APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

実験くん Jazz屋のJC120対策

日本のギター弾きなら、アマ、プロ問わずJC120を弾いたことがない人はいないと思われ、
まぁ、その位スタジオ、ライブのお店での存在確率がすごく高いアンプなのだ。

その割にJCは嫌われていて、特に歪み系をサウンドの基本にしている人たちなんかは
蛇蝎のように嫌っているような気がする。
そこまで嫌われているならスタジオも入れなきゃ良いと思うのだが、
メンテナンスフリーだし、リーズナブルな値段の割には、音量は爆音レベルまで出せるし、
確かに不特定多数を相手に商売する側にとっては、都合のいいアンプなのかもしれない。
(ただ、高校生辺りに無茶され、ジヤックはガタガタ、スピーカはヘロヘロの満身創痍なJCも
結構多くて、それはそれなりに涙を誘うのだが、、)

通常JC対策というと、質の良い歪み系を繋いでJCのキャラを消して使うということが
一般的で、これについては、僕がよく覗いて参考にさせて頂いている
たてべさんのthe crying machineというブログの記事に詳しく載ってます。

Roland JC-120


この中の軽く掛けたRATというのは、ドライブとフィルタの設定が微妙なんだけど
うまくやると弾いていて楽しいクランチトーンで結構使いやすい。

Jazz屋はそこまでJCに嫌悪感を持っていないと思うが、
出来ればPolytoneを、Twinを!という気持ちになることも確かだ。

ということで、よくライブを見に行くジャズギタリストのぼんばさんの発案で、
”Jazz屋のJC対策会”を開催し、ご近所のギター弾きtitoさんも交えて
なんとかJCから良質なJazzToneをと、スタジオのJC120を相手に試行錯誤してみた。
ところが、しばらく遊んでいると試奏担当のぼんばさんが
"なんか妙にこのJC良い音なんですけど”と言い出した。
確かに、いつもの嫌らしい帯域の引っかかりが無い。もしやと思い裏を見ると
なんとスピーカがFender純正品に交換されていました
以前、エレボイに交換されたJCがすごく良い音だったという話を聞きましたが、
ここまでスピーカの影響が高いというのは驚きです。
結局、高価なエフェクタを用意するくらいならスピーカを交換するというのが
手っ取り早いJC対策なのかもしれません。ただ、スピーカを持ち歩く訳にも行かないし。
JCのプリアンプのキャラは健在なので、こちらへの対応と言うことで実験を続けた。
軽ーく歪ませるというのも現実的な解なのですが、今回はクリーントーンに限定してみた。

まず、JCのみでEQ設定の実験なのだ。ぼんばさんが弾いていたのは
フロントのハムを乗せたテレキャス型のホローボディです。

JCのEQ回路はFenderの伝統的なEQ回路なので、
トレブル、ベースはブーストのみ、ミドルはカットしか出来ない。
つまり周波数特性がフラットに近いのはT:0,M:10,B:0という設定なのだ。
この設定と所謂普通のT:5,M:5,B:5の比較です。
Ch1L_5_5_5.mp3
Ch1L_0_10_0.mp3
同じ設定で入力をHにしたもの。
Ch1H_5_5_5.mp3
Ch1H_0_10_0.mp3

次に、使いこなし例でよく出てくるチャンネルリンク。
CHのLにギターを繋いで、CH1のHとCH2のLを短いシールドでリンクした。
まずどちらのEQもT:5,M:5,B:5
Ch1LCH2L_5_5_5.mp3
どちらのEQもT:0,M:10,B:0
Ch1LCH2L_0_10_0.mp3
CH1がT:5,M:5,B:5でCH2がT:0,M:10,B:0
Ch1L_5_5_5Ch2H_0_10_0.mp3

次はクリーンブースタ系で色付けしてみた。
まずCH1のL入力にXoticsのRCBoosterをT:4.B:6にして繋いだ。JCのEQはT:0,M:10,B:0
Ch1L_0_10_0RC_T4B6.mp3


RCBoosterをアンプシミュレータ設定にしたKORGのPandraPX3TB(ベース用)に変更し、
JCのトレブルを若干あげたT:2,M:10,B:0設定
Ch1L_2_10_0Pandra.mp3



次に、背面のリターンに直接RCBoosterを繋いで、JCのプリアンプを使わない設定。
MainInRC_T5B7.mp3

先入観無しで聞いてみて、いろいろ感想をきかせて頂けるとうれしい。
個人的にはEQの設定は結構効く気がします。0,10,0基準の方が設定しやすいかな。
ただ、他の楽器と混ざったときに、抜ける音になるかがこの実験では判らないのが残念。

本当はかなりいろんなエフェクタを試してみたのですが、
(ZoomのPD1とかから、BEHRINGERの真空管マイクアンプ、自作PolytonePre
果てはVoxAC1のラインアウトまで、、)結局JCのプリアンプのキャラが強すぎて
あまり抜本的な解決にならない感じでしたね。

えーと、最後に、スタジオにあったFenderTwinも録音してみました。
多分スピーカは今回録音したJCと同じものだと思う。設定はT:0,M:10,B:0です。
TwinRevL_0_10_0.mp3

どうだろう?やっぱり敵わないですか?
関連記事

東京ハンドクラフトギターフェス2010«  | HOME |  »Nova Systemはお買い得だったのか? その5

コメント

おお!これは。
まさに今必要な情報ばかりでした。
個人的にはやはりFENDERTWINが一番ですね
って、実験の甲斐が無い解答ではなんですね。
JCの中ではMAININRC T5B7
ですかね。

うまく表現できないのですが、FenderのTwinは耳障りな残響感がなく、聴きやすいです。

JC-120の設定は、ベスト1というのは選べませんでした。しいて、上げれば3つです。
Ch1L_0_10_0RC_T4B6
Ch1L_2_10_0Pandra

あとは、爆音設定なので、危険とのことでしたが、MainInRC_T5B7
です。

Highは、やはり、なし、ですね。

個人的には、私はJC崇拝者(大げさ?)です。
ブルームーンにあるJC120は実は私の個人のものです。
(リバーブ壊れてるけど)
高校生の時、バンドで良くJCを使ってたので、(てか、スタジオには必ずJCがありました)耳がJCを基準になってるのかも。 JAZZをやるときのセッティングは、Hi T:2~3 T:2~3 M:5~7 B:2~3です。
私のギターや335などセミアコ系にはいい感じです。
これもセッションをやってるなかで感じとったセッテイングです。JCの好きなところはその値段と耐久性と癖のなさ・・かな。
でも・・ポリトーン欲しいな!!

音源を聴いた感想ですが、JCは何をどうやっても音が上下左右にしか広がっていないという印象です。FenderはTwin Reverbだと思いますが、こちらには奥行き感というか、厚さが感じられます。

ただ、個人的にはリンクの音は嫌いではないです。RC Boosterがありなら、最近のコンプ感の強いオーバードライブをゲイン0で掛けるとどうなのだろうと思っています。実際、僕はペダル1台でクリーンを出すならそれで対処しています。

当ランキングへの参加のお誘い

音楽系サイト・ブログランキングと申します。
にほんブログ村で、貴ブログを見つけ
当ランキングサイトへの参加のお誘いに参りました。
この書込みが不適切な場合、または、ご不快に思われた場合
削除して頂きますよう、お願い致します。

音楽系サイト・ブログランキングは、各音楽サイト・ブログからの投票を
リアルタイムに集計し、人気のサイト・ブログが一目で分かる
ランキングです。

同一IPからの無謀なクリックや宣伝目的のサイト・ブログ
INカウント用リンクタグを貼付しないサイト・ブログを削除し
良質の音楽ランキングを目指します。

サイトトップ画面左側(各ジャンルページ上部)に
イベント告知・メンバー募集などを
行って頂く為の掲示板も用意しております。
ぜひともご利用下さいませ。

末筆になりましたが、貴殿(貴団体)の音楽活動並びに
サイト・ブログ活動の益々のご発展を
心よりお祈り致します。

ありがとうございました。

皆さんコメントありがとうございます。
やはり皆さん、Twinのほうがお気に入りですね。
僕もたまにスタジオで使うと、やっぱり
これが基本かなぁと思うことがあります。
ただ、Twinを持ち運ぶのはちょっと大変ですね。
それに較べるとJCは外形が大きいのですが、
意外に軽いので割と可搬性が良いアンプだと思います。

>あゆたださん
Main inに繋いでJC120をPowered Speakerにするというのは
プリアンプさえお気に入りがあれば結構使えると思うのですが、
ただ、音量設定がシビアなんですよね。

>titoさん
結局、JCのプリアンプを使わないか、エフェクタで
色付けしてJC臭を消すかということなんですかね。

Lowに繋ぐと、JCの受けで信号が分圧され小さくなるだけでなく、
直列に入る抵抗値も増えるので高域が少しダンピングされます。
ちょうどギターのボリュームを絞った時に、音色がおとなしくなるのと
同じことが起きます。それで、少しマイルドな感じで
JC臭が弱まるということでしょうか。

>スキャットギターさん
Hi TがあるということはJC120じゃなくJC77ですかね。
77は良いアンプだと思います。回路的にも結構違いますしね。
でも、結構いろんなもの持ってますね。
ポリトーンは僕も欲しいです。何というか、
とりあえず最大公約数的なJazzToneが得られますし、、

>たてべさん
良いアンプはリバーブ無しでも余韻を感じることが多いですね。
そういう意味ではJCは平面的な鳴り方しかしない気がします。

コンプ感の強いオーバードライブですか。
やっぱり少し強い癖をもつもので色を付けるというのが
現実解ということなのでしょうか。
ただ、今回の実験でも色々繋いでみたのですが、
ナチュラルなものは、JCのキャラクタに負けて
癖の強いものは、なんと言うか音像が小さくなるというか
チープな感じになってしまった感がありました。
繋ぐものを結構選ぶのでしょうか。

-------

皆さん、ありがとうございます。
先ほどから、TwinとJCの回路を見比べているのですが、
もちろん玉と石の差はありますが、EQ等の定数を含めて
JCがそれほど突飛なものではないんですよね。
確かにEQは全体的に少しポイントが高域寄りですが、、

なぜここまでJCのキャラが強いのか、もう少し調べてみます。

すいません、今upされていた事に気が付きました(苦笑)
いつかなーって待っていたのですが、mi○iの日記のリンクが上手く行っていなかったのかもしれません。
個人的にはCh1L_0_10_0RC_T4B6.mp3が良いと思います。裏技も悪くないけどちょっと怖いですよね。
JCは0_10_0が基準になりそうです。それだけでも大収穫だと思います。
twinも良いですけど、JCもこうやって聞くと悪くないですね。まあ、JC-tuneだった訳ですが(笑)
あとは自分の腕ですかね。フィンガーノイズとコードを奇麗に押さえ切れていないのが....(汗)
どうも壮大な実験に付合って頂きありがとうございました。次回はディレイでいきましょう!

追記です。
パンドラも結構イケてますね。やっぱり前に何か繋ぐのが良いのかも。
あと、やっぱりtwinの方がなめらかな感じはしますね。う~ん。

>ぼんばさん
どもども。まさかスピーカが交換してあるというのは想定外でした。
やっぱり、何か繋げてJCの癖を消すということなのでしょうが、
RCも特にすごく癖のある回路ではないんが、繋げるといい感じですよね。
何がJC向きなのかまだつかめません。
えーと、RCはポリトーンの回路に近いです。
なので多分5-5-5だと負けますね。

爆音設定の裏技ですが、今思えば最近のJCはリターンレベルに
爆音じゃない設定ができるということを思い出しました。
使いやすいレベル設定でもう一度試してみたいです。

次はDelay大会ですか。僕は手持ちが少ないので
もう少し参加者を増やしましょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/182-836a4766

 | HOME |