APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2016/09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

プログレギターの魔術師

高橋さんのジャズギター関連長期連載が終了してから、Guitar Magazineの購入を止めてしまった。
1980年の12月創刊号から、2016年1月号まで多分全号購入したと思う。

まぁ、後半は惰性というか、それこそ奨学金返却的な購入動機だったような気もするが、
それでも、たまに面白い連載記事があったんだよね。
今回、楽しみしていた連載記事を纏めて単行本化したものが出る。



プログレの一癖どころか癖だらけのギタリストの奏法解説と、参加音源紹介からなる記事で、
紹介ギタリストは、連載時と同じメンバー。
◎デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)
◎ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)
◎スティーヴ・ハウ(イエス、エイジア)
◎スティーヴ・ハケット(ジェネシス、他)
◎エイドリアン・ブリュー(キング・クリムゾン、他)
◎アンドリュー・ラティマー(キャメル)
◎アラン・ホールズワース
◎アレックス・ライフソン(ラッシュ)
◎ジョン・ペトルーシ(ドリーム・シアター)

まぁ、正直、ジョンペトルーシは要らんだろ、
だったら、フィルミラーとか、ジョングッドサルとかさぁ、
いや、コラードラステッシ先生を何故入れんとかある訳だが、
もう、アンドリュー・ラティマーを入れただけで許す。

実はさらに昔の1987年のGMで、"WANTED"というマイナーギタリスト紹介連載が有ったんだ。
初回のギタリストがJan Akkermanという辺りで想像つくと思うんだけど、
各ギタリストで紹介する音源は、ほとんどが廃盤という最高の連載でした。

今だとCDというかネットの音源も有るから、
この手のマイナーギタリストの紹介記事って面白いと思うんだけどね。
WANTEDの単行本化してくれなかなぁ。
そのときは、小川銀次さんに大幅加筆をお願いします。

これも出るそうです。(えーと、多分こっちのほうが売れると思うんだけど)



バジーフェイトンの(Father)Further Noticeが載ってるから多分買う。

オッサンホイホイだよなぁ。
関連記事

実験くん Nutubeでギターを弾いてみる。

先日、Make Faireで先行販売されたKORGの新世代真空管"Nutube"ですが、
ボチボチ音を出した人たちのレビューがネットに出てくるようになりました。
私も、会場販売していたヘッドフォンアンプのキットを購入して、実際に音を聴いてみました。
Nutube2.jpgNutube3.jpg

この辺りの簡単な記事はこちらになります。

夏休みの工作 スピーカとACケーブルとNutube

ヘッドフォンアンプは、固定バイアス(正バイアス!)の12V駆動のNutube増幅回路の前後に、
FETによるソースフォロアを追加し、ラインアウトを出すタイプ。
(ヘッドフォンの駆動は、この後専用アンプICで行います。)

私にはオーディオ的な評価はできませんし、本来の興味はギターの増幅素子に使えるかなのです。
ということでヘッドフォンアンプキットにギターを突っ込んでみました。
元々は、Nutubeだけ外してブースター的なものを作るつもりだったんですが、
ピン間隔が2mmと特殊なのと、キットの回路がギターも入力できる感じだったので
まずは、そのままギターを繋いで弾いてみました。

Line6のBacktrackというループ録音機にフレーズを録音し、
それを音源にして、以下の系で録音しました。
Backtrack--> Booster --> HeadPhone Amp(Nutube) --> Pod HD

Boosterは自作でポリトーンの初段をコピーしたもの。
(基本的には色付け無しのクリーンですが、少しゲインをとって、Nutubeを歪ませます。)
BuffCheck6.jpg

何はともあれ、音を聞いてみてください。

Nutube.mp3 いつも通りヨレヨレじゃねーかとかの演奏批判は知らんぷりだ。

原音 --> Nutube(歪み小)--> Nutube(歪み中) -->Nutube(歪み大)の順です。
歪み大といっても、軽いクランチ程度です。
私にとっては、軽く歪んで艶ありになる当たりが大事なんで、歪み量はこんなもんです。
実は、L-Rをカスケード接続して2段増幅によるハードディストーションも試してみたのですが、
低域の暴れが出て、あまり良くありませんでした。
もっと歪ませるんなら、preEQ的な歪み向けの音作りが必要かもしれません。
(ま、ヘッドフォンアンプ代用じゃあねぇ。)

Audacityでスペクトルをとってみました。
orginal.jpg
原音
Tube.jpg
Nutube歪み大

判りにくいですが、2kより上の倍音相当が若干持ち上がっている感じです。

弾いた感触は、鈴鳴り的な高域の軋みがあって、ニュアンスも出るし面白かったです。
この鈴鳴りはもしかしたら、マクロフォニックノイズかも知れません。
嫌な音ではなく、逆に色付けが気持ち良いのですが、
最終的な製品の場合は、マイクロフォニックノイズ対策は結構大変かもしれませんね。

なかなか素性が良いので、やっぱりもう少しB電圧をあげて試したいところです。
Make Faireで素子単体も買っておけば良かった。

早く一般販売しないかなぁ。
どこか販売情報あれば教えてください。

久しぶりの実験くんでした。

関連記事

 | HOME |