APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/06 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

iRigを作ってみた。その4 自作するということ

昨年末にLine6から出たMobile inは、iPhone/iPadの楽器入力デバイスの決定版だと思う。

iRigのようなiPhoneのマイク入力を利用するものではなく、USB系でインターフェイスする。
なんといっても24bit/48kHzでデジタルI/Fなのが凄い。
これまでもデジタル系の音声I/Fはあったんだけど、24bit/48kHzというスペックは達成されていない。
Line6ってドライバ作るの上手いんだなぁ。正直、メーカーの本気を感じる。こりゃかないません。

実はiRigモドキも色々地味に実験を続けていたんだけど、いろいろ自作の意味を考えちゃうんだよね。
結局、マイク入力に重畳されてる電圧を使って回路を駆動するのは、ダイナミックレンジ的には無理がある。
駆動電圧が足りなくて直ぐ歪んでしまうんだ。

基本的に、この回路で十分なはずなんで、これを元に定数をいじってみた。
iRig-Simple-schema.jpg

なるべくゲインを低くして、歪みを押さえたいので、R2を大きくしたい。
ところが、iPhone側がマイク入力に接続された機器を認識するには、ある程度電流を流さないとダメらしい。
どうも、R2は10kあたりで認識しなくなる。安定して認識するには1kくらいが良い。
ただ、1kではゲインが高過ぎて歪みっぱなし。参っちゃうね。

じゃ、本家はどうしているかというと、最初にガツンと1/10位に減衰させちゃう。
それから、それなりのゲイン(R2=1k相当)で増幅するんで、歪まないし認識は安定する。

ただ、これS/Nは酷いし、ゲインが大きいんでハウリングも起き易い。
iRigはソフト的にノイズゲートやアンチフィードバック処理して逃げてるけど、
あんまり音良くないんだよね、この処理。

ということで、僕のiRigモドキはR2=4.7kにしてます。
これだと、ギリギリ認識するし、ゲインは1以下になると思う。
ただ、ギター側のボリュームが10だと歪んでしまうので、5くらいで使用する。
これで、S/N,耐ハウリング特性も本家より良くなる。
少なくとも無茶な歪ませ方をしない限り、ノイズゲートもアンチフィードバックもいらない。

商品として売るなら、どんなギター、設定でもある程度まともに使えないといけないんで、
IK Multimediaの設計ポリシーは正しい。
逆に自作するなら、自分の使用状況に応じて設計すれば良い。
なんか、今の自作の人ってこういうことしないよね。
何でもコピー、ネットで回路探して、そのままコピー。
まぁ、よろしいんですけど。

今度は電池で普通に駆動するタイプのものをつくることにします。
関連記事

Nova Systemはお買い得だったのか? その12«  | HOME |  »Mick Goodrick 超絶悶絶 Voicing

コメント

まじで尊敬!
設計できない私としては本当にうらやますぃ。
本当に弟子入りしたいっすよ(笑)

>takaRさん
どもども。設計なんて大げさなことじゃないんですけどね。
せっかくの自作だから、自分の使いやすいようにすることが
利点だと思うんですよ。

何はともあれ、今年も宜しくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/241-95560fdc

 | HOME |