APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/04 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Take The A Train (1)

久しぶりに練習再開。
実は、先週のセッションで凹んで以来、練習をサボっていた。
それでも、Bebop Scaleの練習だけは30分位だけど続けていた。
まぁ、最低限の指慣らしだけど、やらないよりマシかな。

今日から、またいつもの練習メニューに戻ることにする。
取り敢えずテンポ130に落として、1,4の指から始まる順列組み合わせ。
久しぶりな割にはまずまずな感じ。
でも、これからテンポが上がると135あたりに壁があるんだよね。

曲の方は、諸事情によりSoftlyから、Take the A trainに変更。
いつものように、天野さんの教則本をコピーする。
1コーラスだけの譜例なので、一気にコピー。

この曲は、結局D7をどう弾くかが練習のポイントだ。
所謂スケールという意味では、D Lydian b7thか、
Dのwhole tone scaleになる。
どちらの場合も、#11th(b5th)の音が肝になる。
Dm7との対比を出そうとして、M3rdの音を多用すると、
意外にサウンドしない。
どちらかというと、AmM7ぽく弾く方がいい感じ。

コピーしたフレーズの中では、テーマに戻る直前の
I-VI-II-Vで、CのBlues Scaleのフレーズがかっこいい。
これ、Pat Methenyの十八番。
ついつい、所謂II-Vフレーズを弾きがちなので、
これは覚えよう。

ギターマガジン はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感 CD2枚付 ギターマガジン はじめてのジャズギター カラオケCDでジャズセッションを体感 CD2枚付
天野 丘 (2006/09/27)
リットーミュージック
この商品の詳細を見る
関連記事

Take The A Trainとピアノレッスン(!?)«  | HOME |  »デジカメ壊れる。修理見積もりは、、

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/34-1fbe9a74

 | HOME |