APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

中華DACは面白い..のか? DN-84766を覗いてみる。その2

これまではクロックジッタ低減に関連するところを見てきた。
(実際にはジッタ低減どころか、ジッタ付加回路になっていた訳ですが。)
今回は最終的な音質への影響が一番高いDAC LSI(PCM1754)周りを見てみる。

ポイントはヤッパリ最終段のLPFと、電源かな。
ネットを色々見ても、皆この辺りを弄ってるよね。
DAC周辺にある一番でかいケミコン(C16)を交換するのが一番多いのかな。

ただ、高品位だからといって、無暗に低ESRコンデンサを使うと、
発振するレギュレータも有るので、ちゃんと供給元レギュレータのデータシートを確認する。
因にC16は入力側なので関係ないが、3.3Vを作っているH1117の出力側はESRの制限が有る。

また、無暗に容量を大きくするとリセット信号の時定数にも影響するんで、
設計時の想定リセットシーケンスがズレる可能性が出てくるし、
電源ON/OFFの間隔によってはリセット自体が掛からないことも有る。
大体、電源突入電流がUSB規定を超えてしまう。

大容量コンデンサによるUSBバスパワー改善と言うと、olasonicのUSBアンプのSCDS回路。
以前、雑誌の付録についてきたアンプの回路を採ったんだけど、
回路自体は単なる電流制限回路。
SCDS.jpg
電流iにより、大容量のCが充電されるんだけど、電荷が空に近いと電流iが大きくなる。
iが大きくなって、R2の両端の電位差(i*R2)が0.6Vを超えると、Q2がオンになり、
Q1のベース電流を奪ってしまい、Q1がオフになりiが流れなくなる。
つまり、i=0.6/R2以上は電流が流れない回路なんだ。
例えばR2を1.2Ωにすれば、i は500mAで制限されてUSB規格を保持できる。

実際のSCDSは、インバーテッドダーリントンを使っていたり、ツェナーで
アンプの出力制限を電圧に応じて変えたりしてますが、基本はこれです。

中華DAC改造という記事や書き込みを見ると、時々トンでもない大容量ケミコンを
付けている人が居ますが、本来、USBの電源パスコンを大容量化するときは、
こんな配慮がいる訳です。

後、気になっているのはC16周辺にある謎の省略パターン。

最初は、バスパワーと外部電源の自動切り替えかなぁと思い、
パターンを追ってみたけどどうも違う。
USBの5Vを、5pinのIC(U3)で何らかの処理をしてPCM1754に供給するみたいだけど、
PCM1754は5V単一電源仕様だから、昇圧、降圧でもないよなぁ。
アクティブなリップルフィルタかなぁ。
もしかしたら、SCDS的な電流制限回路かもしれない。
確かに1000uFは、なんのケアも無いとしたらちょっと大きい気がするし。

HEGEL HD2はちゃんと部品が実装されているんで、もし情報お持ちの方がいたら、
でかいケミコン脇の5pinのICの型番を教えて頂けると助かりますって、
誰も読んでネェか。

次回は、音質の最大のキモ。最終段LPFを考えてみる。
これまた、DN-84766は中々常識外の定数なんだ。

誰も読んでなくても頑張れ。オレ。
関連記事

中華DACは面白い..のか? DN-84766を覗いてみる。その3«  | HOME |  »中華DACは面白い..のか? DN-84766を覗いてみる。

コメント

よませて頂いております

R17除去しました。
いつも楽しく読まさせて頂いております。
頑張って下さい

毎度参考になります。
昼休みにDN-84766のランド追ってみましたが、実装されていない箇所は、汎用のSOT23-5サイズの電圧可変タイプのLDOが実装される様です。出力は4.7V程度に設定?
ピン配置はTiのLP2980相当の電圧可変タイプのLDOと推測してます。R52,53で分圧した基準電源を#4pinに入れてるんで、このピン配置と同等の電源ICと思います。
http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lp2980-adj.pdf
(ダイオード2本でGndラインから吊ってありますが、本家の半導体の耐圧の問題か?)

基板上の電源回路の出力は本来、PCM1754とスルーホールを介しCGS3321に各々供給されるようですが、DN-84766にはR59のゼロ抵抗が実装することによりUSB+5vラインに直結されてます。
少し手を入れてPCM1754とCGS3321には綺麗な電源供給してあげた方がいい結果がでると思います。

嘘ついちゃいました。SOT23-5では無く、SC88Aだったかも知れません。ダイオード2本で吊っているのは入手が比較的楽な3.3Vとか3.5Vの固定LDOを4.7~4.8V出力で使おうとする手法かも知れません。部品指定を厳格にするとものが出来ない時もあるので、部品オルタネート指定かも知れません。

自己満足な内容なのに、コメント貰えて嬉しいです。

>よすよすさん
楽しんで頂ければそれで本望です。
R17については、どう考えても付いているのがおかしいと思います。
ただこれだけジッタが変化しても、出音に影響が余り無いというのは、
マルチビット型DACではそんなもんかなとも思います。
LRCK,BCKに乗っていればもっと位相雑音として出たと思いますが。

>上海丼屋さん
5pinのLDOだとしてパターンを追うと、確かに抵抗(R52)とダイオードx2で
基準電圧を嵩上げする回路ですね。(HD2ではR53はオープンのようです。)

ただ、PCM1754は5V電源仕様で、USBも5Vなんですよね。
3.5V出力のLDOで、0.6Vx2嵩上げして4.7Vを作ると言っても、
元が5Vなんで、レギュレーションに必要なドロップ電圧が
全く足りずレギュレーション動作は出来ないと思うんですよ。

入出力がほぼ同電圧のレギュレータなんか有るんですかね。
うーん、、判りません。

正直、電源関係を色々弄るくらいなら、素直に
バスパワーを止めて電源を外部供給にしたほうが良いかなぁと思ってます。

いつも貴重な情報、アドバイス有り難うございます。
また色々教えて下さい。

汎用の7805とかだと2Vの電位差が必要ですが、世の中進んでおり、LDOと名が付く電源ICは0.07~0.2V程度の電位差でレギュレーションが得られる様ですよ。秋葉原で買えるのはこういうのがありましたが、微妙にランドより大きく、ポンづけは微妙に無理かな?(10個で\200円と安いですが) 在京の方で機会あれば試してください。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-05448/

今、試しにR59を外して、外部から5V入れてますが、THD+N 0.0018%→0.0012%、S/Nは86dB→89dB程度に性能は改善方向でした。本家は内部のPCM1754を綺麗な電源で駆動させていると確信しました。私はオーディオマニアじゃないので、本機のようなコンパクトなタイプに過度な物量投入は似合わないと思い、金かけずできる範囲で内部に手を入れ、バスパワーで楽しめるようにしたいと思います。
少々の改造でECMレーベルが静かに鳴るようになって来ましたけどね。

それより気になるのが、実装されている表面実装の電界コンデンサ、何時ぞや泣かされたCASIOのギターシンセPG-300の基板に実装されていた電界コンの類に似ており、経時劣化によるお漏らし全滅を危惧してます。

>上海丼屋さん
なんかチャット状態ですが、早速の情報有り難うございます。
低損失レギュレータって、そんなレベルなんですね。すげぇなぁ。
久し振りに秋月のWebガチ見しました。

上海丼屋さんは、バスパワーで行きますか。
パスコン、コイル以外だと工夫できそうなのはGNDでしょうか。
フレームGNDへUSBコネクタをC結合で落としていたり、
通常GNDはRを介して一点で落としていたり、
色々工夫してますが、一点が良いとも限らないですしね。
なにか良いアースポイントが見つからないかな。

私は、宣伝文句通り192kへアップサンプリングしたいんですよ。
アップサンプリング自体は期待していないんですが、
105kなんて中途半端じゃ、最終段のLPFも
PLLのフィルタ定数も美味しいとこ選べないし、
上げるんならちゃんと192kまで上げて、フィルタ定数決めたいですから。
ただ、AK4127のCMODE pinをちゃんと上げて外せるかが問題です。
昔はこの位のpin間隔ならやれたんですが、如何せん歳で老眼が、、

というかですね、PG-300にECMって、上海丼屋さんは何者ですか?
なんだか同じ匂いがすると言っては失礼でしょうか。
何はともあれ、PG-300の二の舞は勘弁して欲しいですね。
あのケミコン、一人で外すの結構大変なんですよね。

私はコンテンポラリJazz、Fusion愛好家かつハードウェアヲタです。自己紹介遅れてすみません。
リアルタイムで弾く腕が伴わない為、PG-300はDAW打ち込みで重宝しているのでした。(笑)
この間2台目を買い苦労して修理しました。楽器の話はまた機会あればよろしくです。

さて、DN-84766ですが、結局Tiの4.7VのLDOをRSに手配いれました。オリジナルの回路とは変わってしまいますが、空いているランドの有効活用で、オンボードで安定化電源が組もうかと・・・・
家にあった手持ちの3.3VLDOとダイオード2本では希望の電圧は出ませんでした。本家の回路が気になります。
DN-84766は良く言えば、電源にナーバス、悪く言うと非常に出来悪いかと。繋げるPCやUSBポートの場所で音変わりすぎで変だな?と思い、先日PCのスペアナソフトでDN-84766のアナログ出力を覗きましたが、繋ぐPCやUSBポートの場所でノイズフロアが変わるのは当たり前、同じ部屋の中のACコンセントをどこから曳くかでもノイズフロアが変わってしまうのには驚愕しました。
TE7022、AK4118、AK4127は3.3V駆動なので、LDO咬ませてあり影響薄いと思いますが・・・

やっぱり192kにチャレンジされますか?AK4127のピンピッチは見る限り、私には手が出せそうもありませんです。

>上海丼屋さん
PG300ユーザーでしたか。本当はジャズギターの練習記録Blogのつもりで立ち上げたのですが、いつの間にか機材Blogになってしまいました。
ギター&Jazzの話のときも良ければ覗きにきて下さい。

DN-84766の電源廻りの神経質さはちょっと酷いですよね。
USBポートは選ぶし、他に繋げている機器のノイズ回り込みも酷いです。
USBバスパワーは確かに弱いとは思いますが、ここまで
電源に引き摺られる機器も珍しい気がします。

LDOは余りダイオードの嵩上げは向いていないようですね。
昨日色々調べると、そんな記事を見かけました。
4.7V改造したらまた感想きかせて下さい。

AK4127のピン浮かしもそうですが、表面実装、多層基板となると
ちょっと回路を弄ろうと思っても物理的にキツいですね。
月一くらいに、古い友人達と秋葉原でセッションしてるんで
次のときに色々買い込んでこようかなと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/293-981ad0be

 | HOME |