APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

秋のイベント三昧 その2 Make Faire Tokyo 2013

僕がモノを作ることに興味を持ったのは、船乗りだった祖父の影響が大きい。
 モノを作るということ
祖父の場合は生活のために作ることが大半だったと思うが、
僕は専ら趣味で、(結局仕事になってしまったのですが、)欲しいものを作るというよりは、
作ること自体が楽しいんだよね。

そんなモノ作りの中でも、電子工作愛好家の祭典、Make Faire Tokyo 2013を観てきました。
これは、オライリー社出版のMakeという雑誌が主催する、自作愛好家の発表会みたいなものです。

Make: Technology on Your Time Volume 06Make: Technology on Your Time Volume 06
(2009/03/27)
オライリー・ジャパン

商品詳細を見る

メイン開場は、日本科学未来館 で、開場時間ギリギリに着いてビックリ。
入場待ちが長蛇の列です。なんかすごい熱気なんだよね。
家族連れも多いし、この後行ったオーディオのハイエンドショウとは大違い。
僕の前に並んだ小学生は、爺さんが付き添いなんだけど、もう興奮して
列並びについて行けない爺さんにイライラ。いや、君、爺さんは大事にしなさい。

開場に入ってみても展示スペースの周りは人でぎっしり。
今回が初めての見学なんだけど、こんなに自作好きが居たんですか。驚きだよ。
実は目的があって、それがこのYAMAHAのNSX-1という音源ICを積んだ音源ボード。
MakeFaire2013_1.jpgMakeFaire2013_2.jpg
NSX-1は基本はXG音源なんだけど、所謂ボーカロイドエンジンが入っていて、
SysExで歌詞を送っておけば、あとはMIDI情報で唄ってくれるんだよね。
Make Faireでは、この音源ICを積んだArduino向けの基板eVY-1 Shieldをスイッチサイエンス
販売していました。コレを購入するのがメインの目的です。

元々、MIDIは唯一成功した知的符号化という側面がある。
つまり、MP3の様に波形情報を対象にするんではなく、譜面という演奏情報を符号化して
曲を再現するわけだ。膨大な曲データの代わりにMIDIを使えば劇的に情報量が削減できる。
コレを利用したカラオケ店もあるよね。

で、MIDIの問題はボーカルが再現できなかったことんだけど、
ボーカロイドが出て来て、状況が変わってきた。
今回1chipで、全てを再現できるシステムが安価で購入できるようになった。
しかも、オープンソース的な展開をYAMAHAが打ち出してきているのが興味深い。

購入したeVY-1 Shieldを鳴らしてみました。
まだまだリアリティという意味では物足りませんが、ワクワクするchipです。
"ドモアリガト、ミスタッロボット、マーターアヒマデー”して遊んでます。


その他、KORGがオモチャ的(電子ブロック的)モジュラーシンセを展示。
これもオープンソース的展開なんで、面白そうです。
VCFにギター突っ込んで、リングモジュレータで変調かけるのだ。
MakeFaire2013_4.jpgMakeFaire2013_5.jpg

Make Faireは企業だけじゃないし、真面目なものだけじゃない、
笑えるものも沢山ありました。一番笑った水晶発振器です。
MakeFaire2013_3.jpg

水晶デカ過ぎだろ。

もの凄く楽しくて、来年も必ず行こうと思います。
家族でもすごく楽しいですよ。オススメです。
関連記事

PRS SE ブリッジ交換 (TONEPROS AVT2M)«  | HOME |  »秋のイベント三昧 その1 秋のヘッドフォン祭り2013

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/297-cda7c61e

 | HOME |