APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ウクレレキット製作中 -11 "ネック接着”編

GWである。
ギターを弾いたり、Blogを更新したり、久し振りにのんびりだ。

以前は、色々作って遊ぶというのが休暇の定番だったんだけど、
この頃はサボり気味だなぁ。
こうやって、昔の製作記録を書いていると、自分でも良くやるなぁと思うのでした。

それでは続きです。

指板が出来たのでネックに貼付けたいところだけど、その前に楽しい装飾作業。
ウクレレキット製作中 -6 "まずは貝(隗)より始めよ”編で切り出した
インレイ用の貝がまだ残っているんで、トレードマークのバカラッシュ図案をヘッドに入れる。
uke12.jpgukulele4_5.jpg
糸鋸でチマチマ切り出して、彫刻刀でチマチマ掘る。隙間は削りかすを粉にして埋める。
以前もやっているんで、まぁなんとかそれっぽく完成。

いよいよ、ネックとボディを接着です。いやぁ、ここまで長かった。
ジョイントはタボを使って位置決め。
ukulele4_2.jpgukulele4_3.jpg

接着する際は、マスキングテープを使って、ボディとネックの中心線を合わせるのがコツ。
これを適当にやると音程が出ないし、それ以前に不格好だ。
(人間の目って、この手のシンメトリ検出って鋭いんだよね。)

ukulele4_1.jpgukulele4_4.jpg

位置が決まったら、キットに付属のゴムベルトでぐるぐる巻きにして固定。
後は、タイトボンドが乾くのを待つだけ。
ここまで来れば、終わりが見えてきます。もう少しだけお付き合い下さい。

あ、えーと、ちょっと告知です。
5/4 横須賀 無頼案酒場(ドブ板通り入口 大滝名店ビル2Fです) 19:00
古い友人との Guitar Duoを演ります。スタンダードをポロポロ弾くと思います。
近くの方はNo Chargeなんで良ければ来て下さい。

それでは、良いGWを。
関連記事

ウクレレキット製作中 -10 "指板”編

さて、ボディ側がほぼ完成したところで、次はネック側である。
ネック自体はほぼ完成品が付属しているので、実際の作業は指板を作ることがメインとなる。

指板は既にフレット溝が掘られているので、そこにフレットを打ち込んでいけば良いんだけど、
あの苦労したバインディング材が余っているので、指板にもバインディングを付けることにした。
ukulele3_1.jpg
両脇は簡単。長さを合わせてタイトボンドで貼付けた後、マスキングテープで固定。
ネックエンドは"}"型になっているんで、
左右に分けて、先のヘアーアイロンで形を整形してから貼付ける。
ボンドが乾いたところで、はみ出た部材を指板の厚みに合わせて削ればOK。
ボディのバインディングに較べれば、なんと楽なことでしょう。
完成したのがこれです。
ukulele3_2.jpgukulele3_3.jpg

さて、ここでフレットを打ち込むんだけど、バインディングを付けたんで、
フレット端はオーバーバインディング処理をしないと、バインディングが割れちゃう。
ニッパと、ヤスリを使っても良いんだけど、実は専用の工具がある。

結構高いんで、一回だけのために買うのはちょっともったいないんだけど、
そこは大人はお金で解決だから、、

で、端を処理したフレットを、プラスチックハンマーでどんどん打ち込む。
指板のRより若干キツメに曲げておき、両端を打ち込んでから真ん中を打ち込むのがコツ。
フレット交換と違い、指板単体に打ち込むんでこれも楽です。

ただ打ち込みが終了すると、指板が逆ゾリしちゃうんで、
逆方向に優しく、優しく曲げる。
無茶すると、フレット溝でパキっと割れて、あれ、板チョコ?ですかと泣くので注意。
はみ出たフレット端はヤスリで削った後、角を紙ヤスリで面取りしておく。
これをやらないと、グリッサンドしたとき手が血だらけになる。

最後にフレット擦り合せをやるんだけど、水平が出た板に紙ヤスリを貼って、
軽く頂点を削る位でOKかな。
最後にトイレットペーパーの芯に紙ヤスリを巻き付けたもので、
フレット頂点が丸くなるように整形し、最後は番手の細かい紙ヤスリで仕上げ。

これで指板は完成です。
ukulele3_4.jpgukulele3_5.jpg

さぁ、これをネックに貼ればネックも完成です。
どんどん行くのだ。
関連記事

 | HOME |