APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

PRS SE ブリッジ交換 (TONEPROS AVT2M)

今、メインで弾いているのはArchtop TributeのAT130で、
セッション、練習殆どコレばかり弾いている。
ただ、一応フルアコなんで生音も結構デカいんだよね。

夏なんか、暑いもんだからつい窓を開けて弾いていると、かなりうるさいらしい。
ついに、夜間のAT130禁止令が出てしまったのだ。
じゃ、うるさくないソリッドが良いよね、念願のレスポールのヒスコレとか買っちゃう?
当然、却下である。検討の余地無し。

良いんだ、他にもギターは有るんだ、ということで
夜間はPRS SE Semi-Hollowを弾くことにした。
ここで、礑と気付いたんだ。
ラウンドワウンドの3弦張れないんだった。
PRS SEのバーブリッジは、オクターブピッチが3弦プレーン用なんだよね。
PRS SE MTS2
メインのAT130は今012~052ゲージで、3弦はラウンド。
練習用に使うならヤッパリ弦は同じ、せめて3弦はラウンドに揃えたい。

PRSにもオクターブ調整可能なバーブリッジも有るんだけど、予想通り馬鹿高い。
大体、韓国製のSEはミリ規格、本家はインチ規格ということで、装着すら出来ない恐れも。

ということで色々探してみると、ToneProsのATV2というバーブリッジが
オクターブ調整可能で且つミリ規格オプション(AVT2M)が有るらしい。
ToneProsはロック可能なテールピースが有名で、私のPRS SEにも装着している。

PRS SE Semi-Hollow 改造 (テイルピーススタッド交換)

ただ、AVT2Mは日本国内の流通が無いため、個人輸入等で入手するしかない。
装着可能か怪しいモノにそこまで博打は出来ないなぁと思い、
ToneProsの日本代理店である神田商会ショールーム、楽器センター東京に行ってきました。

こちらの事情を説明すると、AVT2と同価格で取り寄せ可能ということで、早速注文しました。
後で電話で色々お話ししたのですが、海外ではAVT2MをPRS SE用に使う人が多いとのこと。

一ヶ月くらいで届き、早速インストールしたものの、
2弦のオクターブ調整ネジが直ぐ外れてしまうというトラブル。
楽器センター東京に泣きついてみたら、直してくれるとのことで一旦、返送しました。
結局、ネジ止めのワッシャ不良だったらしく、予備で取っておいたものと交換してくれました。
AVT2M_3.jpg

交換品は、トラブル無く装着完了。早速012-052ゲージを張ってみました。
AVT2M_2.jpgAVT2M_1.jpg

オクターブ調整は問題無くできます。但し、駒に掛かるテンションが緩い傾向が有るので、
なるべく駒がボディエンド側でオクターブが合うように、
ブリッジ全体の位置を決めた方が有利かもしれませんね。

音自体は、オリジナルと較べて、特に変化がある感じは有りません。サスティンも十分です。

ただ、ブリッジ自体の高さが結構有るんで、ベタベタの低弦高には出来ません。
私のSEでは、1弦12フレットで、2mmを切るくらいが限度です。
個人的には、この位の弦高で十分ですが、ヘビメタテクニシャン系の設定だと不満かも。
(そんな人は、3弦ラウンドにしないと思うけど。)

PRS SE Semi-Hollowは、手軽なジャズ向きとして良いギターだと思うのですが、
3弦ラウンドが張れないということで悩んでいた人も居るかもしれません。
AVT2Mは、そんな人にお勧めできると思います。

今回、楽器センター東京は、発注、アフターケア共にすごく親身になってくれて、
とても信頼できるお店でした。個人輸入は安いけど、トラブルも全て自己責任になります。
いろいろ言われることも多いけど、輸入代理店の存在価値を改めて感じました。

勿論ダメなところも有るんだけどね、

LINE6はTEACに移って良かった。ん、イヤ、他意は無いつもり。
関連記事

'13 今年買って良かったモノ ”ハードウエア" 編«  | HOME |  »秋のイベント三昧 その2 Make Faire Tokyo 2013

コメント

ご無沙汰しております。上海丼屋です。
いつも楽しく主様のblog拝見してます。私も重いセミアコ(ヤマハSA2000S)は持ってますが、夜中に弾くと生音でも煩いと家人から言われてしまい、人ごととは思えず思わず書き込みました。
PRS-SEに012-052ゲージを張り、ジャズに使うという発想は面白いですね。これってサウンドホール側だけホロウ構造?ど太いゲージでネックは大丈夫そうですか?
(件のPG-300もボディがスカスカでセミアコチックな生音がして結構面白いのですね。シングルコイルですが)

私のPRS McCarty Hollowbody1にインストールしてあるのもこのブリッジです。本家PRSのブリッジから交換されてる状態で購入したのですが一度オリジナルのブリッジを試したいもんです(オリジナルは価格があまりにも高すぎる・・・)
あとPaul'sGuitarというモデル限定で搭載されてる接弦部のみブラスになってるバーブリッジがあるのですがそれも気になりますね。

AT130調子よさそうですね。私もそろそろAT135TTP欲しいです。

>上海丼屋さん
PRS SE Semi-Hollowは御察しの通り、サウンドホール部分だけくり抜いてあって、サウンド的にはソリッドに近いです。
それでも太めの弦を張ると箱鳴り感が出てくるので、愛用してます。
ネックは結構動くのですが、弦に負けるというより、湿気に敏感です。
ただ、このところは大分落ち着いてます。
012を張って、若干順ゾリしたのでロッドを1度だけ回しましたが、
それ以降は大丈夫ですね。

PG300は本当にセミアコニュアンスなんですよね。
普通のギターとしても意外に使える音なんで、録音には便利でした。

>Tangoさん
前にWalkin'の人が、PRSに3弦ラウンド用のバーブリッジ出して欲しいと
要望してると言ってました。
本家のアジャスタブルタイプはちょっと高すぎです。
ブラスパーツは上手くはまると華やかなニュアンスが出るので好きなのですが、PRSだとヤッパリ高いんでしょうね。

私は薄胴の175タイプが欲しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/298-4ae544c2

 | HOME |