APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ウクレレキット製作中 -2 モールド編

しかし、急に更新頻度が上がった訳だが、
何事もモティベーションというものは大事だなと
感じるウクレレ製作者なのだ。
(既にルシアー気取りの勘違い野郎です。)

ウクレレに限らず、この手の曲げ側板系の製作の場合、
曲げの形を押さえるモールドというものが必要になる。
まぁ、コルセットみたいなものだ。
無理矢理、枠の中に押し込んで、木をその形に整形する訳だ。

今回、ウクレレ製作の手本としている35Guitarさんも、
やっぱりモールドを作っている。
(因に、もし、検索エンジン経由かなんかで、ウクレレキット製作の
参考にするためにここを見ている人が居たら、35Guitarさんへ行って下さい。
素晴らしい作品の数々と役に立つ情報が一杯です。
このBlogはどちらかというと、失敗を期待しながらウヒヒと読むのがよろしいかと。)

で、このキットモールドが要るのかというと、日米の説明書のどちらも
簡易治具で済ましているのだ。
HOSCOの方なんかは、コの字の板1枚でウエスト部を押さえるだけ。
多分、無くても作れるのだろう。ま、モールド必須じゃ敷居が高過ぎだよね。

でもね、作りたかったのですよ、モールド
だってさ、曲がり形にもルシアーな訳ですよ、わたし。
(いや、違うって、、)
そこはやっぱりモールドデビューしないといけないでしょう。

で、作りました。モールド。しかもベニヤで2枚。



いやぁ、Blogにモールドの写真が載ると、

ルシアーって感じだよねぇ、、しみじみ、、

でもね、大変でした。糸鋸で切出すときに、かなり適当に切ったので、
その後、きちんとした形までヤスリがけがキツいの何のって、、
夏に製作は向いてませんね。

この2枚を使って、側板を整形する訳です。
試しに、枠の内周と側板の長さを測ってみました。

側板 = 67.5cm
枠の内周= 68.4cm ... え、68.4cm..!!

え、これじゃ側板は完全にモールドに内接しません。
隙間が空きます、、どうする、オレ。

こういうときに、日本には特に政治関係で使われてきた秘伝があるのだ。

先送り

この問題については後で考えるとして、次の工程行ってみよう。

つづくのだ。
関連記事

ウクレレキット製作中 -3 ネックブロック編«  | HOME |  »ウクレレキット製作中 -1 準備編

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/105-a3d89b65

 | HOME |