APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

3弦に巻弦を張るとき。 

新年の挨拶というには、少々遅くなってしまいました。
今年もボチボチ行きますんで、宜しくお願いいたします。

新年に某ネットショッピングサイトの買い回りイベントがあって、
ポイントアップまで後1000円でした。
なにか、買い逃してる物は無いかなぁと適当に商品検索をしていたときに、
はたと思い立って買ったのが、このナット溝専用ヤスリでした。



元々Rock系なので、所有しているギターの殆どがライトゲージ向けのソリッド。
Jazz用に太い弦を張ろうとすると、ナットの溝が狭すぎるんだよね。
ゴマカシゴマカシ張っちゃうんだけど、プレーンから巻弦になる3弦はヤッパリ厳しい。

一応メインのArchtop TributeのES330コピーモデルは、
実家近くのABE GUITARSさんにナット溝調整お願いしました。

Golden Weekの日々

当然素晴らしい出来なのですが、全部のギターリペアに出すのも大変なんで
他のギターはナット溝が合わないまま使っていました。

PRS SE ブリッジ交換 (TONEPROS AVT2M)

ホームセンターで目立てヤスリを買って、自分なりに溝調整にチャレンジしたのですが、
うまく行かず、3弦をチューニングする度に、あの忌まわしき”ピキッ”音が鳴るのです。

今回購入したヤスリは、012ゲージの3弦の太さ(0.024inch)にピッタリで、
私でも巻弦用の溝幅に修正できます。
勿論、ナットの溝切りは角度を含めプロの仕上げとは別物ですが、
ピキピキ音も無くなり、練習用のギターならコレで十分です。

趣味でギターリペアなんかをやっていると、結局工具次第なんですよね。
素人でも専用工具さえ有れば何とかなったりします。
ただ、プロの場合は修正が長持ちするようなリペアな訳で、
素人のその場凌ぎ仕事とは全然違うなぁと思うのです。

リペア関係(特にストラト)の参考本が楽天のバーゲン扱いで安くなってました。
面白かったので、興味が有ればバーゲン在庫中にどうぞ。


こんな感じの自己満足blogですが、今年も細々続けて行きますので、
よければお付き合い下さい。

関連記事

Guitar Magazineを買わない あのセミナーの終了«  | HOME |  »'15 今年の一枚

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/357-a647cb6a

 | HOME |