APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ギターシンセの帰還 (PG-300 修理編)

PG-300が届く前にネットで色々調べてみると、この機種のほとんどが
音が出ない、出てもある弦限定とか完動にはほど遠い状況のようだった。
普通のギターやエフェクタなら、まぁ何とかなるのだが、
ギターシンセだけに音源はカスタムのLSIになっているだろうし、
そこが故障してると、さすがに手が出せないなぁと思っていたのだ。

で、PG-300が到着。(先輩どうも有り難うございます。)
早速チェックしたところ、やっぱりシンセ音がでない。
ありゃ、こりゃダメかなぁと思ったら2弦だけはシンセが鳴るではないか!
プログラムの切替も大丈夫だし、トラッキングもまずまず。

となると、音源は壊れていない。

多分、各弦独立ピックアップからの出力を、周波数->電圧変換するまでで
2弦以外の系が壊れているなと判断して、内蔵されている基板を見ていった。

で、見つけたのが、ピックアップ出力から直接繋がっているアナログ系の基板です。
Gsynth3.jpg
ここは、各弦の感度調整VRやオペアンプがついているので、多分プリアンプとコンパレータ、
それとモノラル用弦選択回路と思われるCD4066がついていた。
早速外して色々見ていたら、見つけました。

オモラシしてるチップケミコンです。

Gsynth4.jpg
全ての電気機器の故障における、諸悪の根源です。

ま、取り敢えず沢山有るオモラシケミコンを交換しましょう。

一応、他の修理も含めてチップケミコンの交換を考えている人のために
幾つか注意点を挙げておきます。

1. 漏れた電解液でパターンが腐食している可能性が大なので、
 先ず回路図に落として、コンデンサが何処に、どう繋がっているか把握しておく。

2. チップ外し専用のハンダこてか、ハンダこて2本の同時加熱が基本。
 一本で無理矢理やると、確実にパターンが死ぬ。

3. できれば、加熱する人と部品を持ち上げて外す人の二人でやること。
 コテを使って部品を外そうとすると、ちょっとだけズレて解けたハンダの上に
 乗って再凝固。こうなると結構大変。

因に全て経験済みです。

なので、一週間かけて回路図取りしました。大変でした。
Gsynth6.jpg Gsynth7.jpg

やっと交換して、さぁ、チェックです。
Gsynth5.jpg Gsynth8.jpg

おー、懐かしい音が出ました。
全ての弦でシンセがなります。
結構面白いです。シンセって意外にその時代を反映しているので、
90年代の懐かしい音です。
これが、yamaha DX7系だと80年代だし、
更には、泣く子も黙る70年代メロトロンに行く訳ですな。

なんかプログレやりたくなったな。

取り敢えず Watcher Of The Skies聴こうっと。

FoxtrotFoxtrot
(1995/11/29)
ジェネシス

商品詳細を見る

関連記事

Ari Hoenigを見たいのです。«  | HOME |  »Synth, Synth, Synth!!

コメント

kumaramone様
拍手コメント有り難うございます。
取り敢えず全部、普通のケミコンや、タンタルに
交換すると多分直りますよ。
ただ、交換が大変です。
慣れた人か専用工具を持っている人に頼むのが良いのですが、、

カシオがアフターケアを放棄しているのが悪いのです。
楽器と言う、代替が効かないモノを作ったと言う
意識が希薄なのですね。電卓と同じ意識なのです。

困ったことが有ったらコメント欄に書いてくれれば
相談に乗りますよ。
良ければ今後とも覗きにきて下さい。

早速ですが・・・

バカラッシュ様:
 早速ですが、分解を始めたところすでにコンデンサがポロポロとはがれ落ちている状態でした。数えてみると11個ありましたが、そのうち10個は「10 16v」という表記でしたが、1個は「33 10u」でした。しかし、その「33 10u」がどの位置についていたのか分かりません。たいへん申し訳ありませんが、お教えいただけないでしょうか。また、代替のコンデンサの種類は、どういったものが適当なのかについても教えていただけるとありがたいです。ご面倒をおかけしてすみませんが、よろしくお願いします。 

どもども。
確認したいこともあるので、メール送りますね。
それでは。

初めまして

 初めまして。突然のコメント、失礼いたします。

 先日、PG-300のジャンク品を入手しまして、液漏れしたコンデンサの交換を考えている者なのですが、ひとつだけ「33 10u(?)」と印字されたものの容量・耐圧がわからず、不躾ながら書き込みさせていただきました。

 他のものは「○○ ●●v」と読めたのですが、これだけ「33 10『u』」と読めたので、「10uF 33v」なのか「33uF 10v」なのか不安になりまして……。もし、正しい数値を御存知でしたら教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。<(_ _)>

どもども。
33 10uというのは多分33uF 10Vだと思います。

僕が回路図に落としたアナログ系の基板には33/10uに相当する
コンデンサはなかったので、絶対では有りませんが、
デジタル系の基板で特に厳密な時定数を設定する所は
無いと思います。ということで電源のパスコンだと思いますから
余裕をみて、33uFで16vくらいのケミコンに交換しておけば
大丈夫でしょう。

もしこれが10uF/33Vだったとしても
まぁ、電源電圧が9Vだし、パスコンに使っているのなら
33uF/16Vにしても問題無いと思います。

パスコンに使っているかどうかは
回路図に落として判断するしか無いと思いますが、
ま、プラス側がVCC,マイナス側がGNDに繋がっているか
テスターで導通チェックすればいいと思います。
それでは

ありがとうございます!

 突然の質問にも関わらず丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。 

 33 10uと読めるコンデンサはボディ・エンド部分の一番大きい基板(シンセ部?)にありました。コメントを参考にテスターで調べてみます!

はじめまして

バカラッシュ様

はじめまして、いきなりのコメント申し訳ありません。

当方もPG300を所有しておりますが例にもれずシンセが不調でして、全弦反応は正常ですが出音が極小という状況です。
読み取れる範囲で電解コンデンサーの交換を試みているのですが、C40番などの「100 4A 09B」のコンデンサの定数が分からず困っております。。

素人の質問で誠に申し訳ありません、このコンデンサの数値・また極小の原因などアドバイスをいただけますと幸いです。

お忙しいところ失礼しました。

どもども。

100 4Aは100u 16V辺りで代用できます。
Aという表記はアンペアではなく
10V耐圧ということが多いのですが、4Aとなると
よく判りません。でも、まぁ電源を考えれば16vくらい耐圧が
あれは良いと思いますし、実際それで動作しています。

出音が小さいとなると、メイン基板の最終段が怪しいと思いますが
順に追って行くしかないので、コンデンサ交換だけでなく、
漏れ電解液に依るパターン腐食も確認して下さい。

どうも、安易にケミコン交換で修理できるという
考えの方が多いのですが、やはり回路に落として
回路図を追いながらリペアしないと、結局の所
難しいと思います。シンセの音が出ているということは
音源LSIなどは大丈夫ということですから
必ず直るはずなのでガンバって下さい。

丁寧なお返事誠にありがとうございます、とても助かります。
まだまだ全快にはいたっていませんがあきらめずに頑張りたく思います。

拍手コメント有り難うございます。
しかし、それにしても故障率高いですね。
カシオももう少しアフターサービス受け付けるか
せめて回路図出してくれると良いのですが。

初めまして

初めまして、maruと申します。古い記事に突然のコメント失礼いたします。

 半年ほど前にPG-380を知人から譲り受けたので、私は左利き故にレフティに改造するために色々調べながら作業をしていたところ、こちらに辿り着きました。この記事のお陰で音は出るようになったのですが、上のYOSHIさんとは違い、2弦だけ音量が小さいのです。感度調整を2弦に合わせると、ギターとのミックスをした場合に音量がとても小さくなってしまい使い物になりません。
 このような場合の改善策がわかれば御教授お願いします。

追伸: GK-3が余っていたのでGK-3のピックアップ部分を移植してみたりと色々試してみましたが、電気系に疎い私には無謀でした。結局オリジナルに落ち着きました。また、回路図は海外のサイトにありましたが、残念ながら画質が悪く文字が判別できなかったです。

>maruさん
初めまして。僕が修理したのはPG300なんでちょっと判らないのですが
2弦の感度調整VRは少しは効くんですか?

もし、管理者のみ閲覧可能のコメントに、
捨てアドでも良いので、メールアドレスを書いてくれれば
相談に乗れるかもしれません。
まぁ、現物を所有していないので、あまり期待されると何ですが、、
判読可能な回路図が有れば良いのですが。

もう、何度も書いていますが、ハッキリ言ってカシオは
楽器を作るという覚悟なしに参入したのが悪い。
何というか、代替効かない道具を作るという意味が分かってないのですよ、このメーカーは。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

追記です

管理人です。
このところ、PG300の修理についてお問い合わせ頂くことが多いのですが、
まず、回路をとったのはアナログ系の基板一枚のみです。
部品の値も、積セラのように表示がないものはとっていません。
また、実機の修理は請け負っておりません。

ご自分で修理してみようと言う方には
情報交換させて頂いておりますが、
こんな状況なので、ご返事できないことが多いことを
ご了承いただければと思います。

正直ネット上で住所を含めた個人情報を開示するのは
怖いのです。

お役に立てないことが多くて申し訳ありませんが
以上、よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お礼

先日、脱落したコンデンサの容量を教えて頂いた者です。お陰様で、うちのPG-300も息を吹き返しました! 有難うございます。私もここのコメント欄に助けらたクチなので、結果をお知らせします。
【症状】
・音はなるが感度が悪い→電源を入れてもバグる→電源が入らない
・液漏れケミコン、脱落ケミコンが多数。
【修理内容】
・「1 50v」の小さいチップケミコン以外は全て交換
  →電源OK。シンセ音、感度ともに復活。
・腐食したパターンはカッターで下地を出して半田盛り
・C78(33μF 16)→33μF 25v代用
・C40、C49 、C52 (100 4A 05U)→100μF 16v代用
・C71、C74、C75、C84、C91、C92、C103→100μF 16v
・C17、C90→10μF 16v

>くろねこさん
レポート有り難うございます。
このギターシンセの修理では、色んな人から質問のメールを頂きます。
回答できる範囲で返事を書くのですが、
最終的な結果の報告を頂くことはほとんど有りません。
まぁ、ネットなんてそんなもんだと思うのですが、
こうやって、レポート頂くと嬉しいものですね。

更新頻度も低く、単なる自己満足ブログですが、
良ければたまに覗きにきていただけると嬉しいです。

初めまして

初めまして、けいと申します。突然の質問失礼いたします。
もしお答えいただけたらとても嬉しいです。
先週から、(自分の力量を勘違いして・・)pg-300のコンデンサの全交換にチャレンジしてみたのですが、以前は1・2弦はなっていたシンセが、全てならなくなってしまいました。(自爆しました。)
確認してみたところ、アナログ段のオペアンプ2068の入口までは増幅された弦の信号がきているのですが、出口はでは無音でした。(もちろん、そのままセンシティブチェックモードにするとLー表示のまま。)
恐らく各2068にV2電圧が来ていないのだと思うのですが、どの配線がV2の根本になっているのか理解できずもう途方にくれてしまいました。
本当に勝手なお願いなので、ダメ元でお願いいたします。
アドバイスいただけないでしょうか(泣)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>けいさん

V2電圧というのが何をさしているのか判りませんが、
コンパレータの2068のバイアス電圧のことでしたら、
C40の+側が大元です。

R52とR51の並列合成抵抗で、VCCから電圧降下させて作った電圧のパスコンがC40になります。その後。R50,53.54,55を通ってGNDに落としています。

それでは、修理がんばってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/140-f17fced4

 | HOME |