APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

実験くん Bufferってどうなの? その5

さてさて、Bufferも今回で最後にする。
最後は、ICというかopampを使ったBufferの音をアップロードしてみる。
回路的には、普通のゲイン1の非反転増幅によるものだ。
使ったopampが2回路入りタイプなので、一個は信号系のBufferに使って、
もう一個は、抵抗分圧で作ったバイアス電圧のBufferにする。

これは、バイアスから電流を取る時には有効な回路なので、
自作で2回路入りのopampの片側が余ったら、バイアスのBufferに使うと良い。

という、相変わらず眠くなる話なので音の方に行く。

IC4558D.mp3 まずは定番中の定番。まとまる感じ。
IC4559D.mp3 4558の広帯域版、だからといって高音質という訳でもない。ちょっと薄いか?
IC072.mp3 FET入力タイプの定番。派手になる感じだけど、ギター向きではある。
IC082.mp3 072の広帯域版。なぜか薄くなるのは4559と同じ。
IC4558DTuya.mp3 プレミアがついている艶有り4桁シリアルというヤツ。
まとまっていて使い易いけど、バカみたいな金額を出して買うものではないと思うな。
IC5532.mp3 一世を風靡した、音響用opamp。個人的には一番好き。
600Ωも駆動できるので、バッファには最適なのだが、入力インピが低いのと
低増幅率で発振するので本当はこの使い方はNG。でも、やっぱり良いな。

opampバッファは、電気的にはこれまでの一石系のものに較べると
すっと上なのだが、それがそのまま良い音かと言うと、難しい。

しかし、なんで4558の艶有りパッケージの4桁シリアルがそこまで
もてはやされるんだ?絶対、艶有りという部分に惑わされている気がする。

ということで、長らく続いたバッファシリーズもこれで終わり。
色々なバッファを紹介したけど、ここまでに実験結果から、
高品位なブースターを設計中だ。いつかここで紹介できると良いな。

Booster.jpg

(試作品なのです。)

つきあって読んでくれた人がいたら、ありがとう。
関連記事

財布とカエルのお守りとピック«  | HOME |  »実験くん Bufferってどうなの? その4

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/156-00272c6d

 | HOME |