APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Nova Systemはお買い得だったのか? その8

ずっと続けているこのシリーズも、かなりマンネリ気味なのだが、
ま、殆ど回顧録的な日記のつもりで書くことにする。

今回はModulationブロックについてだ。
TCの空間系は定評の有るところだし、実際Nova SystemModulation Blockも
リッチなんだけど嫌らしくない高品位なエフェクトなのは確かだと思う。
ただ、個人的にはModulationというかコーラスエフェクトが嫌いなので
殆ど使わない。なんで嫌いなったかというと、随分昔に軽井沢で行われた
"Steve Lukather & Carlos Santana & Jeff Beck"という、なんだかよく判らん
組合せのLiveがあって、この時のLukatherの音が酷かったのだ。
かなり歪んだ音にReverbやDelayを掛けた後に、コーラスで変調をかけた感じで、
とにかく変調感がキツくて何弾いてるんだかさっぱり判らない。

”あのジュルジュルした音何とかならんのか?”
皆そう思っていたと思う。
まぁ、共演した二人がJeff BeckとSantanaという生っぽい音の典型みたいな人だったので
Lukatherの人工的な音が目立ちすぎたという要因も有ったと思うが、、



ということでコーラスは好きではないのだが、Nova Systemコーラス
結構良いと思う。どうもNova SystemModulationの変化カーブが正弦波ではなく
多層化されているようで、メインのうねりの他に細かいうねりがあるため、
あまり変調感がキツくない。
ただ、フランジャーのJet Machine的な効果が欲しいときには
正弦波の方が良いので、本当はカーブを選択できるようにして欲しかった。

コーラスフランジャーの設定のキモは、Delayというパラメータ。
(MXRはmanualと呼んでいたパラメータだ。)
もともとショートディレイのDelay Timeを周期的に変動させたのが、
コーラスでありフランジャーなので、そのDelay Timeの中心値となる。

実際の音は、Delayを大きくすると掛かる帯域が低域になる感じだ。
あまり値を大きくすると、コーラスというよりビブラートになるので
ま、30msぐらいまでにしておく。
逆に、倍音成分にだけ掛けるなら数ms位がよろしい。

個人的には、Delayを20msくらいにしてSpead,Depth共に小さめして
少しだけFeedbackを戻したうねりのあるショートディレイか、
Delayを1msくらいにして、Speed遅め。Depth大きめで
逆相Feedbackを派手に掛けたJet Machine効果が好きです。
(どちらもフランジャーです。)

一つ注意点は、歪みモノとの順番。
通常のセオリーは、歪みモノ->Modulationという順番だ。
これだとノイズという点からも有利だし、Modulationの掛かりがはっきりする。
ただ、昔はアンプにセンドリターンなんか無かったので、
逆の順番(Modulation->歪みモノ)で弾いているサウンドも多い。
この順番でしか出せない音も有る。

たとえば僕が一番好きなフランジャーのサンプルである
Van Halenの"Ain't Talkin' bout Love"のイントロのピッキングハーモニクスにだけ
jet machine設定のフランジャーを掛けるというヤツはこの順番でないとダメ。



しかし、めちゃくちゃカッコいいな。
やっぱ、このバンドはスーパーおバカ大将のデイヴが良いよなぁ。
ジャンプしてミラーボールに直撃して鼻骨折とか、隠し子保険に入ったとか、
Panamaのプロモの新体操リボンとか、、

うーん、なんかエフェクトとかどうでも良くなってきたので、
今回はこいつらの馬鹿馬鹿しくてカッコいいライブ映像を貼って終わりにする。



この一部にだけフランジャーを掛けるというのは、コロンブスの卵的な発明だった。
ヤツのMXRのフランジャーはこのためにフットスイッチをモメンタリタイプにしている。
Nova Systemのスイッチは放したところでオンなので、これをコピーするのは難しいのだ。

と、一応形だけ話をNova Systemに戻してみた。

関連記事
Nova Systemはお買い得だったのか? その10
Nova Systemはお買い得だったのか? その9
Nova Systemはお買い得だったのか? その7
Nova Systemはお買い得だったのか? その6
Nova Systemはお買い得だったのか? その5
Nova Systemはお買い得だったのか? その4
Nova Systemはお買い得だったのか? その3
Nova Systemはお買い得だったのか? その2
Nova Systemはお買い得だったのか?

関連記事

物欲は止まらじ 小型ギターアンプ その2«  | HOME |  »ウクレレキット製作中 -7 "バーフリング”編

コメント

待ってました~!!
Nova Systemのレビューとしてもさることながら、
エフェクターに関してのウラ話が毎度楽しいです
Ain't talkin'~のリフでそんな細かいテクが使われてたなんて、
まったく想像すらしたことがなかったです
自分はサミー時代からvan halen知った(BalanceアルバムやHumans beingあたりの
深刻な路線が一番好きでした)すが、
デイブ時代のこの奔放なエネルギーはなかなか比べうるものがないですねー
岩石のように安定しているマイケルアンソニーとか…

動画見ましたがルカサーの音は確かに魅力的とは言いがたい何ともアレな音色ですね…
サンタナがコルトレーンの「ブルースマイナー」(アフリカブラスに入ってるやつ)ぽいフレーズを弾いてるのが印象的でした

>めしさん
僕はやっぱりVan Halenは1stです。
フランジャーの使い方が凄く上手だと思うのですが、
実際には全体的にフェイザーを薄ーく掛けてますね。
この音がまたたまらん訳です。

僕はAfricaBrassは聴いたことなかったんで
BluesMinor知らなかったです。
サンタナはコルトレーンファンだからなんでしょうが
確かに聴くとまんま弾いてますね。

だんだんネタ切れ気味ですが次はどうしようかなぁ。

はじめまして

はじめまして。昨日nova systemを入手。ネットで情報探しているうちにこのブログを見つけました。8まで全部読みました。世代が近いので大変興味深く拝見しました。僕はジェイグレイドンのような音をだしたくてこれを購入。今いろいろいじっているところです。ではまた。

>wanさん
コメント有り難うございます。
Nova Systemのレビューは大分ネタ切れ気味ですが
読んでくれる人がいると嬉しいです。

ジェイグレイドンといえばやっぱりAirPlayですかね。
個人的にはSteely DanのPegが一番好きです。
80年代のAORの音はショートディレイによる
ダブリングがキモのような気がします。
私は、フランジャーで少しうねりのあるショートディレイを
作って掛けてましたね。

また、良ければ覗いてみてください。
今後ともよろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/195-f54653c4

 | HOME |