APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/01 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Guitar Magazineを買わない あのセミナーの終了

ギターマガジンの創刊号は1980年12月号。
所謂フュージョンブームの中で、表紙は渡辺香津美さんでした。

画像が無いかAmazonを調べたら、何と19,800円!
プレミア化してるんだね。
その、創刊号からずっと連載されてるセミナーが、高橋信博さんのジャズギターセミナー
ギターを始めたばかりの高校生にはちょっと難しかったんだけど、
ジャズをやるようになってから、バックナンバーを読み返したりしてました。

正直、セミナーの内容をきちんと練習していた訳ではないのですが、
このセミナーを読むために、スキャンして手元に保存するために、
近年、ほぼ興味の対象とはズレてしまったギターマガジンを購入し続けていました。
何というか、うーん、奨学金を返却するような感覚でしょうか。
(勿論、奨学金を貰えるような腕前ではないんですけど、気分ですよ気分。)

多分、ギターマガジンの編集部自体も、もはや聖域と化していたのでしょう。
私はてっきり、未来永劫ギターマガジンが続く限り連載は終わらないのだと思っていました。

聖域なき構造改革(@小泉純一郎)が有ったのでしょう。
昨年の11月号を持って連載が終了してしまいました。
いつも通りの譜面と解説の後、唐突に
"本稿は、今回を持って終了する。”
で終わり。

これで、私もギターマガジンの購入を止めることが出来ます。
ローンの返済を終えた気分です。(ウソウソ)

少しずつセミナーを読み返しています。
様々なアイディア、考察が有るのですが、一貫してフィジカルな演奏スキルとの関連性を
基軸にしているのが特徴でした。
つまり、アイディアは実際に演奏する能力が無ければギタリストとしては意味が無い。

連載当初の記事に、Donna Leeのテーマをギターでどう弾くかを延々と考察していました。
最初の3連符のどこをアップ、ダウンピッキングにするか、どの音符をスラーにするか。
ギタリストがこの手の3連符を弾くと、最初をダウンで弾いて、
残りはハンマリング+プリングとなりがちだけど、コレだと頭ノリ過ぎちゃうんだよね。

何処にアクセントを置くかを、自分の演奏スキルによって限定されてはいけないのだ。
わざとアップピッキングから始める、自由なアクセント位置、
表から始まるフレーズをずらして、8分、16分裏からにする。
こんなストイックな練習をまとめた本が当時リットーミュージックから出ていたのです。

メカニカルトレーニング1

元々、高橋さんがヤマハ渋谷教室で使っていたテキストを纏めたもので、
所謂、アルペジオパターンとスケール例が延々と載っています。
前書きに、練習課題を飛ばすと意味が無いから、必ず順番にやることという注意書き。

最初の例だけ載せましょう。
メカニカルトレーニング2
左手は、単なるFのバレーコードです。
右手の弦跳びピッキングをこの譜例通りヤルんですけど、
各譜例毎に、
1. ダウンからスタート/アップからスタート。
2. メトロノームを3連の2,3個目 八分の2,3,4個目、16分の2,3,4個目、5連符の1,3,5個目で鳴らす
3. ダウンにアクセント、アップにアクセント、アクセント無し。
4. 可能な限りあらゆるテンポでやる。
以上の組合せをヤルという指示が有ります。

えーと、私はこの2例だけでギブアップしました。
(5連符ではメトロノームを鳴らすことすら出来ない。)
でも、この2例はとても素晴らしいパターンで、コレだけでも難しいと言われる
アルペジオピッキングを劇的に向上することができます。

何が凄いって、実はこの教則本の続編が出てたんだよね。
断言しよう。

最初の教則本の課題を終了してから、続編を買ったヤツは居ない。

最後にリットーミュージック様
高橋さんの連載の単行本化をお願いします。
それは、35年も月刊セミナーを書き続けた筆者に対する出版社としての義務です。

関連記事

3弦に巻弦を張るとき。 

新年の挨拶というには、少々遅くなってしまいました。
今年もボチボチ行きますんで、宜しくお願いいたします。

新年に某ネットショッピングサイトの買い回りイベントがあって、
ポイントアップまで後1000円でした。
なにか、買い逃してる物は無いかなぁと適当に商品検索をしていたときに、
はたと思い立って買ったのが、このナット溝専用ヤスリでした。



元々Rock系なので、所有しているギターの殆どがライトゲージ向けのソリッド。
Jazz用に太い弦を張ろうとすると、ナットの溝が狭すぎるんだよね。
ゴマカシゴマカシ張っちゃうんだけど、プレーンから巻弦になる3弦はヤッパリ厳しい。

一応メインのArchtop TributeのES330コピーモデルは、
実家近くのABE GUITARSさんにナット溝調整お願いしました。

Golden Weekの日々

当然素晴らしい出来なのですが、全部のギターリペアに出すのも大変なんで
他のギターはナット溝が合わないまま使っていました。

PRS SE ブリッジ交換 (TONEPROS AVT2M)

ホームセンターで目立てヤスリを買って、自分なりに溝調整にチャレンジしたのですが、
うまく行かず、3弦をチューニングする度に、あの忌まわしき”ピキッ”音が鳴るのです。

今回購入したヤスリは、012ゲージの3弦の太さ(0.024inch)にピッタリで、
私でも巻弦用の溝幅に修正できます。
勿論、ナットの溝切りは角度を含めプロの仕上げとは別物ですが、
ピキピキ音も無くなり、練習用のギターならコレで十分です。

趣味でギターリペアなんかをやっていると、結局工具次第なんですよね。
素人でも専用工具さえ有れば何とかなったりします。
ただ、プロの場合は修正が長持ちするようなリペアな訳で、
素人のその場凌ぎ仕事とは全然違うなぁと思うのです。

リペア関係(特にストラト)の参考本が楽天のバーゲン扱いで安くなってました。
面白かったので、興味が有ればバーゲン在庫中にどうぞ。


こんな感じの自己満足blogですが、今年も細々続けて行きますので、
よければお付き合い下さい。

関連記事

 | HOME |