APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Landauさんは良い人でした。Tokyo Guitar Show 2013

世間一般(でもないか)では、TGSといえばTokyo Game Showらしい。
Gameも良いんだけど、こちとらやっぱGといえばGuitarな訳だ。

ということで、今年も行ってきました。
Tokyo Guitar Show 2013
今年も会場はベルサール渋谷ガーデン。駅から遠いんだよね。
若干ヘロりながらも到着。
先ずタイムスケジュールを確認すると、Fender主催Michael Landauのライブの整理券配布時間。
Michael Landauカッコいいよね。Maxus聴いて以来好きなんだよね、って1981年だぞ。
MaxusってCD化されてるのか?と調べてみる。おー、リマスターで出てんだ。

デビュー!!(SHM-CD紙ジャケット仕様)デビュー!!(SHM-CD紙ジャケット仕様)
(2010/07/21)
マクサス

商品詳細を見る

すげぇ並んでるけど、抽選らしいから今からでも並んでみるかと。
250人限定に大体500人以上並んでたかなぁ。そんなに人気あるのか?
で、当たりました。248番の入場券。入れるだけマシか。
でね、会場に入る時点で、1時間半は消費したでしょうか。
実際に会場に入ると、普通の展示会場をテープで仕切っただけ。
おい、外れた奴らも普通に観られるじゃねーか?当選組との差は1m位です。
一時間半、立ちっぱで費やしてこれかよと、泣いていたら
マイケルさん登場。みんな写真、ビデオ録りまくり。
TGS2013_1.jpg TGS2013_2.jpg
内容は彼のFender signature modelの発表がメイン。
演奏は、短い曲を3曲。色気たっぷりの演奏でカッコ良かったのですが、
正直、フェンダー社員のトークショーでした。
TGS2013_3.jpg
演奏機材はこんな感じで、写真の2本のラージヘッドと、フェスタレッドのスモールヘッド
以上3種類のモデルが出るそうです。
最後にコメントを求められて、思い出したように付け加えた一言、
"Tube Amp使えよ!”
が、印象的でした。
この後、会場内に現れて、群がるファンに律儀にサイン、写真に付き合っていました。
ニコニコしてて、楽しそうでした。人気の旦那を自慢げに見つめる奥さん(?)もいました。

この後、展示会場でギターを観たのですが、とにかく今年は人が多い。
もう歩けない位に人だらけで、正直、試奏とか楽しめる環境では有りません。
ま、どうせ手のでない価格帯なんで良いんですけど。
TGS2013_4.jpg TGS2013_6.jpg
マルキオーネ3本揃い踏みとか、この頃雑誌記事とかで見かけるMELO GUITARが出てました。
どうせ、価格が"ask"とかなんで関係ないです。
(いやぁ、TGSの記事書くと、"どうせ"が多いなぁ。)

そんなかで、なんと全てが5万以下という、すてきなラインナップのLag Guitars。
TGS2013_7.jpg
試奏してみると、高音弦がビビってシタールみたいな音になってましたが、
とても弾き易いギターでした。ちゃんと調整した当たりを弾けばお買い得かもしれません。
というか、展示会なんだからちゃんと調整しておけよ -> KORG

個人的に良かったのはFUJIGENのCasinoっぽいモデル。
TGS2013_8.jpg
ギターというより、Kent ArmstrongのP-90が良い感じ。これ付けてみようかなと思いました。

今回は、ノベルティはピックぐらい。
それより、恒例のPlayerの古いバックナンバー販売で、ずっと探していた1980年の
北島健二さんのRoom335セミナーの全号が揃ったのが嬉しいです。3年越しの快挙です。

後、シンコーミュージックでハルさんの新作教則本が出てました。
CD付きで、Jazz Guitar Bookのセミナー纏め第2弾ということですね。

予約が始まっているようです。

JAZZ GUITAR CONCEPT(CD付) (jazz guitar book Presents)JAZZ GUITAR CONCEPT(CD付) (jazz guitar book Presents)
(2013/07/01)
高内 春彦

商品詳細を見る


なんだか、妙に盛り上がっていた今年のTGSでした。

Rolandの新ギターアンプ発表展示会は、いつものヘッドホン試奏でした。

現場からは以上です。

関連記事

付録のスピーカーケーブルはどうなのよ。"KEF LS50を鳴らすのだ"«  | HOME |  »多機能じゃない良さ 譜面ソフト Clover Chord Systems

コメント

Michael Landauは僕らの間でも大人気です。ただ、ただただ、ひょっとして盲信じゃない?って人も少なくありません。Scott HendersonかSteve Lukatherあたりの繋がりで……とか。あんまり大きな声では言えませんが。ちなみに僕は好きです。持ってるCDがBlues寄りばかりですが、ダイナミクスの付け方が特に好きです。
Rolandはギターアンプをヘッドホンで試奏させるのなら、いっそのこといい感じのホールのインパルス応答を畳み込むような機能を付けたらいいと思うんです。

マルキオーネって僕は買ったことないんですが、高いんですか?

おお!マイケルランドウ見たんですね!
いいなぁ!
シグネチャーモデルもかっこよさそうですね。
マクサス、久々に聴いてみよう!
ところで、マルキは試奏したんですか?

生Landauいいですね。Tubeamp使えって・・・ランドウ様が言うなら妙に説得力がありますねぇw 
TubeAmpは使いたいけど重くて持ち歩けないんですよねぇ・・・・ZTのランチボックスばっかり使っちゃいます。音量十分だしフェンダーチャンプっぽい音でるし。
丸木はマホガニーネックスルー×2とSTですか?欲しいと思いつつも気を使いすぎてしまいそうでなんとも悩ましいギターです・・・・

>たてべさん
LAスタジオ系のギタリストにしては、珍しくある種のヤバさを持っている気がしますね。
個人的にはジョニミッチェル関係のセッションワークが好きです。
意外に人気があるんですね。並んでる人数をみてビックリしました。

ヘッドフォン試奏をさせるなら、本気のヘッドフォンアンプを出してほしいですね。
あ、マルキオーネは高いしリペアも大変です。

>ガーシャさん
シグネーチャーモデルは完全極秘で進んでいたらしく、
日本が初公開に選ばれたということで、スタッフは喜んでましたね。
丸木は一昨年の TGSで弾きましたが、お店の”帰れ貧乏人”光線に負けました。
音は異次元でした。

>Tangoさん
日本人には、チューブでガンガン鳴らせる環境はねぇんだよと
突っ込みたくもなりますが、まぁ、この辺りがあちらの人と
越えられない壁なのかも知れません。

私にとって丸木はもう観て楽しむものになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/283-2227f312

 | HOME |