APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2015/12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

'15 今年の一枚

大晦日です。
あっという間の一年ですが、年末位はゆっくり過ごしています。
今年も音楽関係の超個人的ベストで纏めてみます。

先ずはベストライブ
今年はギタートリオを中心に観ました。
Guitar Trioを観る その1 Matthew Stevens Trio
Guitar Trioを観る その2 Wolfgang Muthspiel Trio
Guitar Trioを観る その3 Wayne Krantz Trio
Jesse Van Ruller Trio at Motion Blue Yokohama, Aug. 21 2015

Wolfgang Muthspielがやはり素晴らしかった。
とにかくガット弦の音が良くて、ガットギターを弾くジャズギタリストに有り勝ちな
ナンチャって感が皆無。
正直ギタリストとしてモノが違う。出したい音と弾ける音が完全に一致しています。
Air, Love & VitaminsのAfter 6を聴けただけでも満足です。

でも、今年のベストライブはNir Felderです。
Nir Felderは凄かった。 Nir Felder Trio at Body & Soul
久し振りに脳みそが沸騰するほど興奮しました。

ギタリストとしては消化不良感が否めなかったデビュー作の各曲が、
超絶ギターソロが挿入され、全く違う印象。
2nd Setの最後でやったSketch2は、ここ数年で一番興奮したかもしれない。
(因に一番感動したのは、2013年のMaria Schneider OrchestraのHang Gliding)
前日にやったworkshopのお茶目さも含めて、今年のベストライブです。

それではベストCDを、と思ったんですが今年は余りCDを買わなかった。
やはりApple Musicという定額サービスが大きかった。
元々、CDはすべてPCに取り込んで、PC経由、iPod経由で聴いていたので、
CD自体の所有欲をくすぐられないと、全部Apple Musicで済ませてしまいます。

そんな中所有欲的に少しずつ購入しているのが
Led ZeppelinのリマスターシリーズのDeluxe Editionです。

音圧が上がり、メリハリをつけたリマスターバージョンの既存曲盤と、
ライブやアウトテイク等を集めたボーナス盤がセットになってます。

初期CDのボーナス盤のライブは、ブートレグを持っていない僕にはかなりのお宝音源でした。
正直後期CDのボーナス盤は、ラフミックス程度のオマケになってますが、
その分、既存盤のリマスターの効果が大きいです。(House Of Holyが一番効果が大きいかな。)
Presenceまで買ったんで、後2枚。チビチビ買うのだよ。

逆に、Apple Musicで出会ったのがPetros KlampanisのMinor Dispute

ギリシャのベーシストらしいんだけど、ストリングスモノが好きではないんで、
コレまでなら絶対買わない一枚。
Gilad Hekselmanのギターも良いが、ストリングスとピアノの絡みが良いんだ。
Apple Musicを続ける決め手となった一枚でした。

それでは、今年のベスト1です。

Maria SchneiderのThompson Fieldsです。

マリア様は今回も素晴らしかった。
今年はお布施をお持ちする機会(いや、ライブのことね)が無くて残念でしたが、
文句無しのベスト1です。
所謂大編成なんだけど、どこか小さい音像、空間を表現する時が有って、
そのときにアメリカの原風景的なニュアンスが有るんだよね。

彼女はApple Musicでは聴けないのだけれど、
ミュージシャン側はApple Musicをどう思っているんだろう。
Kurt Rosenwinkelがボソッと、
"Itunes is one of the things i hate the most in this world"
ツイットしたことがあって、Appleの音楽業界への関わり方って
余りミュージシャン寄りでは無い(リスナー寄りでも無いけど)気がします。

定額サービスへの流れがこのまま主流になるのかは判りませんが、
所謂パッケージメディアは縮小して行くのでしょう。
来年は、また別の音楽体験サービス形態が有るのかもしれません。
CDのままでも良かったんじゃないかという気もしますが。

さて、今年もコレが最後の投稿です。
更新頻度も少ない自己満足ブログですが、よければ来年も覗きにきて下さい。

SN3V0021.jpg

それでは良いお年を!
関連記事

'15 今年買って良かったモノ"本"

今年は電子書籍でマンガを沢山読みました。
何と言っても、かさばらないのが良いですね。

コレを読んでから、意外にスポ根ものが好きなんだなぁということに気付きました。
何というか、単純に努力して結果が出るってヤッパリ良いことなんだ。

ただ、昔、電車の中で某強豪女子バレー部の振る舞いを観てから、
実際の女子バレーって大嫌いなんだけど。

小説で面白かったと言えば、このアンディーウィアーの"火星の人"です。

ただ昨年のベスト1SFなので、流石にコレを1位にするのはマズいか。
でも、来年映画(リドリースコット監督!)も公開されるし、
所謂火星を舞台にしたサバイバルもので、面白いことは保証するんで未読の方は是非。

それでは、今年のベスト1です。
小説ではないのですが、とにかく面白くて何度も読み返しました。


北野新太さんの透明の棋士です。

将棋担当の新聞記者である筆者が、”いささか私的すぎる取材後記”という
Webマガジン連載を単行本として出版したもの。

私は将棋というか、将棋指しの人たちが大好きなのです。
ここ数年の将棋界は、良くも悪くもコンピュータ将棋が話題の中心でした。
もはやコンピュータに負けることが当たり前になりつつある現状に翻弄されながら、
棋士としてどう将棋を指すのか。

勝負師としての狂気をちらつかせながら、一方で圧倒的に優しく、
貪欲で、才能への嫉妬。

勝ち負けの世界の住人たちは、斯くも毅然と美しいのだ。

関連記事

'15 今年買って良かったモノ "ハードウエア編"

今年ももう12月になってしまいました。
色々考えることばかりで、音楽に関してはどうも中途半端になった年でした。

電子書籍やApple Musicのような実体のない権利だけの購入に、大分抵抗が無くなってきて、
それに伴い、ハードウエア自体も物欲の対象から外れてきた感があります。

実は昨日、AppleのiPod Touchを購入しました。
iPhoneにすることも考えたのですが、試しに買った格安Simカード+Wifiルータが
それなりに使えるし、何と言ってもやはり通信料を含めてスマホは高い。
ガラ携+iPod Touch(+Wifiルータ)が僕には合っているようです。

Apple Musicでクラウド経由の音楽データ同期を期待したんですが、
データミスマッチが酷すぎるんで、音楽データ全てをコピーできる容量ということで、
128Gタイプを購入。高かったけど暫くはこれで安心です。

ギター関係で印象に残ったのは、このBare KnuckleのシングルコイルPUです。
英国筋肉紳士Bare Knuckleを載せてみた。その2 Slow Hand PU
BareKnuckleSH1.jpg

ミドルポジション(ダイレクトマウント)のサンプルを上げておきます。
ちょっとアタックがパツパツいう元気目のビンテージ系です。
Bare Knuckleに共通して、弾き手のダイナミクスを反映してくれるので弾いていて楽しいです。
BareKnucleSH.mp3

自作モノだとVovoxの切売りで作ったケーブルが面白かったです。
Vovoxケーブルを作ろう。
Vovox3.jpg
ワイドレンジで色付け無し。とにかく軽くて取り回しが楽。
勝負シールドとか書きましたが、先日無事久し振りのライブでデビューできました。
自作しても結構な金額になるんですが、特殊な構造だったり、専用プラグの考え方など
作ってて面白いケーブルでした。

で、これが今年のベスト、TC Polytune Clipです。


精度と合わせやすさが高い次元でマッチしている逸品。
チューニングが楽しくなる位素晴らしい出来です。
加速度センサによる自動回転、高輝度のLEDストロボ表示、
どれをとってもクリップ式の決定版でしょう。
ライブでジャラーン一発で確認できるポリフォニックチューニングも便利です。

どれでも同じ、大差無しと思っていたジャンルにこういう物が出てくるんだなぁと。
物欲以前に、作り手側にいる人間として印象的な商品でした。

さてさて、来年はどんな面白い製品が出てくるのか。
持っている物の買換えではなく、初めての商品化に出逢いたいものです。

物欲が沸騰するような感じってこの頃トンとご無沙汰ですなぁ。
関連記事

 | HOME |