APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

大麻と鷲とサイ vs カバ (ピック対決なのだ)

去年からほぼピックを止めて、指弾きに転向すべく練習中な訳だが、
あまり拘っている訳ではなく、例の形から入るシリーズの延長みたいなものです。
早い話、ミーハー的にウエスも荻原さんも市野さんもカッコいいし
ちょっとやってみようという感じなのだ。

ただ、ピック自体はそれほど高価では無いこともあって、
今でも、ちょこちょこ買って試したりしている。
ここ数年、多分べっ甲の代用品ということで、ウルティム系の新素材ピック
ちょっとしたブームになっているようで、これが結構弾き易い。
べっ甲は僕がギターを始めたウン十年前からもう高価だったので、
使ったことが無いのだが、ウルティムピックはちょっと爪弾きの感じに似ていると思う。
しなり方も独特で、私はかなり好みなので、この素材だけは薄いピックでも弾ける。
何というか弾いていて楽しい感じ、うーん、、弾きこなす楽しみみたいなニュアンス。



これが今メインで使っているピックたち。
左から、大麻をマークにした所謂マリファナピック。但し、好みは山本恭司モデル限定。
元祖ウルティムピックのクレイトン鷲ピック。0.8mmと1.07mm
対抗馬としてDunlopが出したほぼ同素材のサイピック。
(下は、Pat Methenyのライブでギターテックがバラまいてくれたピック。単なる自慢)

形と音の好みから、サイ君を使うことが多いかな。

ところが、ここで有望な新人が登場したのだ。

その名も、カバピックだ。



同居人の友人で、木工をやっているなかぐろやさんが作ってくれた木製ピックなのだ。
サンプルに小さめのティアドロップ型を渡して、後はお任せで出来上がったのがコレです。
同封の紙の裏に
材:カバ 蜜ろう仕上げ
との記述です。なんと、カバですよ、河馬、カバラッシュ。(いや、樺だよね。)

市販の木製ピックより薄め(2mm弱)で、蜜ろうのせいかエッジが滑らかで
弾き易い。で、音の方は、ピック特有のパチパチしたアタック音が皆無で
中域に少しピークのある感じ。
歪ませたり、ファンキーなカッティングには向かないけど、
クリーンな単音ソロは、すごく魅力的な音です。
多分、親指で少しだけ爪を当てた時の音に近いと思う。

市販の木製ピックは少し厚すぎるきらいがあるけど、これは違和感無く使えます。
耐久性や他の形。材質等色々試してみたいなぁ。

なかぐろやさん今後ともよろしく。

興味のある人は、私のリンクや、トラックバックからなかぐろやさんのブログを
訪ねてみて下さい。面白いよ。

さて、こんな貴重なピックは無くしたら大変なので、
ピックケースが必要です。私はKALDIのミント缶を使っています。



ミント缶ピックケースは色々改造のアイディアがあるので
またその時にでも。


なかぐろや 文鎮 其の三

関連記事

東京ハンドクラフトギターフェス2009«  | HOME |  »IMSTA FESTAに行ってきた

コメント

奥深いですね。

コンバンハ。新人のなかぐろやです。
カバピックはそんな音が出るんですね…いやぁ感動です。
是非色々試して、好み・耐久性等ご確認下さいませ。
今後もリクエスト、お待ちしております。

なかぐろやさん。
ピック有り難うございます。

http://guitar--parts.net/list/flatpick.html

ここに、市販の木製ピックが色々載っています。
参考まで、、
(べっ甲や、石なんかまでありますが、、)
ただ、全体的に厚いんですよ。
カバピックくらいの厚さで、耐久性があれば
かなりイケルと思うのですが、、

ギター弾きは、どんなものでも”木製”という言葉に弱いのです。
他にも木製にしたら面白いギター関連パーツが結構あるので、
また相談に乗って下さい。

そりでは

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/137-a236fa8d

 | HOME |