APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

Jesse Van Ruller Trio at Motion Blue Yokohama, Aug. 21 2015

世代的にはKurt Rosenwinkel辺りと同じだと思うんだ。
KurtがPaul Motian EBBBで一部のギターマニアが注目し始めた頃、
Jesseはセロニアスモンクコンペ優勝を宣伝モンクに、華々しく登場した感じ。
まぁ、貴公子的なルックスも有ったし、当時のジャズライフなんか結構押してた印象が有る。
ただ、それほど好みではなくて、余り聴いていなかったんだけど、
たまたまこのTrioの演奏を聴いて、やっぱりこの人良いなぁって認識を改めたところでした。 


今年出たのが、なんとJoe Henderson作品集。

ギタリストって、ジョーヘン好きだよね。
買おうと思ったところで、ジェシの来日の情報があったんで、
会場で購入しよう、そんでサインも貰おうと。

ということで観て参りました。
Jesse Van Ruller Trio at Motion Blue Yokohama 8/21 2015
Jesse van Ruller(g)、Clemens van der Feen(b)、Joost van Schaik(ds)

set list
1. Jinrikisha
2. Escapade
3. Isotope
4. La Mesha
5. Inner Urge
short break
6. Tetragon
7. Black Narcissus
8. A Shade Of Jade
9. Lush Life
10. Serenity
11. Floating On Top
Encore The Kicker
JesseVanRuller2.jpgJesseVanRuller1.jpg

ギターはこの頃のメインであるES-150で、フロントのハムサイズP-90はGibsonのP-94。
(最後のサイン会で直接聞きました。)
FenderのTwinに多分EventideのSpaceを繋げたシンプルなセット。
ピックの擦れる感じが出る割とエッジの効いた音でした。
張りのある凄く良い音で、ハムサイズP-90ってジャズギターだと良い選択かもしれません。

バラードのLush Life以外は基本的にはジョーヘン若しくは、盟友のケニードーハムの曲。
IsotopeにInner Urge,Serenityと、ヤッパリギタリスト好みの曲ですね。
Jesseは意外にロックっぽい運指で、それでもやっぱり正統派の端正なジャズギターでした。
個人的には、唯一のChambertones TrioのレパートリーのFloating On Topが良かったです。

初めて見るJesseはちょっとオッサンになってました。
特に下腹の辺りが、、
関連記事

Oyaide新作ケーブルを作ろう。QAC222と222G«  | HOME |  »Vovoxケーブルを作ろう。

コメント

ジェシって結構ジョンスコに影響受けてますよね。
所々そんな感じが出てくると思うんですが。
僕はジンリキシャが好きです。

Re: タイトルなし

>ガーシャさん
どもども。コメント返信遅れました。
ジェシとジョンスコって、あまり感じたこと無かったでした。
もう少し欧州的伝統派というかフィリップカテリンとか、その辺りをイメージしてましたね。
今回のジョーヘンって結構意外でしたが、
ジョーヘンと言うと、ギタリストだとジョンスコとの"so near, so far"を思い出しますよね。
そういう意味ではやはり、皆ジョンスコって根元に持ってるんでしょうか。

おじゃまします。ジェシさん、ちょうど昨日、ジャズライフ、娘の本買う用事で本屋にいって立ち読みして、知りました。ジャズギター界も世界広し、ですね。しみじみ、、。ですが、やっぱり、カートは、誰と比べても、誰にも似てないって思うのは、私だけですか?カートローゼンウィンケルって、あの人ギタリストですし、もちろんギター愛してると思いますが、やることって違う楽器っぽくないですか?そんな風に思うのは、乙女心のなせる業でしょうか?よく、コンテンポラリーって言われる(てないか?)あるいは、へんてこ、なんて言われてるっぽいですけど、すんごくまともな正統派ジャズギターのわりに、なていうか、クラシックの綺麗さをもちあわせてるっていうか、、。ちまなこで、他のギタリストにどうにか心がほんのすこしでも移ってくれ!と願いつつ、聞きまくってますが、本当に、誰にも誰にも、カーとは似てない。と、、、思ったりしてます、、、。

>MitsukoNomuraさん
はじめまして。怒濤のコメントありがとうございます。
カートの演奏の一部を切り取ってみれば、所謂元ネタのギターリストが思い浮かぶのですが、全体の印象は誰にも似ていないという印象を持っています。
それ以前のギタリスト、例えばJohn Scofieldとかだと、ジョンスコフォロワーみたいなギタリストが居るんですけど、明らかなカートフォロワーって居ないような気がしますね。マネし難いんでしょうか。
あ、もし、カートの帽子のブランドの情報お持ちでしたら宜しくです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/347-04c61a60

 | HOME |