APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

アルペジオの重要性

昨日は初めてのレッスンでした。
Take the "A" trainのコード進行に沿って、
コードのアルペジオをどんどん弾いていく。
ただ、単純なrootからの並びだけでなく、1-5-3-7等の
色々なパターンで弾いたり、前に弾いた音に一番近い
構成音から始めたり、各構成音の前に半音下からアプローチする
経過音を加えたりで、全然対応できませんでした。

これ迄、アルペジオというと、rootから単純な並びで練習することに
終始していて、コード間のつなぎ等は全く考えたことがなかった。

ギターの場合、コードアルペジオ自体が非常に弾きにくく、
運指やピッキングの練習になるため、それだけで満足してしまいがちだ。

違う楽器の方に習うと、こういったギター自体の特性に関係ない課題を
与えてくれるので非常に新鮮。
まぁ、その分かなり凹むのだが、、

取りあえず、月一くらいのペースでお願いした。
先生は、ギターの人に教えるということで、
布川さんのギター用の教則ビデオとかで事前に準備してくれたみたい。
すごくありがたいのですが、

"布川さんは、こんなのサラッと弾いてけどなぁ”

って、そりゃ、そうなんですけど、、、ちょっと泣きそうでした。
関連記事

渡り鳥たちと、待っていたアヒル«  | HOME |  »Take The A Trainとピアノレッスン(!?)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/36-7760a7c0

 | HOME |