APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Jerry Bergonzi ストイックな教則本シリーズ

ずっと続けていたBeBop Scaleの基礎練習が一応終わった。
これは、Jerry Bergonziの"Inside improvization / Jazz Line"という本の
第一章(!)にある練習課題が終わったという意味です。
この本は、通常7音からなるスケールに一音加えることで、
コードトーンが全て強拍になるようにした、
所謂”Bebop Scale"の習得を目標とするもの。

当然、スケールの開始音を工夫して、
丁度コードトーンが強拍になるように意識しないと意味が無くなる訳で、
そのため、スケール練習も、root,3rd,5th,6th(7th)の各構成音から
練習課題があり、練習を開始してからもう半年くらいになるのに
まだ最初の練習課題が終わっただけ。道は長いなぁ。

ただ、これで良いソロが弾けるようになるとは思ってなくて
半分指馴しと、コードトーンの指板上の把握ができればなぁという
程度に考えている。
一つシステマチックな練習課題を持っていると、
自分のスキルの確認がしやすいし、
この練習をしながら、別の課題が見つかったりするので、結構おすすめです。

下に紹介するのはこのシリーズの第一弾。
これは、スケールから抽出した4音からなるストラクチャーを
モチーフにして演奏する手法を学ぶもの。
私はこれを約1年かけてやりました。
これは、DVDが付いて視覚的な要素が増えた新版だか、
まぁ無くても良いような気がする。(私、ギターだし、、)

DVD/日本語字幕入り ジェリー・バーガンジィ/インサイド・インプロヴィゼイション・シリーズ Vol.1 メロディック・ストラクチャー DVD/日本語字幕入り ジェリー・バーガンジィ/インサイド・インプロヴィゼイション・シリーズ Vol.1 メロディック・ストラクチャー
Jerry Bergonzi (2006/03/20)
エー・ティー・エヌ
この商品の詳細を見る

関連記事

セッションの憂鬱«  | HOME |  »ギター演奏法の原理

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/28-fa57fb9e

 | HOME |