APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Hristo Vitchev & Wever lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017

FacebookでJazz系の情報を漁っていたとき、Hristo Vitchevというギタリストを見つけた。
ブルガリア出身らしいが、自身のFacebookではexercise系の動画をアップロードしていて、
これがまた、なんというか凄かった。

今回、Weber lagoというブラジル系のピアニストとDuoで来日するということで、
マネジメントをしているAMSA Recordsがその動画を纏めてくれたのがコレ。


まぁ、今時の若手は皆とんでもなく上手いんだけど、、、
ということで、仕事を抜け出して観て参りました。

Hristo Vitchev & Wever lago at Motion Blue Yokohama, Apr. 4 2017
Hristo1.jpgHristo2.jpg

曲は二人のDuoアルバム"Heartmony"が中心だったんだけど、
Weber lagoがアレンジした荒城の月や、枯れ葉を演ってました。
どちらも大胆なリハモで、スーパーコンテポラリチューンになってました。

どうしてもPat Metheny & Lyle Maysを連想してしまうんですが、
ブラジルぽさはあまり無くてどちらかというと、
アメリカフォークソングの東欧的解釈というんですかね。
(いや、どちらも知らないんだけどさ。)
ちょっと影響を受けてしまい、先の動画で練習をしたりしています。

終了後の会場出口にAMSA Recordsの方がいて、
来場者特権として、前回来日のライブ音源の配布アドレスを貰いました。
こちらはQuartetだったのですが、これも凄くかっこ良くて、
今度はぜひQuartetで観てみたいですね。

これは、Weber lagoとの最新Duo。


こちらはQuatetで、僕はこちらの方が好きだなぁ。


しかし、世界には凄い人が沢山いますね。
関連記事

模倣されるスタイル

渋谷陽一の言葉に、
”スタイルは偉大だ、模倣できるからね。”
というのが有った。
曲自体を模倣してしまうと、パクリというか著作権的にアウトだけど、
スタイルを模倣する分にはOKなんだよね。
ジャンルというのがその最たるもので、例えばロックンロールスタイルなんて、
演者には、もう模倣という概念、意識すら無いよね。

模倣されるスタイルを個人で持ってしまう人たちも存在する。
ベースなんかだと、Jacoがそうだ。
Allan Holdsworthは、間違いなく模倣されるスタイルを持っていた。
彼らは、沢山のフォロワーといわれる模倣者を生んだわけだ。

ただ、ジャンルの場合、模倣されればされるほど盛り上がり、
商業レベルでも潤う方向なんだけど、
個人のスタイルは模倣されても、当人たちは全く経済的なメリットは無い。

遺族はAllan Holdsworthのお葬式の費用すら捻出できず、
クラウドファンディングで調達したというニュースをきいた。
何だこれは。

Jacoが亡くなったときの、Pat Methenyの談話を思い出す。

”Jacoのスタイルをつかってお金を稼いでいる演奏者は、
遺族の窮状を救うために、金を出せ。”

インターネットが無かった田舎の大学生だった私は、
彼の参加するマイナーなプログレ、ジャズロックのレコード(レコードだよ!)を
血眼になって探したんだよ。
見つけたって高くて、飯抜きで買うしか無い。
僕とってはアイドルだった。(弾けないけど)

一つだけアルバムを挙げれば、これを推す。



Hell's Bellsのソロ冒頭のアーミングフレーズは、
私にとっては、ノスタルジーとは無縁のリアルなカッコ良さで有り続けるのだ。

関連記事

 | HOME |