APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

東京ハンドクラフトギターフェス2010

昨日の土曜日は、上大岡で用事があったついでに、錦糸町で開催されていた
東京ハンドクラフトギターフェス2010に行ってきた。

毎年楽しみにしているのだが、どうもここ数年は企業やギター製作専門学校の
参加ににより、なんか商業ベースの雰囲気が強くなった印象があった。
まぁ、それはそれで楽しいのだが、やっぱり昔のゴチャゴチャしていて
妙に熱気がある雰囲気が懐かしいなと感じるようになってきた。

東京ハンドクラフトギターフェス2009

今年も、あまり期待していなかったのだが、会場に着いて
なんかごちゃごちゃしてる!
面白そうな雰囲気が漂っていたのだ。どうも、新しい個人制作者の参加が増え、
昔の熱気が戻った感じだ。
面白いアイディアや、無茶な作りなど弾いていて楽しい。
えー午後いっぱい弾きまくりました。

その中で特に印象に残ったものを紹介してみる。

まずはLuthier S. NOBE の、ネック仕込み角可変のアコースティックギター
THGF2010-5.jpg
ネックのところについている蝶ネジで、仕込み角が変わるのだ。
エレキギターだと3点止めのストラトなんかが仕込み角の調整可能になっているが
アコギでは見たことが無い。この機構により指板と表面板が接着されていないため、
表面板の振動が阻害されず響きが豊かになるとのこと。いやーすごいね。

次はVoyager Guitarsのファンフレットギター。
THGF2010-2.jpg
ファンフレットは毎年いろんなところから出ているのだが、これはヘッドが面白い。
スロテッドヘッドみたいだけど、枠だけなのだ。
音も独特。ファンフレットはローポジションが弾きやすい。

こちらは、ファーニス工房の古典調律専用フレット形状のギター。

フレットが折れ曲がっていて、古典調律になるようにしてある。
もちろん、平均律ではないのできれいに響く調が限定される。
このギターはC,G,D,A専用とのこと。
確かに、Dのトライアドを弾くとすごくきれいな響きなのに、EbM7を弾くと
アレレって、音が濁る。ギターとしての出来も素晴らしい。

と、まぁ面白いアイディアを紹介してみたのだが、
他の工房のレベルも高くて、外れギターは皆無でした。
ただ、なんと言うか個人製作家は、必ずしも優れた弾き手ではないし、
製作家にフィードバックできるプレーヤに出会えるとも限らない。
そういう意味で、全体的に弾き手に何らかのストレスを与えるギターが多い気がした。
弾きにくい訳ではないのだが、1ステージ弾いたらかなり疲れそうな感じ。

何なんだろうね、テンションが強いというか、指に応えるんだよね。

そんな中、今回のベストは、モーリスのビルダーだった
Yokoyama Guitarsの2台のギター。

THGF2010-3.jpg THGF2010-4.jpg

同じようなデザインで、素材が違うらしい。
テンションが弱い訳でもないのに、あまりストレスを感じない。
この辺りはモーリスで沢山の優れた弾き手と関わった産物かなぁ。
左は繊細で、右は無骨は感じ。
展示会のようなうるさい環境だと右のほうが良いかな。
ただ、お高いです。(左90万弱、右50万弱)
無理です。目の毒です。

今年は、色々なブースがあって面白かった。
やっぱりゴチャゴチャした展示会は楽しいなぁ。
来年も行こっと。
関連記事

Nova Systemはお買い得だったのか? その6«  | HOME |  »実験くん Jazz屋のJC120対策

コメント

Voyager Guitarsのそれは見た目がいいですよね^^
怖くて触れませんでしたが^^;
あとはクレオバンブーさんの竹でできてるアコギも
かなりツボでした。
ESPにおいてあったPRS風ウクレレもツボでした。
楽しかったです^^

>takaRさん
多分、どこかですれ違ってますね。
お会いできると良かったのですが、、

この頃はウクレレの展示が多くなってきましたね。
昔は、フラットトップ70%、アーチドトップ30%位の比率だったのが、
アーチドトップが姿を消して、その分ウクレレになった感じでしょうか。
個人的には、アーチドトップの制作者がもっと増えるとうれしいなぁ。
まぁ、フラットトップの良いギターも欲しいのですが、
いやー、さすがに手が出ない値段ばかりでした。

 はじめまして、ファーニス工房の出典ギター(うねうねフレットG)の音律設計をした者です。
(昔の記事へのコメントですみませんです。)
 この音律は、「クラシックG曲で良く使われる「ホ長調」でも美しく響く音律」というテーマで設計しましたので、ホ長調でも弾けますよ~。それにしても貴殿は凄く鋭敏な耳をお持ちですね! この音律の一番悪い響きの部分を見事に言い当てられた、流石です。この音律のE♭-B♭の5度は、純正より4セント広くなっており、最も響きが悪くなる部分です。ホ長調の響きを美しくすべく♯側の5度を狭くしたシワ寄せがここに来ているのです。このギター、先日の弦楽器フェア2010でも出典され私のブログで記事にしましたので、宜しければ遊びに来ていただければ嬉しいです。

>kotenさん
どもども。コメント有り難うございました。
ハンドクラフトギターフェスは毎年観に行って楽しんでいます。
私はジャズを弾いているので、古典調律はよくわからないのですが、
ファーニス工房さんのギターの指定された調の響きは印象的でした。

ギターを始めた頃、Eのコードを鳴らしながら耳だけで調律してから
チューニングメーターで確認するとずれていて、
なぜ響きがいいのに、メーターとずれているんだろうと不思議でした。
今思えば純正律ということなのでしょう。

ギターという楽器は、構造上、2次元のフレット位置を
3次元で実現することに起因する誤差を持っているので
この辺りの難しさも有るのでしょうね。

また、よければ覗きにきてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/183-847cf6dd

 | HOME |