APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Mike Morenoをカモメで観た。

最新盤のAnother Wayが凄く良くて、来日したら是非観たいと思っていたMIke Moreno

Another WayAnother Way
(2012/03/06)
Mike Moreno

商品詳細を見る


これまでもサイドミュージシャンとしては来日しているようですが、
今回は自分名義のグループでの来日。一番近い横浜関内のKamomeに速攻予約を入れました。
MikeMoreno1.jpgMikeMoreno2.jpg

今回のメンバーは、元々Gregory HutchinsonからAri Hoenigに変更されて、
Mike Moreno (g)
Jon Cowherd (p)
Matt Brewer (b)
Ari Hoenig(dr)
以上、4人。個人的にはいつものAaron Parksに変わってのJon Cowherdが嬉しい。
Jon Cowherd好きなんだよね。Brian BladeのFellowshipもこの人がいればこそだと思うし。

どの位お客が入るのかサッパリ読めないので、当日予約の友人と開場一時間前のKamomeを視察。
特に待ち行列は無し。それじゃということで、恒例のライブ前呑みで時間調整。
開場近くに行くと、20人くらい並んでました。
Kamomeは外からステージが覗けるんで、リハ中のバンドが見えます。音もダダ漏れ。
否が応でも盛り上がって参ります。
入場すると、予約順に席が割り振られていました。左端ですが最前列です。

おかげさまで指使いまで堪能させて頂きました。
セットリストはこんな感じ

1st Set
1. The Mariner
2. The Fifth Element
3. Airegin
4. By Myself
5. Gondola(?)

2nd Set
1. The Spinning Wheel
2. New Song(?)
3. Isotope
4. A Time For Love
5. Another Way

encore New Song(?)

最新盤Another Wayからがメインですが、それ以外からもバランスの良い選曲。
AireginやIsotopeは、何というか変態リズムアレンジで、良くこんなのライブで演るなぁ。
正直、結構ヤバかった思うのですが、、
それでも、Ari Hoenigは相変わらずのノリノリでぶっ飛ばしで大ウケ。

Jon Cowherdはホントに良かった。ツボを押さえたバッキングに、リリカルなソロ。
Aaronよりずっと良いと思うんだけどなぁ。

さてさて、メインのMikeさん。
機材はいつものマルキオーネと、ライブに来ていたマルキオーネユーザーから
かりたマルキオーネで、超豪華マルキオーネ2本。
どちらも良い音でした。借りたほうのマルキオーネはどちらかと言うと
オーセンティックなジャズ向きのトーンで、本人の方はコンテポラリ系向きな印象。
一度で良いからオーダーしたいものですが、何せ高級車並みの値段じゃねぇ、、

どうもチューニングが安定しないようでずっとペグを弄ってましたね。
張りたてだったのかなぁ。一応チューナーが繋がっていて、表示が見えたんだけど、
何というか、まだ合ってないところでチューナ切っちゃうんだよね。
その後、実音を出して、響きで微調整するんだね。
ペグを回すにつれて、スッと響きが落ち着く当たりは、流石に耳が良いんだね。

足下は、ケンタウルスのODと、StrymonのBlueSkyリバーブと、ElCapistan エコーがメイン。
エコーよりもリバーブのON/OFFをこまめにやってました。

実際の演奏は、なんというかカッ跳び系のウヒャーっていうフレーズ満載です。
こんな感じ。デミニッシュアルペジオの後は所謂コンディミフレーズ。


こんなコピーしたくなるような美味しいフレーズばかりです。

ナイーブそうな彼でしたが、Aireginを演った後に、ぽつりと、
”そういえば、近くにエアジン(関内のジャズライブハウス)有ったね。”
言ってウケてました。面白い人なのかな。

バンドとしてもとても良かったし、また直ぐ戻ってくるよーとも言っていたので楽しみです。
(9月のKendrick ScottのOracleでの来日のことかな?)

因に、このライブの後メンバー全員でドルフィーに流れて、
グレースマーヤさんのライブに飛び入りして、吉田サトシさんと2ギターだったらしい。

なんとまぁ、観たかったです。
関連記事

多機能じゃない良さ 譜面ソフト Clover Chord Systems«  | HOME |  »東京ハンドクラフトギターフェス2013

コメント

こんにちは。
マイク行かれたんですね!羨ましい!
同じ日に行かれた、ブログ仲間の人に、機材の写真を見せて頂いたんですが、歪系を、2台使ってたみたいですね、(ケンタウルスと多分ランドグラフ)
多分どちらかは、クリーンブースターとして使ってたと思うんですが、どうでしたか?
後、アンプは何でしたか?
もしわかれば教えて下さい。

ビットインとBody&Soulを見に行きました(北海道からw)
セットリストはさすがにツアー後半戦だから変えてきてますね。

aireginとisotopeは初日二日目ともにキレてました。
SpiningWheelが個人的に好きな演奏でしたね。それにしても丸木二本立てとはなんとも豪華な・・・・
mikeさん、三角形ピックで弾いてるんですよね。ランドグラフもケンタウルスもゲイン9時ぐらいにしてかけっぱなしでした。

ケンドリックスコットでのバンドも見に行きたいですが北海道からだとなんとも行きにくいですねぇ・・・・

>ガーシャさん
Tangoさんの書き込みにも有りましたが、ランドグラフもケンタウルスも掛けっ放しでしたね。
歪んでいる印象はないので、OD特有の軽い圧縮感だけ付加するような感じでしょうか。
アンプは、Peaveyのclassic50とpolytoneでした。
polytoneはもしかしたらMatt Brewerが使っていたのかもしれません。

>Tangoさん
前半のセットリストはどんなだったのでしょう?
KamomeではAireginもisotopeもキメは結構ヘロヘロで、
ヤバ感満載でしたが、、

Oracleは楽しみですね。

二台とも掛けっぱなしとは!
どう云う使い方何ですかね。面白い!
アンプはレンタルでしょうね。

いつもうらやましい! 
ライブ情報ありがとうございます。
つい、アマゾンでMP3ダウンロードでmike moreno [another way]買ってしまいました。

>ガーシャさん
Peaveyは意外でしたが、結構良い音でした。
安価なTube ampとしては狙い目かもしれませんね。

>ayutadaさん
アルバムとしての出来はAnother Wayが一番だと思うのですが、
過去盤はスタンダードの面白い解釈が多いので、こちらもオススメです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/282-16f2ee8d

 | HOME |