APPENDIX

バカラッシュ

バカラッシュ

Jazz Guitar弾きです。
練習しながら忘れないように記録します。




無料カウンター

« | 2017/02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

サウンドハウス ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

プログレギターの魔術師

高橋さんのジャズギター関連長期連載が終了してから、Guitar Magazineの購入を止めてしまった。
1980年の12月創刊号から、2016年1月号まで多分全号購入したと思う。

まぁ、後半は惰性というか、それこそ奨学金返却的な購入動機だったような気もするが、
それでも、たまに面白い連載記事があったんだよね。
今回、楽しみしていた連載記事を纏めて単行本化したものが出る。



プログレの一癖どころか癖だらけのギタリストの奏法解説と、参加音源紹介からなる記事で、
紹介ギタリストは、連載時と同じメンバー。
◎デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)
◎ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)
◎スティーヴ・ハウ(イエス、エイジア)
◎スティーヴ・ハケット(ジェネシス、他)
◎エイドリアン・ブリュー(キング・クリムゾン、他)
◎アンドリュー・ラティマー(キャメル)
◎アラン・ホールズワース
◎アレックス・ライフソン(ラッシュ)
◎ジョン・ペトルーシ(ドリーム・シアター)

まぁ、正直、ジョンペトルーシは要らんだろ、
だったら、フィルミラーとか、ジョングッドサルとかさぁ、
いや、コラードラステッシ先生を何故入れんとかある訳だが、
もう、アンドリュー・ラティマーを入れただけで許す。

実はさらに昔の1987年のGMで、"WANTED"というマイナーギタリスト紹介連載が有ったんだ。
初回のギタリストがJan Akkermanという辺りで想像つくと思うんだけど、
各ギタリストで紹介する音源は、ほとんどが廃盤という最高の連載でした。

今だとCDというかネットの音源も有るから、
この手のマイナーギタリストの紹介記事って面白いと思うんだけどね。
WANTEDの単行本化してくれなかなぁ。
そのときは、小川銀次さんに大幅加筆をお願いします。

これも出るそうです。(えーと、多分こっちのほうが売れると思うんだけど)



バジーフェイトンの(Father)Further Noticeが載ってるから多分買う。

オッサンホイホイだよなぁ。
関連記事

秋のライブ 横浜ジャズプロムナード«  | HOME |  »実験くん Nutubeでギターを弾いてみる。

コメント

ファーザーノーティス!僕もコピーしましたよ。
この本予約します。
スピノザとかエリックゲイル辺りもフューチャーしてくれれば尚良かったですけどね。

>ガーシャさん
Further Notice良いですよね。
何と言ってもソロ2コーラスめのCM7アルペジオがかっこ良くって。

私は80年代のAORやフュージョンが、
懐メロ的興味でしか聴けなくなってしまったのですが、
Larsen-Feiton関連だけは未だにリアルな音楽として聴き続けています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bakarasche.blog81.fc2.com/tb.php/374-37c59176

 | HOME |