APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/03 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

'15 Golden Weekの日々

今年のGWは休日の繋がりが悪くて、細切れの連休でした。
遠出は無し、御茶の水の楽器街をちょっと回るくらいの地味なGW。
掘り出し物を期待したんだけど、何も無し。
円安の所為で楽器は全体的に値上がりしてるし、面白い物は無かったなぁ。

ただ、ついでに寄ったDiskUnionの中古CDが当りでした。
探していたWolfgang Muthspiel関連廃盤を安く入手できて満足。

先ずは、Muthspiel兄弟にGary Peacock & Paul Motianのリズム隊のコレ。

Freeというか、抽象的な雰囲気がメインなんだけど、彼の牧歌的ニュアンスも聴ける。

もう一つが、Marc JohnsonとPaul Motianとのトリオ

Marc JohnsonとなるとあのRealbook Storyを期待してしまうんだけど、
これは、もう少しFree成分多め。
BeatlesのBecauseのアレンジや、Nefertitiモチーフのブルースなんかもやっている。
歪みの音色が少し古めだけど、今聴いても新鮮な内容だなぁ。

因に、両CDもそうなんだけど、Igorを曲名に入れることが多いんだよね。
これ誰なのかと思ったんだけど、どうも、Igor Stravinskyらしい。

ギター練習では、先日この本を中古で買ってから、収録曲を弾いています。


5曲ほどスタンダードが収録されているのですが、
なんと、市野元彦さんがアレンジ、演奏していて凄くカッコ良いのです。
6度の効果的なハモリや、面白いコードボイシングが沢山入っていて、参考になります。

まぁ、地味なGWでしたが、それなりに楽しく過ごしました。
あ、近くのイベントパークに、カピバラさんが来たのもうれしいです。

カピバラ2カピバラ1

まだ、チビの3兄弟です。
関連記事

John Patitucci Electric Guitar Quartet at Cotton Club, May 29 2015 «  | HOME |  »ルームチューニングを考える Amarra SQ

コメント

この本僕も持ってます。
(大昔新品で買ったんでけど)
何気に充実した連休だったみたいですね!

>ガーシャ!さん
どもども。返事サボってました。
スローペースですが、この教本の練習をずっと続けています。
とにかく演奏が私好みでして、ボイシングから、ちょっとしたタメなんかも良いなぁと唸りながらコピーしてます。
ネットで中古が見つけ易くなってホント重宝してます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/339-5719dc23

 | HOME |