APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

実験くん Oyaideの短尺セールは楽しいのです。

月1くらいのペースで、秋葉原でセッションというか呑み会をするんだけど、
その前にオヤイデ電気を覗くのが恒例なんだ。
オヤイデ電気っていうのは電線専門のお店で、
ケーブル自作派には有名なんだけど、結構高いんだよね。
同じものなら向かいのラジオデパートのトモカ電気のほうが安い。
じゃ、なんで覗くかと言うと、店頭に短尺、端切れケーブルの安売りコーナーがあるから。

オヤイデで扱っている色んなケーブルの端材が置いてあるんだけど、
オヤイデブランドのギター用ケーブルがあるときは小忠実に回収って、買うんだけどさ。
そんなこんなで、それで作ったケーブルがかなり貯まりました。

オヤイデは、同じケーブルでも芯線や絶縁体の素材違いのバリエーションがあるんだ。
そういうのを纏めて比較したら面白いかなと思い、
久し振りの実験くんをやってみようというのが今回の趣旨です。

録音環境は、
Archtop Tribute AT-130(P-90 フロント) -> 試奏ケーブル(3.5m位) -> TASCAM GT-R1
で、アンプシミュレータ等一切無しのノーエフェクト。
PC上でトリミングした後にMP3に圧縮。まぁ、web上なんで泣く泣く圧縮。
比較という意味ではそれほど影響は無いと思う。
えーと、その、演奏がよれているとかの批判は勘弁してくれ。

因に、各オヤイデケーブルの説明はオヤイデのONLINE SHOPにあります。
ギターシールドケーブル音質の違い(改訂版)

それじゃ、現行のケーブルから
Force77.mp3
gspot.mp3
QAC202-LCOFC.mp3
QAC202-OFC.mp3
(一部、リンクがおかしかったのを修正しました。13.09.30)

基本的にオヤイデのケーブルは、ワイドレンジというより中低域重視のギターらしい音です。
QAC202で、芯線の素材がOFCとLC-OFCの2種があるんだけど、意外に違いますね。
LC-OFCのほうがすっきりしているんだけど、値段も3倍くらい違う。

次は、生産中止になっているケーブル。
PA-01.mp3
PA-01H.mp3
DAIYU.mp3

PA-01とPA-01Hは今度は、絶縁体の違いです。
これはもっと違いますね。明らかに01Hはハイ落ちしてます。
絶縁体で静電容量が随分変わるんですかね。
DAIYU(大雄電線製)というのは、カタログにも載っていないみたいですが、
短尺ケーブルコーナーで見かけたんで買ったものです。何かの試作品かな?
ちょっとバシャバシャした薄い感じの音ですが、かなり安かった記憶がします。

せっかくなんで、これまで実験くんに登場しなかったケーブルも載せてみましょう。
Mogami2524.mp3
PRS.mp3
GeorgeLs.mp3
Vox.mp3

mogami2524はScott Henderson御用達で一躍有名になったケーブル。
ワイドレンジでは有りませんが、妙にコンプっぽいアタックが有って面白いです。

PRSは、VAN DAMME社にPRSが発注したケーブル。
わりとフラットで、妙に柔らかいケーブルで使い易いです。

George L'sはもう有名ですが、こうやって比較するとヤッパリ良いケーブルです。
よくギター向きの音色という宣伝文句がありますが、George L'sのためにある言葉ですね。

VoxはVovoxじゃなくて、あのアンプメーカーのVoxのケーブル。
時々投げ売りしてるんだけど、結構良く出来たケーブルです。
プラグのデザインが好きじゃないんだけど、気にならなければオススメ。

最後は、マイクケーブル系の2芯モノ。
Mogami2549.mp3
VAM265.mp3
Belden88760.mp3

方向性を付けて配線してます。マイクケーブルはBeldenの8412もそうですが、
若干ハイ落ち傾向がある気がします。その中で、Vital AudioのVAM265は、
セミアコなんかに使うと、箱鳴りが良い感じに表現できて私のお気に入りです。
ただ、ギター用や切り売りをしていないので、同社のマイクケーブルのコネクタを
ぶった切って作るしかないのが難点。

88760は、屋内非常配線用ケーブルの流用らしいですが、妙に評価が高いケーブル。
ただ、もの凄く固いし、ケーブル叩きノイズが出まくりなんで実際には使えないと思います。
妙に、フラットですけど、、

ということで、一応まとめとして、今回のケーブルでの私のお気に入りは、
George L'sとQAC202-LC-OFC、VAM265あたりですかね。
いやぁ、George L'sの良さを再確認した実験でした。



以上、私の感覚で書いていますが、こんなのは人夫々。
聴いてみて気に入ったら、オヤイデでも行ってみましょう。
あ、短尺コーナーは、、わたしの、、いや、良いです。
関連記事

中華DACは面白い..のか? DN-84766を覗いてみる。«  | HOME |  »Kendrick Scott Oracle at Cotton Club Sep. 11 2013

コメント

いやあ、結構、違うものなんですね。普段ケーブルに無頓着なので、ちょっとびっくりでした。PCで、しかも古いイヤホンで聴いたから、よくわからないだろうと思って聴いてみたら、…こんなに違いがはっきりしてるなんて思いもしませんでした。

>kumaramoneさん
どもども。気に入った音のケーブルが見つかりましたでしょうか?
ただ、固さやケーブル叩きノイズ等の問題もあるんで、
実際には使えないなんてことも有るのが難しいところです。

個人的にはGeorge L'sで、プラグを細径も保持できる
ノイトリックで作るのがCP的に最強かなと思いました。
Vovoxは興味が有るんですが、やっぱり高いしなぁ。

アキバで色んな店ぐるぐる回ってケーブル探しは面白いですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/291-0438d7dc

 | HOME |