APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

ヘッドホン(MDR-CD900ST)修理 その2

以前の記事”ヘッドホン(MDR-CD900ST)修理”で、
断線したケーブルを修理したことを載せたのだが、
そのとき、20cmほどケーブルが短くなってしまった。
900ST.jpg

もともとそれほど長くないケーブルなので、これは致命的だった。
ギターを弾く時に邪魔にならないよう、体の後ろからケーブルを廻して
ヘッドホンアンプに繋ぐのに長さが微妙に足りないのだ。

以前の修理でケーブルの酸化が進んでいるのを発見したし、
どうせなら使い易いステレオミニプラグに変更も兼ねて、
ケーブルを換装することにした。

最初は、3芯のマイクケーブルで適当なのを探して交換しようかと思ったのだが、
これが、意外に適当なのが見つからない。
元のケーブルと同じくらいの太さで、柔軟性があって、軽量なものという
条件にあうものがなかなか無いのだ。
しょうがないので、サウンドハウスから交換用の純正ケーブルを購入した。
これは、通常のステレオプラグが付いているので、今回のように
ミニプラグ化するにはもったいないのだがあきらめることにする。
(もし、ベストな交換用ケーブルを知っている方がいたら教えて下さい。)

ミニプラブもカナレ製のやつを一緒に注文。


早速交換作業に入る。プラグの交換は慣れている人なら簡単だと思う。



ドライバ側の作業は、少し大変。
ハウジングの中の爪を旨く使ってケーブルを止めているので、
開けた時にメモるなり、写真なり記録しておくといいと思う。
配線自体は、簡単。ハンダのノリも良いので楽勝なのだが、
イヤーハンガーの取付け穴を旨く使って、R側に配線を廻しているので、
無計画にイヤーハンガーを外すと復旧に手間取るので注意する。
できれば外さない方が良いと思うが、ハンダ付けがちょっとやりにくいかなぁ。

900ST4.jpg900ST5.jpg

何はともあれ終了です。

プロの業務用なら通常のステレオプラグのほうが使い易いと思うが、
アマチュアでいろいろな使い方をするなら絶対ステレオミニプラグの方が便利。
通常のプラグへの変換プラグも小さいしね。
(逆の”標準→ミニ”はかなり使いにくい変換プラグなのだ。)




長さも元に戻って、いやぁ快適です。ますます手放せない。
関連記事

巡り合わせ Pat MethenyとN君«  | HOME |  »Tokyo Guitar Show 2009に行ってきた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/144-c30ae86d

 | HOME |