聴くだけでゾクゾクします。

Apple Musicはそういう切実さが無くて、つまみ食い的な聴き方になっちゃう。
そんな中で、ちょっと引っ掛かったのがこの人。


Morten Haxholmというデンマークのベース弾きらしい。
Jonathan KreisbergとAri Hoenigを基本にしたメンツで、オリジナルもカッコ良いし、
スタンダードのNight And DayとOut Of Nowhereが、これまたヨロシイのです。

この後、Quintessence of Dustと、Viridianの2枚出してますが、
ViridainのほうはLage Lundになっていて、Stellaや、Along Came Bettyなんか演ってる。
意外にオーソドクスで、良質なギタートリオになってます。
Apple Musicなら全部聴けます。

こういう出逢いが有るので止められない。

今日は、これを聴きました。


これ、只で聴いていんでしょうか?
(いや、只ではないんだけどさ。)
関連記事

 | HOME |