APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Watermelon ManからGood Times Bad Timesに

昨日は月一でやっている秋葉原セッションの日でした。
中身は、古い友人3人集まって、スタジオでセッションし、その後呑んだくれるだけ。
メンバーはギター2人と、ドラムの変則構成です。
最初は、ギターのどちらかが、スタジオのベースを借りたりしてたんだけど、
この頃はGuitar Duoに、ドラムが好き勝手に絡んでもらうような感じでやってる。

相方のギター弾きは、大学時代からの同い年の友人なんで、
やってきた音楽の殆どが同じなんだよね。
ビートルズから、Zeppelin聴いて、フュージョンブームと、AORを通ってJazzに。

昨日も、いつものようにスタンダードから。
All The Things You Are, My Romance, I Hear A Rhapsody, Green Dolphin ,,,
そろそろスタジオの時間も終りが見えてきた頃、
相方が、Watermelon Manを演ると言い出した。
”じゃ、8っぽくで良いかな?”ってな感じで、ドラムが8ビートを叩き出して始まり。

”あんまり演ったこと無いんだよね、、”ってなんだかGSのテケテケっぽく
弾いていたら、なんだか段々アドレナリンが出てきました。
相方は繋いでいたマーシャル(それしか無いのよ)のボリュームを上げ出して、
”ちょ、お前、歪んでるって、それ、”でチョーキングガンガンの状態。
こっちも繋いでたKORGパンドラのディストーション オン!
なんか、久し振りにライトハンド奏法とか始まって、
”おらおら、エラプションだ!”
もう、訳判らん変態ブルースみたいになって、終了。

何やってんだおれらは、、と反省するかと思いきや、
相方は、歪んだマーシャルでSpainのキメを弾き出す。
ヨッシャ!!とこっちも歪んだままユニゾンですよ。
その後は、スパニッシュというよりは、出来損ないのヘビメタピロピロを
アホみたいに弾き捲り。

外に聴こえたんでしょうか、盛り上がったところに終了時間を知らせる
”止めなさい”のランプが点滅。

ケッケッ、オヤジはここでも疎外かよと、片付けを始めようとしたら、
ドラムが、

”Good Times Bad Time演りません?”

そこからアドレナリン全開のバカバンドと化しました。
いやぁカッコ良いよね。Zeppelin。


リマスター&ボーナストラック付きです。
Apple Musicでも聴けますが、オヤジは買いましょう。
しかし、どうして僕らはセッションすると最後はこうなるんだろ。

関連記事

西城秀樹だったGino Vanelli

Apple Musicザッピング中に見つけたコレばかり聴いている。

Gino Vanelliの2014年のLive盤だ。
"go back to 1980!!"のMCで始まるNightwalker。
大名盤のBrother to Brotherと、Night Walkerの選曲が続く、
所謂オッサンホイホイセットリスト。

コピーしたよね。分数コードが凄くてさ、キーボードとあーでもないこーでもないの試行錯誤。
参加ミュージシャンも凄くて、Brother to BrotherがデビューとなるCarlos Riosや、
Chick Corea E Band(実は巨人のクロマティのバンドにも居た)のMike Millerも夫々稀代の名演。
Jimmy Haslipも良いし、Vinne ColaiutaもNightwalkerがメジャーデビューか?

このライブでもツアーメンバーはみんな上手いなぁ。
ベースのDamian Erskineって、Peter Erskineの息子か?
ギターのJay Koderって知らなかったけど、スタジオ系で達者だし、
何と言ってもオリジナルのソロをなぞるところが、判ってるプロな訳だ。

実は、1991年に初来日した時、私観てます。
ただ、全然憶えていない。メンバーも曲も、、
丁度エレクトリック路線に変更した後だったので、自分の求めてる音楽ではなかった。

唯一憶えているのは、”これは、西城秀樹だ。”ということ。
コンサートというより、リサイタルだったし、ギャンランドゥな体毛。

2014年のライブもYouTubeに映像が出てるんだけど、
西城秀樹的な動きを見て頂くには、こちらがお勧めです。

泣く子も黙るAppalosseだ。
曲の終りにフューチャーされた、謎だがキレッキレッのダンスが必見。
因に、こちらもまた謎なシェイプのギターを弾いているのは、
ダリルスチューマーだ。ダ・リ・ル・ス・チュー・マー様だ。

よし、じゃ、Mike Craney様のスーパータイトドラムも行くぞ。

このドラムをコピーして、ドラムマシンに一曲丸ごとMIDIで打ち込んだことが有るぞ。

このようにして、オッサンはApple Musicに絡めとられて行くのでした。
関連記事

 | HOME |