APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

この曲なんだっけ? Apple Musicの迷宮探索

Steve LukatherのセッションワークCDを見つけた。

個人的にSteve Lukatherのベストソロは、
Wilson BrothersのJust Like a Lover Knowsだと思っているのだが、
(fade out直前のGm9のアルペジオフレーズが秀逸なんだよね。)

色々ネット上で探ってみるとDon HenleyのDirty Laundryのソロの評価が高いのね。
(あれは、1st SoloのJoe Walshの方が好きだけどなぁ。)
そんな中、Tubesでのsoloを評価してる記事があった。
そういやTubesは聴いてないなぁと、早速Apple Musicで検索し
Lukather参加曲のTalk to Ya Laterを聴いてみる。

Lukatherのソロは確かにカッコ良いんだけど、
ギターリフ(AのトップノートをC#-D#-Eで動かすヤツ)が気になって仕方が無い。
”これ、どっかで聴いたことある”

曲の一部から、曲名を割り出すことの難しさは、
多分人類共通の悩みだと思う。
Apple Musicで検索かけようにも、コード進行じゃ拾ってくれないし、、

半日掛けて探しました。

ギターリフをずっと唄っていたら、
何となく思い出したのは、男性ボーカルのアメリカンロックのような気がすること。
多分、高校生の頃聴いたような、、
適当にApple Musicで回していたら更に閃く。Van Halenじゃない???

Dave Lee Rothの声を想定しながら、更にギターリフを唄うこと2時間。
歌詞を思い出しました。”Catch as catch"だ。
で、Googleさんで検索"Van Halen Catch as catch"

お見事です。Diver Down収録の"Little Guitar"のサビでした。
後は、Apple Musicで全曲聴かせて頂きました。

Eureka!! すっきりした。





ギター的には、Van Halenの圧勝のような気がする。
関連記事

東京ハンドクラフトギターフェス2016

今年も東京ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
ウクレレの製作記事の続きがありますが、ルシアーとしてはレポートすべきでしょう。
(ウクレレキット作っただけで気分だけルシアーになっているのです。許して下さい。)

初日の開始1時間もしないうちにに入場したのですが、凄い人集りでした。
これまでは殆ど全ての展示者ブースで試奏できたのですが、
今回は1/3位しか弾けませんでした。
ウクレレの展示の影響でしょうか、割と女性や高齢の方も多いのがこのフェスの特徴ですね。
ただ、一時期ギターに迫るような数だったウクレレ展示が少し減って、
その分、ソリッド系ギターの展示が増えてました。
まぁ、アンプでの試奏が出来ない状況では、ソリッド系展示は厳しい感じですけどね。

それでは今年も面白かった物を紹介してみます。
まずは、ひらみつギターのバリトンギターです。
THGF2016_1.jpg
5,6弦がベースギター弦で、サスティンも響きもギターの低音とは異次元の感覚。
残りの弦もナッシュビルチューニングのような、音程が入れ子になるようなゲージ選択。
通常の感覚では弾きこなせないんで、このギター用の曲を作ること前提のギターです。
でもこれは面白い。ベース弦の響きは本当に魅力的です。
単純に5度位下にシフトしたチューニングのバリトンギターが欲しくなりました。

次はギターとして欲しくなったもの。
Jack Spira Guitarsはこれまでもインレイの美しさで、作りの丁寧さが印象的でした。
THGF2016_3.jpg
ただ、ちょっと弾き難いというか、固い感じの演奏感だったですが
今年のギターは凄く弾きやすいギターになっていました。

去年から注目しているogino guitarsは、今年は3本展示がありました。
THGF2016_4.jpg
低音の鳴り方が独特で、大きいというより音像が広いというか、包み込む感じ。
今回色々ギターを弾きましたが、もっとも個性を感じたギターです。
弾きやすさもあり、いや、これはオーダーしてみたいアコギNo.1です。
また嘘をついてしまいました。オーダーなんか出来ません。お給料はダダ下がりです。

最後に今年のNo.1です。
THGF2016_2.jpg
Kumano Guitarsのフルアコです。
このところKumano Guitarsは同じギターを一本だけ展示して終わりという感じで、
お世辞にもこのイベントにやる気を感じなかったのですが、今回は新作が出てました。

でね、弾いたんですけど、ま、音はアンプが無いから判らんのですが、
これがとんでもなく弾きやすい。
プレイヤビリティという観点では、もう、ぶっちぎり、レベルが違う。
どんなに音が良くても、演奏者にとっては道具なんだよね。
これがちゃんと出来ているハンドメイドギターって意外に無い。
ピックガードに貼ってあるトーレックスがナントも良い手触りでした。

オーダーし、、いや、嘘です。無理なのだ。

さて、ルシアーとしてはウクレレの記事に戻るのだ。
関連記事

 | HOME |